パワーポイントを無料で使えないか?

プレゼン

マイクロソフトOfficeがプリインストールされているPCはよく売られています。

ただ、プリインストールされているエディションで多いのはOffice Personalです。

おそらくOffice Personalの価格が安いからだと思いますが、このOffice Personalにはパワーポイントが含まれていません。

最近はパワーポイントで作られる資料が増えているようです。

それで仕事のパワーポイントのファイルを家に持ち帰ったが、家のPCにはパワーポイントが入っていない。

パワーポイントは購入すれば1万以上しますから、なんとか無料で使えないか?

・・・という話です。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

プレゼンだけなら・・・

PowerPointのファイルを編集する必要がなくプレゼンするだけでいいなら、Windowsのバージョンによって2つの方法があります。

Windows 10を使っている場合

マイクロソフトのOffice MobileでPowerPointを無料でプレゼン可能です。

もし、パソコンの画面サイズが10.1インチ未満なら無料で編集可能ですが、一般的なノートパソコンの画面は10.1インチ以上です。

Office Mobileとは?
Office Mobileとはタブレットやスマホなど画面サイズの小さい端末向けに最適化されたマイクロソフトOfficeです。 ...

Windows 10より前のWindowsの場合

マイクロソフトはOneDriveといういわゆるオンラインストレージサービスを提供しています。

Windows 8以降のWindowsではOSレベルでサポートしているため、意識せずにOneDriveを使っている人も多いのではないでしょうか。

このOneDriveにログオンし、OneDrive内の適当な場所にパワーポイントのファイルをアップロードします。

そして、OneDrive上でそのパワーポイントファイルをクリックするとPowerPoint Onlineが起動し、スライドが表示されます。

PCにパワーポイントがインストールされている必要はありません。

パワーポイントのファイルを編集する必要がなく表示だけできればいいなら、このPowerPoint Onlineが鉄板です。

また、GoogleのオンラインストレージであるGoogleドライブでも似たようなことができます。

ではなぜGoogleドライブでなくOneDriveのPowerPoint Onlineがおすすめなのかというと、PowerPoint Onlineのほうが遥かに互換性が高いからです。

まあ、PowerPoint OnlineはPowerPointの開発元であるマイクロソフトのサービスなのですから、当然の話ですが。

マイクロソフトOffice互換ソフトなら編集もできるが・・・

一応、OneDriveでも簡単な編集は可能なのですが、残念ながらOneDriveの編集機能は実用レベルには達していません。

パワーポイントに限らず、この手の話になると必ず出てくるのがマイクロソフトOfficeの互換ソフトです。

無料のApache Open OfficeやLibreOfficeのImpressなどです。

私も時折、Office互換ソフトを探す旅に出ています。

しかし、「マイクロソフトOfficeと同じ表示」というのは私が考えるよりも難しいことらしく、レイアウトが単純ならいいのですが複雑なレイアウトでは表示が崩れる、マイクロソフトのPowerPointと表示が違う、といった問題に悩まされ互換ソフトを探す旅は終わりを迎えます。

マイクロソフトのPowerpointと完全に同じ表示が不要であれば、互換ソフトは選択肢の一つだと思います。

PowerPoint購入はどのOfficeスイートがいいのか?

やはり互換ソフトでは問題があるなどでマイクロソフトのPowerPointを購入する場合、単純にPowerPointだけ単体で買えばいいのでしょうか?

それともPowerPointが含まれるOfficeスイートを選ぶのがいいのでしょうか。

OfficeスイートとはWord、Excel、PowerPointなどのオフィスアプリをセットにした割安な製品です。

以下はPowerPoint単体とPowerPointが含まれるOfficeスイートの比較表です。

PowerPoint単体 Office 365 Solo Office Home & Business Office Professional
価格 15,185円 12,744年/年 35,705円 61,355円
PowerPoint
Word
Excel
OneNote
Outlook
Access
Publisher
Mac対応
OneDrive 1TB
Office Mobile
フル機能

見ていただくと分かる通り、PowerPoint以外のオフィスアプリも使うのであれば割高な単体購入より、Officeスイートのほうがお得です。

その中でもおすすめはOffice 365 Soloです。

Office 365 SoloとはマイクロソフトOfficeを買い切るのでなく、ライセンス有効期間だけ使えるというものです。

もし、Office 365 Soloを3年間使うとすると総費用は

  • 12,744円 × 3年 = 38,232円

とOffice Home & Businessとほぼ同じです。

しかし、Office 365 Soloには以下のメリットがあります。

  • PowerPointを含むマクロソフトOfficeのすべてのアプリを使える。
  • 新しいバージョンのOfficeが発売されると追加費用なしに使える。
    • Office Home & BusinessやOffice Professionalでは買い替えが必要。
  • OneDriveの容量が1TBに増量される。
  • 2台までのWindows、またはMacにインストールできる。
  • iPadやAndroidなどでOffice Mobileのフル機能が使える。
Office 365 Solo
スポンサーリンク