Evernoteの代わりとしてのOneNote

OneDrive

2016年6月にEvernote(エバーノート)の料金プランが変更されました。

改悪ともとれるような内容のため、EvernoteからOneNote(ワンノート)への移行を考えている人も多いのではないでしょうか。

OneNoteはEvernoteの代わりとしてどうなのでしょうか?

2台までしか同期できない無料版

Evernoteを無料(Evernoteベーシックプラン)で使っていたユーザーは同期できる端末が2台に制限されてしまいました。

例えば自宅のPC、スマホ、会社のPCの3端末でEvernoteを使っていた無料ユーザーは、Evertenoteにログインすると以下のメッセージが表示されます。

端末数の上限に達しました。Evernoteベーシックでは、最大で2台の端末からノートにアクセスできます。すべての端末でアクセスできるようにアップグレードするか、「アクセスを取り消す」をクリックして以下のうち1台からログアウトしてください。なお、Evernote Web(ブラウザ版)は端末としてカウントされません。

このメッセージの選択肢は2つですがどちらも幸せにはなれません。

アップグレードする

アップグレードとは無料プランであるEvernoteベーシックを有料プランにアップグレードする、と意味です。

無料だったものが有料になり、しかも有料プランは今回値上げされており、踏んだり蹴ったりです。

アクセスを取り消す

その端末でEvernoteアプリを使うのを辞めるということです。

WindowsかMacであれば通常のアプリでなくWeb版(ブラウザ版)のEvernoteを使うこともできます。

Best Note Taking App | Organize Your Notes with Evernote
Evernote is the app that keeps your notes organized. Memos are synced so they’re accessible anywhere, and searchable so you always find what you need. Learn mor...

ログインして使ってみるとわかる通り、とてもアプリ版にはかなわない使い勝手です。

また、Web版はスマホやタブレットでは使えません。

有料プランは30%〜55%の値上げ

有料プラン(Evernoteプラス、Evernoteプレミアム)なら2台までしか同期できない制限はありません。

しかし、2016年6月以前に較べてEvernoteプレミアムで30%、プラスで55%値上げされました。

ベーシックプラスプレミアム
月間アップロード容量60MB1GB10GB
変更前の料金無料2,000円/年4,000円/年
変更後の料金無料3,100円/年5,200円/年
値上げ率55%30%

この値上げにより、月間アップロード容量が1GBしかないEvernoteプラスを選択する意味はなくなったように思います。

OneNoteの容量と料金

そんなEvernoteに見切りをつけ、OneNoteへの移行を考える場合、料金的にはどうなのでしょうか?

月間アップロード容量の概念がない

Evernoteでは月間アップロード容量の縛りがあります。

月間アップロード容量をオーバーすると次の月までノートを同期することができなくなってしまいます。

OneNoteにはこの概念がなく、保存(アップロード)できるノートの総サイズはノートを保存するOneDrive(オンラインストレージ)の容量に依存します。

Office 365 Solo

そのOneDriveの容量は無料ですと5GBです。

Evernoteの無料プランから移行する人なら足りるかもしれませんが、有料プランから移行する人は不足すると思います。

その場合、Office 365 Soloという有料プランを契約するとOneDriveの容量が1TB(1024GB)になります。

Office 365 Solo無しOffice 365 Solo有り
OneDrive容量5GB1TB
同期台数無制限無制限
マイクロソフトOfficeフル機能
料金無料12,744円/年

表を見ていただければわかる通り、Evernoteの有料プランであるプレミアムより高くなります。

つまり、EvernoteからOneNoteへの移行を考える場合、Office 365 soloに価値を見いだせるか否かが焦点となります。

OneDriveは汎用オンラインストレージ

Evernoteのノート保存先とOneDriveで決定的に異なるのは、前者がEvernote専用ストレージ、後者が汎用ストレージという点です。

OneDriveはOneNoteの保存先として使う他に汎用オンラインストレージとして写真やビデオなどのファイルを保存できます。

汎用オンラインストレージとして他にDropboxやGoogle Driveが有名ですが、1TBでは以下の料金が必要です。

Dropbox PlusGoogle DriveOneDrive
(Office 365 Solo)
1TB料金12,960円/年
(1,080円/月換算)
1,300円/月12,744円/年
(1,062円/月換算)
OneNote
マイクロソフトOffice

もちろんDropboxやGoogle Driveにはフル機能のマイクロソフトOfficeなどありません(簡易的にOfficeファイルの表示・編集ができる機能はあります)。

定番のDropboxにはOneNoteのデータを保存できない

オンラインストレージの定番といえばDropboxです。

しかし、DropboxにはOneNoteのデータもEvernoteのデータも保存することはできません。

【8%OFF!】Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
12,000円11,000円
9月30日(日)までの期間限定特価

マイクロソフトOfficeユーザーならEvernoteよりOneNote

Office 365 SoloではマイクロソフトOfficeのすべてのアプリを2台までのWindowsかMacにインストールして使うことができます。

常に最新バージョン、現在ですとOffice 2016をインストールできます。

マイクロソフトOfficeは高価なアプリですが、12,744円/年で1TBのOneDriveともに使えるということです。

また、OneNoteはマイクロソフトOfficeの1アプリであり、操作性はWordやExcelなどのOfficeアプリと統一されています。

マイクロソフトOfficeユーザーであればEvernoteよりOneNoteが絶対的におすすめです。

Office 365 Solo
マイクロソフト

コメント