AndroidでExcel(Office Mobile)を使う

Android

会社や自宅のパソコンで使っているExcelファイルをAndroidスマホやAndroidタブレットで編集するにはどうしたらいいでしょうか。

スポンサーリンク

ちょっとだけややこしいAndroidでのExcelファイル編集

パソコンでExcelファイルを編集するのであればややこしいことはありません。

日本で売られているパソコンにはExcelやWordなどのOfficeスイート(複数のOfficeアプリをセットにした製品)が初めからインストールされているものが多くあります。

インストールされてなくても、Microsoft 365 Personalなどを契約すればOfficeスイートを簡単にインストールし、すぐに使えるようになります。

ExcelファイルをダブルクリックするだけでExcelが起動し、編集できます。

しかし、AndroidでのExcelファイル編集はちょっとだけややこしいところがあります。

  • Office Mobileのインストール
  • Microsoftアカウントでのサインイン
  • キーボードとマウス

Office Mobileのインストール

以下のボタンからExcel、Word、PowerPointを含むAndroid版Office Mobileアプリをインストールできます。 Microsoft Office

OutlookはAndroid版Microsoft Officeには含まれていないため、必要であれば以下からインストールします。 Microsoft Outlook

スポンサーリンク

Microsoftアカウントでのサインイン

ExcelなどのOffice MobileアプリにMicrosoftアカウントでサインインします。

サインインしないとファイルの閲覧のみで編集ができません。

既に会社や学校でMicrosoft 365を使っているのであればMicrosoft 365と紐付いてるMicrosoftアカウントでサインインします。

Microsoft 365とは利用料金を支払っている間、すべてのデバイス(Android/iOS/Windows/Mac)ですべてのOfficeアプリが使える契約です。

Microsoft 365には教育期間向けなどいくつかの種類がありますが、一般向けはMicrosoft 365 Personalです。

MicrosoftアカウントがMicrosoft 365と紐付いていない場合、以下の制限があります。

  • 商用利用できない
  • フル機能が使えない
  • 10.1インチを超える端末で編集できない

商用利用とは仕事に使うことです。

AndroidのExcelやWordを仕事に使うのあればMicrosoft 365は必須となります。

仕事でなくプライベートならMicrosoft 365がなくとも機能制限された状態で使うことができます。

ただし、その場合でも画面サイズが10.1インチを超えるAndroidではファイル編集はできません。

Microsoft 365のライセンス購入とMicrosoftアカウントとの紐づけは以下から行えます。

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能

キーボードとマウス

Office Mobileはソフトウエアキーボードとタッチでも使えますが、物理キーボードはもちろん、マウス(またはトラックボールやタッチパッド)があったほうがより便利に使えます。

Office Mobileでキーボード入力するにはスマホやタブレットをスタンド等におくことになります。

スタンド等に置いたスマホやタブレットを指でタッチするのはかなり面倒です。

そこでキーボード入力するならマウス、となるわけです。

Androidにマウスを接続すれと画面にマウスカーソルが現れ、マウス操作できます。

iOSよりAndroidのほうが有利

Office MobileはiOSでも使えるのですが、キーボードとマウスを使うのであればiOSよりAndroidのほうが以下の点で有利です。

  • JIS配列のキーボードが使える
  • Google日本語入力が使える

JIS配列のキーボードが使える

日本で売られているキーボードは大きく次の2種類です。

  • JIS配列(日本語配列)
  • 英語配列

会社などのパソコンはほとんどJIS配列です。

JIS配列と英語配列では記号(+、-,=、等)の位置が大きく異なります。

数式で記号を多用するExcelではJIS配列のキーボードは必須と言えます。

ところがiPhoneやiPadにはJISキーボード(Apple純正以外)を接続しても英語キーボードとして認識される問題があります。

その問題をある程度解決しJIS配列が使えるようにしたキーボードもあるのですが、選択肢が限られます。

Androidであれば後述のGoole日本語入力で「日本語109A配列」に設定するだけでJIS配列のキーボードが使えます。

Google日本語入力が使える

WindowsやMacではIME(漢字などキーボードのキーにない文字を入力するためのソフトウエア)として、変換効率の高い「Google日本語入力」が人気です。

AndroidではIMEでそのGoogle日本語入力が使えます。

iOSでもGoogle日本語入力のソフトウエアキーボードは使えるのですが、ハードウエアキーボードには対応していません。

据え置き用途なら

外出先では使わないのであればこちら。

重く大きいので持ち運びには全く向きませんが、以下の機能が全部入った全部入りとも言えるキーボードです。

  • トラックボール
  • スイッチ付スタンド
  • 有線接続もBluetooth接続もできる

トラックボール

トラックボールとはマウスを逆さにひっくり返したようなポインティングデバイスです。

キーボード一体なので場所も取りません。

電源スイッチ付スタンド

Androidスマホやタブレットをおけるキーボード一体のスタンドが付いています。

このスタンドはキーボードの電源スイッチにもなっており、スタンドにAndroidを置くとキーボードの電源が入ります。

通常のBluetoothキーボードのように電源を入れる手間がありません。

有線接続もBluetooth接続もできる

Bluetooth(無線)接続はAndroidとキーボードを接続する手間がないのが利点ですが、たまに接続が安定しない場合があります。

その場合、有線接続のほうが腰を据えて長時間作業をするには向いています。

このキーボードは用途に応じでBlutoothでも有線でも接続できます。

ただ、有線で接続する場合は別途OTGケーブルが必要です。

外出先でも使うなら

外出先で使うなら持ち運びしやすい折りたたみキーボードがおすすめです。

その折りたたみキーボードの中でもダントツに打ちやすいのがこちら。

  • キーピッチ19mmの折りたたみ
  • 有線接続もBluetooth接続もできる
  • キーボード開閉で自動ON/OFF
  • ケースがスタンドになる

キーピッチ19mmの折りたたみ

据え置き型キーボードと同様の19mmのキーピッチ(キーとキーの間隔)です。

その分、キーボードの横幅が広くなるため、折りたたみ式になっています。

有線接続もBluetooth接続もできる

TK-DCP03BKと同様、安定の有線接続も手軽なBluetooth接続もできます。

Bluetooth接続時に別途OTGケーブルが必要なのもTK-DCP03BKと同じです。

キーボード開閉で自動ON/OFF

Bluetooth接続の場合、キーボード開閉で自動ON/OFFするため、キーボードを開くだけですぐに使え、キーボードを閉じるだけで作業終了できます。

ケースがスタンドになる

キーボードケースがAndroidスマホやタブレットのスタンドになるため、スタンドを別途購入したり持ち運ぶ必要がありません。

マウス不要の折りたたみキーボード

マウスを持ち運ぶ必要がないタッチパッド付きの折りたたみキーボードもあります。

  • タッチパッド付
  • キーピッチ19mmの折りたたみ
  • ケースがスタンドになる

タッチパッド付

キーボード上に小さなタッチパッドを搭載しているため、マウスを別途購入したり持ち運ぶ必要がありません。

キーピッチ19mmの折りたたみ

MOBO Keyboard、据え置き型キーボードと同様の19mmのキーピッチ(キーとキーの間隔)です。

ただし、MOBO Keyboardと違って折りたたみ箇所の周辺のキー(特にB)が打ちづらくなっています。

そのため、打ちづらくてもタッチパッド付にメリットが感じられればTK-FLP01PBK、そうでなければAM-KTF83J-GBがおすすめです。

ケースがスタンドになる

AM-KTF83J-GBと同様、ケースがスタンドになります。

コメント