Exchangeのクライアント

exchange

私の会社でメールサーバー、グループウェアとしてマイクロソフトのExchage Serverを使っています。

Exchange ServerのクライアントはOutlookなのですが、重い、遅い、で使いたくなかったのでOutlook以外のExchangeクライアントをいくつか試していました。

結局、PCではOutlookを使うしかなかったのですが、その時のメモです。

スポンサーリンク

Outlook

Exchange Serverの標準のクライアントはOutlookでExchange ServerとMAPI/RPCで接続できます。

MAPI/RPCとはOutlookがExchange Serverと通信するための独自プロトコルです。

MAPI/RPCをサポートするクライアントはOutlookのみです。

OutlookはWindowsだけでなく、Macでも使用できます。

また、Windows RTにもOutlook RTが付属しています。フルバージョンのOutlookとの違いはマクロとアドオンが使えない点です。

iOS, Android, Windows Phone, Windows Mobile

iOS(iPhone, iPad), Android, Windows PhoneはExchange ServerとEAS (Exchange ActiveSync)で通信できます。

EASはモバイルデバイスをExchangeと同期できるようにするプロトコルです。

メール、連絡先、カレンダーを同期することができます。

少なくともiOSでは快適に使えていて外出先などでノートパソコンでOutlookを開く場所や時間がない時などに重宝していました。

Webブラウザ

一般的なWebブラウザからOWA (Outlook Web Access)経由でExchangeにアクセスすることができます。

ブラウザでOutlookに近い画面を表示し、Outlookとほぼ同じ機能が使えます。

とはいってもiOSのSafariでは遅くてまともに使えていませんでした。

クライアント端末にデータをキャッシュすることはできないためか、PCのブラウザでも動作は遅いです。

他のクライアントと違ってオフラインでの使用もできません。

OutlookがインストールされていないPCからExchangeにアクセスしなければならない、などの緊急用って感じですかね。

一般的なメールクライアント

一般的なメールクライアントが使うIMAP4 / POP3でExchange Serverと通信できます。

ただし、これらのIMAP4 / POP3はExchange Serverのデフォルトでは無効になっています。

もし、Exchangeの管理者がIMAP4かPOP3を有効にすれば一般的なメールクライアントが利用できます。

当然ながらアクセスできるのはメールのみで連絡先、カレンダー、メモにはアクセスできません。

スポンサーリンク
JP_Office2016Launch_300x250
Microsoft Public Affiliate Program (JP)