マイクロソフトのアウトルック(Outlook)とは?

Outlook

マイクロソフトは異なる製品やサービスに似たような名前をつけることがあり、混乱させられることがあります。

「アウトルック」もその1つです。

スポンサーリンク

Outlook (アウトルック)

企業が社内/社外メールやスケジュール調整などに使うExchange Serverのクライアントです。

Exchange Server無しで単体でインターネットメールのクライアントや連絡先管理ソフトとして使うこともできなくはないですが、重いだけで意味はないと思います。

階層ファルダでメールを管理する昔ながらのメールクライアントですが、いまだに使っている会社は多く、社内で「アウトルック」と言えばExchangeクライアントのOutlookとして通じます。

しかし、Exchange Serverを使っていない会社で「アウトルック」と言うとOutlook.comかOutlook Expressを指すことになるかと思います。

また、このOutlookはマイクロソフトオフィスの一部という位置づけになっています。そのため、「Office Outlook」とか「Outlook 2013」と呼ぶと他の「アウトルック」と混同されづらくなります。

Outlook

Outlook.com (アウトルック・ドット・コム)

マイクロソフトのWEBメールサービスだったHotmailの後継のサービスです。

Microsoftアカウントを取得するとOutlook.comも使えるようになります。

使ってみた感想ですがは、

  • 迷惑メールフィルタが弱く、迷惑メールが大量に来る。
  • 検索機能が貧弱なため、ちゃんと階層管理して手動でメールを見つける必要がある。

といった感じでGMailのようには普及しそうにありません。

Outlook.com

Outlook Express (アウトルック・エクスプレス)

XPまでのWindowsに標準添付されていたメールソフトです。

Vista以降のWindowsには添付されなくなりましたが、昔使っていた人はたくさんおり、いまだに「アウトルック」と聞くとOutlook Expressを思い浮かべる人は多いと思います。

ExchageクライアントのOutlookとはまったくの別物で、Outlook ExpressにExchange Serverとの接続機能はありません。

系統としてはマイクロソフトのメールソフトだったMicrosoft Internet Mailの後継という位置づけでしょうか。

まず「Internet Mail」って一般名詞を製品名にしていたのは驚きです。

さすがに名前がInternet Mailじゃまずいと思って名称変更したんでしょうか。

Exchage ServerのOutlookの無料版ということでOutlook Expressとしたのでしょうが、単に「アウトルック」と言った場合にOutlook Expressを指すのかExchangeクライアントのOutlook を指すのかわかりません。

Outlook Express

スポンサーリンク