Office2016の価格

Office 365 Solo

マイクロソフトOfficeの現在の最新版はOffice 2016です。

Office 2016にはWindows版、Mac版、購読型(Office 365 Solo)、買い切り型、などいろいろなエディションがありますが、それぞれの価格を比較してみました。

スポンサーリンク
JP_Office2016Launch_300x250

Office 365 Soloの価格

Office 2016の価格を語る上でキーとなるのがOffice 365 Soloの価格です。

そもそもOffice 365 Soloとは何でしょうか?

マイクロソフトの説明ビデオがこれです。

これを見て理解できる人っているのでしょうか?

Skypeが月60分無料・・・、ってOfficeと何か関係あるの?

OneDriveが1TB・・・、ってのは凄いけどこれもOfficeと何の関係が・・・?

iPhone、iPad、AndroidでもOfficeが使える・・・、って以前からそうじゃなかったっけ?

ビデオではこういう「おまけ」ばかりが強調されていて、従来からある永続ライセンス版(買い切り型)のOfficeとの違い、一番気になる価格についての説明がありません。

サブスクリプションサービス

サブスクリプションサービスとは使用料を支払っている間だけマイクロソフトOfficeを使うことができるサービスのことです。

2台までのMacかWindowsで使える

私のようなMacユーザーにとって大きなメリットはこれです。

今まではMacとWindowsの両方でOfficeを使うためにOffice for MacとWindows用のOfficeを別個に購入してきました。

Office 365 SoloであればMac 2台、MacとWindows 1台づつ、Windows 2台と柔軟に対応できます。

常に最新のOfficeが使える

マイクロソフトOfficeは大体3年で新しいバージョンが発売されます。

自分では新しいバージョンなど使う気がなくても、まわりが新しいバージョンを使いはじめると自分も新しいバージョンに切り替えざるをえません。

永続ライセンス版(従来からある買い切り型)のOfficeではこの場合、新しいバージョンを購入する必要があります。

しかし、Office 365 Soloであれば常に最新のOfficeを使うことができます。

そして現在の最新版、つまりOffice 365 Soloで使えるバージョンがMac・Windows共にOffice 2016なのです。

すべてのオフィスアプリが使える

永続ライセンス版のOfficeはエディション(Home and StudentとかPersonalとか)によって使えるオフィスアプリに制限があります。

Office 365 Soloではすべてのオフィスアプリが使えます。

1TBのオンラインストレージが使える

マイクロソフトはOneDriveというオンラインストレージを提供しています。

Windows 8からデフォルトでOneDriveが設定されているため、意識しないでOneDriveを使っているWindowsユーザーは多いと思います。

このOneDriveは無料ではわずか5GBの容量しか使えないのですが、Office 365 Soloでは1TBに容量が増えます。

Office買い替え費用はもういらない

以前はマイクロソフトOfficeがバージョンアップするたびに買い換え費用に数万円が必要でした。

自分はバージョンアップしたくなくても周りが新しいOfficeを変え始めると自分もバージョンアップするしかありません。

そしてそのバージョンアップは数年おきに確実やってきます。

さらに古いバージョンはマイクロソフトのサポート終了でセキュリティパッチの更新も停止され、コンピュータウイルス等の危険にさらされるため事実上、使えなくなります。

直近ではOffice 2003が昨年サポート終了し、事実上使えなくなりました。

結局、マイクロソフトOfficeは一度購入したからといってずっと使えるわけではなく、数年おきの買い替えが必須ということです。

そうであれば月額、または年額で最新のOfficeアプリが使えるというOffice 365は理にかなっています。

もちろん価格が高ければ意味がないのですが、個人向けのOffice 365 Soloではなんと12,107円/年(月換算1,008円)です。

また、昔はマイクロソフトOffice購入の際にいわゆる「最安値」を探し求める手間が必要でしたが、もうそんな必要もなくなりました。

年額費用に最安値も何もありませんから。

喜ぶべきか否かわかりませんが・・・。

WindowでOffice 2016を使う場合

表中で「価格(x年)」としているのはサブスクリプション型のOffice 365 Soloとパッケージ版の価格を比較するためです。

Office 365 Solo Personal Home & Business Professional Academic
価格(1年) 12,107円 30,575円 35,705円 61,355円 30,024円
価格(2年) 24,214円 30,575円 35,705円 61,355円 30,024円
価格(3年) 36,321円 30,575円 35,705円 61,355円 30,024円
Excel
Word
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
購入資格 無し 無し 無し 無し 学生
教職員
無料バージョンアップ
Mac対応
OneDrive 1TB

2年以下の使用なら

上の表からわかることは、Office 2016を何年使うかによって損得が決まることです。

2年以下しか使わないならOffice 365 Soloが圧勝です。

ExcelとWordだけを3年以上使うなら

Office Personal 2016のほうがOffice 365 Soloより安くなります。

また、Personal 2016についてこちらも記事もどうぞ

Office Personal 2016の価格
Office Personal 2016はWindows版では最も安価なOfficeスイートで、「家庭向け」のエディションとされています。 ...

PowerPointも3年以上使うなら

ExcelとWordだけでなくPowerPointも使うなら、3年でOffice Home & Business 2016がOffice 365 Soloより安くなります。

AccessとPublisherを5年以上使うなら

さすがに5年も経てば新しいOfficeが発売されると思いますのであまり現実的ではありません。

Office Professional 2016は5年は使わないとOffice 365 Soloより安くならないということです。

学生なら

学生ならAcademic(アカデミック)版がお得そうすが、こちらも読んでもらえると嬉しいです。

Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?
Office 365 Soloを購入した時、興味本位でアカデミック版の価格を調べました。 私にはアカデミック版の購入資格はないのですが...

MacでOffice 2016を使う場合

Office 2016はなんとWindows版より先にMac版がリリースされました。

製品版のOneNoteもOffice 2016でついにMacで使えるようになりました(製品版でない機能制限ありの無料版ならMac用がありましたが)。

デジタルノートアプリとしてはEvernoteが有名ですが、OneNoteとは性格が異なるため私はOneNoteとEvernoteを併用しています。

OneNoteとEvernote
デジタルノートアプリOneNoteが最初にリリースされたのは今から10年以上前の2003年で最初のバージョンはOneNote 2003でした...
Office 365 Solo Home & Student for Mac Home & Business for Mac Academic
価格(1年) 12,107円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(2年) 24,214円 24,419円 35,705円 16,800円
価格(3年) 36,321円 24,419円 35,705円 16,800円
Excel
Word
PowerPoint
OneNote
Outlook
購入資格 不要 不要 不要 学生
教職員
商用利用
無料バージョンアップ
インストール台数
(Windows対応)
Mac/Windows
2台
Mac 2台 Mac 2台 Mac 1台
OneDrive 1TB

Home and StudentやHome and Businessは1度購入すればその後の費用はかかりません。

それに対し、Office 365は毎年12,107円を支払う必要があります。

ただ、年間費用がかからないパッケージ版がサブスクリプション版より得かというとそんなに簡単な話ではありません。

Officeを商用利用する人

商用利用とは仕事に使うことです。

Academicはもちろん商用利用できませんが、Home and Studentも商用利用できません。

つまり、Office for Macを仕事に使うならHome and BusinessかOffice 365 Soloの二択です(正確には法人向けOffice 365もありますがこの記事では省きます)。

そして仮に3年間使うのであればHome and BusinessとOffice 365 Soloで費用はほとんど同じです。

3年後には新しいバージョンのOfficeが提供されるかもしれません。

Office 365 Soloであれば新しいバージョンのOfficeが出ても無料でバージョンアップできます。

しかし、Home and Businessだったらまた新しく買わなければならないのです。

仕事には使わない人

3年以上使うのであれば、Office 365 SoloよりHome and Studentのほうがお得です。

学生

アカデミック版・・・

と言いたいところですがWindowsと同様、こちらも読んでもらえると嬉しいです。

Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?
Office 365 Soloを購入した時、興味本位でアカデミック版の価格を調べました。 私にはアカデミック版の購入資格はないのですが...

WindowsとMacの両方で使う場合

Office 365 Soloとは契約期間中、2台までのMacかPCにすべての最新Officeアプリをインストールして使うことができます。

MacでもWindowsでも使えるのがミソです。

Macユーザーは私のようにWindowsも併用して使っている人が多いと思います。

従来のマイクロソフトOfficeをMacとWindowsの両方で使うためには、ただでさえ高価なマイクロソフトOfficeをMac版とWindows版の両方を購入する必要がありました。

しかし、Office 365 Soloなら1つの購読でMacでもWindowsでも使えるのです。

この時点で私のようなWindowsも併用するMacユーザーはOffice 365 Solo以外には選択肢がなくなります。

また、マイクロソフトOfficeは数年おきに新しいバージョンが登場し、買い替えを迫られます。

Office 2004 for Mac、Office 2008 for Mac、Office for Mac 2011と買い替えてきたMacユーザーも多いのではないでしょうか。

つまり買い切りといってもずっと使えるわけではなく結局、マイクロソフトOfficeへの出費は続くわけです。

それならば、最新のOfficeアプリが使える購読型のOffice 365 Soloは理にかなっています。

特にWindowsも併用するMacユーザーにはOffice 365 Solo以外はありえないと思います。

法人向けのOffice 365

Office 365 Soloの法人版、、、というかもともとOffice 365は法人向けでした。

個人向けのOffice 365 Soloのほうが後に登場しています。

Office 2016は法人向けのOffice 365にも提供されます。

社員数が多いとOfficeの買い替え費用が莫大な上にライセンス管理等の手間もかかるため、会社にとってはOffice 365はありがたい存在です。

個人事業主でもたくさんのPCでOfficeを使うなら法人向けOffice 365を検討してみる価値はあると思います。

Office 365 BusinessとOffice 365 Solo
サブスクリプション型のOffice 365には大きく個人向けのプランと法人向けのプランがあります。 個人向けのプランは現在、Offic...
スポンサーリンク
JP_Office2016Launch_300x250

コメント

  1. 匿名 より:

    うーーーーん

    いまどきexcelとか使ってるか?

    表計算必要ならexcelの必要ないし。ロータス123を買い取って作った50年物のソフトに何の価値が?

    データベース使わないのか?
    ACCESSじゃないぞ。

    すげー古い人?

  2. 匿名 より:

    言いがかりにしてももう少し勉強しましょう。
    Excelは123を買い取ったものじゃないし。買ったのはIBMだし。
    OpenOfficeやLibreOfficeは、無料ではあっても互換性に劣るのでトータルコストはExcelの勝ち。現役だし。

    Accessの中身はSQLServerですのでデータベースですよ?