macでwordファイルを編集する

mac

MacとWindowsを両方持っているのですが、家で使うのは最近はMacがほとんどです。

特に一時の気の迷いでWindows 8をインストールしてからというもの悪名高いあのUIに嫌気がさして家ではほとんどMacしか使わなくなりました。

今の世の中、Macでもほとんど困らないのですが、ちょっと困ったのがWordファイルを作る仕事をよく持ち帰ることです。

Windows PCにはマイクロソフトOffice 2003が入っていたのですが、Office 2003は2014年に既にサポートが終了しています。

サポートが切れたOffice 2003にはもうセキュリティ更新プログラムが提供されないため、Office 2003を使い続けるのは危険です。

スポンサーリンク

PagesもOpen Officeも試したが・・・

せっかくMacを使っているのですから、Wordなど使わずPagesでしょ!

PagesはWordと互換性あるし。

そう考えていた時期が私にもありました。

たしかに単純なレイアウトのWordファイルならPagesでも問題なかったのですが、ちょっと複雑なレイアウトではPagesではお手上げです。

ええ、Open Officeも試しましたよ、せっかくのMacですから。

でもダメなんですよね、どうしてもWord文書のレイアウトをまともに再現できませんでした。

たとえMacでもまだまだマイクロソフトOfficeは必要

これが結論です。

私の場合、マイクロソフトWindowsからMacにしてもほとんど困ることはありませんでした。

でも仕事の文書がWord、Excel、PowerPointで作られている以上、まだまだマイクロソフトOfficeとはつきあっていくしかありません。

Open Officeで仕事の文書が作られる時代が来ればいいのですが、それを待っていたら失業してしまいますので。

Mac用の最新のマイクロソフトOfficeは?

WordだけでなくExcelもPowerPointも必要なのでそれらがセットになったMac用のマイクロソフトOfficeを購入することにしました。

当時のMac用の最新版はOffice for Mac 2011でした。

Officeはサポート期間が切れるとOffice 2003のように事実上使えなくなるため、最新のものを購入しないとコストパフォーマンスが悪くなります。

しかし、私がMac用のOfficeを購入した時には既にOffice 2016 for Macのリリースが予定されていました。

Office 365 Solo

そして選んだのがOffice 365 Soloという選択肢です。

Office 365 Soloでは常に最新のOfficeのすべてのOfficeアプリが使えます。

つまり、当時最新のOffice for Mac 2011が使えましたし、現在は最新のOffice for Mac 2016で使っています。

実際、Office 365 Soloを購読後、Office 2016 for Macがリリースされましたが当然2016を買い直す必要はありませんでした。

Office 2011からOffice 2016に無料で移行できたというわけです。

さらにMacユーザーにとってありがたいのは、MacとWindowsの両方で使えることです。

1つのOffice 365 SoloでMacとWindowsの両方に最新のOffice(現在は2016)をインストールできます。

Office 365 Solo以外でMacとWindows用の2つのOfficeを購入しようと思うと高くついてしまいます。

しかも前述のようにサポート期間がありますから買い替えも必要です。

しかし、Office 365 Soloならそうした問題はありません。

Windows PCに入っていたサポート期限切れのOffice 2003をOffice 365 Soloで当時最新のOffice 2013にアップデートしました。

MacのOffice 365 Soloで足りてますので、Windowsのほうはあまり使わないと思いますが、Office 2003のままにしておくと危険なためです。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)
JP_Office2016Launch_300x250