Office 365 BusinessとOffice 365 Solo

Office 365 Business

サブスクリプション型のOffice 365には大きく個人向けのプランと法人向けのプランがあります。

個人向けのプランは現在、Office 365 Soloのみです。

それに対し、法人向けにはBusiness、ProPlus、education、education PLUS for students、、、、と多様なプランが提供されています。

法人向けプランの中でもOffice 365 BusinessはOffice 365 Soloと機能・料金が拮抗してします。

そのため、個人事業主の場合、Office 365 BusinessかOffice 365 Soloで迷うことがあると思います。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

Office 365 BusinessとOffice 365 Soloの比較

Office 365 BusinessとSoloとの最も大きな違いは法人向けか、個人向けかという点です。

それだけ聞くと売り方だけの違いのように思えます。

実際、法人向けのBusinessは販売代理店、個人向けのSoloはマイクロソフトストアでの契約が多いと思います。

しかし、それ以外にも違いがあります。

Office 365 Business Office 365 Solo
月払料金(税込) 1,166円/ユーザー 1,274円
年払料金(税込み) 11,664円/ユーザー 12,107円
対象ユーザー 法人 個人
利用人数 1〜300人 1人
インストール台数 最大5台/ユーザー 最大2台
 Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Publisher
 ◯
 Access
オンラインストレージ OneDrive for Business OneDrive
Skype無料通話 60分/月
 Microsoftアカウント 専用 既存
無償トライアル

Office 365 Businessのメリット

最大5台までインストールできる

Office 365 Soloが2台までのPC、またはMacにしかインストールできないのに対し、Office 365 Businessなら5台までインストール可能です。

そのため、3台以上にインストールする個人事業主ならOffice 365 Businessです。

無償トライアルがある

Office 365 Soloと違って1ヶ月間無料体験が可能で、環境を引き継いだまま本契約に移行できます。

Office 365 Businessのデメリット

法人向けは既存のMicrosoftアカウトと紐付けできない

個人向けのSoloを契約すると現在のMicrosoftアカウントでOfficeがインストールでき、今まで使っていたOneDriveの容量が1TB増えます。

とても簡単で迷うところは何もありません。

しかし、法人向けのOffice 365は既存のMicrosoftアカウントに紐付けできません。

Businessを契約すると@xxx.onmicrosoft.com 形式のドメインが発行されます。

xxx の部分が法人を識別します。

そして従業員毎に yyy@xxx.onmicrosoft.com 形式のメールアドレスが発行されます。

yyy の部分が従業員を識別します。

このメールアドレスで法人向けOffice 365サイト(Office 365 Soloのサイトとは別です)にログインし、Officeをインストールします。

OneDrive for BusinessもMicrosoftでログインするOneDriveとは名前が似ているだけで全くの別ものであり、OneDriveからのデータ移行が必要なら自力でやるしかありません。

ユーザーインターフェイスも別物でOneDrive for BusinessよりOneDriveのほうが洗練されています。

OneDriveとは?
オンラインストレージといえばDropboxで昔々から使っていたのですが、今では手持ちすべてのファイルはすべてOneDriveに移動させました...

Accessが使えない

Accessが必要なら個人事業主であってもOffice 365 Soloを選ぶしかありません。

スポンサーリンク
JP_Office2016Launch_300x250