iPadやiPhoneでOffice(ExcelやWord)を使う

出先でもExcelやWordのファイルを編集する必要がある場合があります。

そのために重いノートパソコンを持ち歩くのも1つの方法ではありますが、普段使っているiPhoneやノートパソコンより軽くて小さいiPadでもマイクロソフトOffice (Office Mobile)を使うことができます。

スポンサーリンク

インストール

ExcelやWordはiPadやiPhoneの普通のアプリと同様にApp Storeからインストールできます。

デスクトップ版のOfficeスイート(Excel、Wordなど複数のOfficeアプリがセットになった製品)のようにOfficeアプリが一度にインストールする方法はないようで、必要なアプリを個々にインストールする必要があります。

以下から無料でインストールできます。

‎Microsoft Excel
‎強力な Excel スプレッドシート アプリを使用して、ファイルの作成、表示、編集、他のユーザーとのファイル共有を迅速かつ簡単に行うことができます。また、メール メッセージに添付されたブックを表示および編集することもできます。会計、監査、財務などの分野で、どこでも誰とでも自信を持って作業を行うことができます。Exce...
‎Microsoft Word
‎信頼できる Word アプリにより、ファイルを他のユーザーとすばやく簡単に作成、編集、表示、共有できます。また、メールに添付された Office ドキュメントを表示および編集することもできます。Word を使用すれば、どこにいても Office を使用できます。あなたが文書を作成しているブロガー、作家、ジャーナリスト...
‎Microsoft PowerPoint
‎PowerPoint アプリでは、既に知っている使い慣れたツールにアクセスできます。どこからでも迅速かつ簡単にプレゼンテーションの作成、編集、表示、発表、共有を行うことができます。最近使用した PowerPoint ファイルに外出中にアクセスする必要がある場合でも、最近使ったファイルのクイック ビューが表示され、どの...
‎Microsoft OneNote
‎考え、発見、アイデアをキャプチャして、個人用のデジタル ノートブックで生活での膨大な計画の時間を簡素化しましょう。OneNote を使用すると、大きなイベントを計画し、新しい何かを作成するためのひらめきを捕え、忘れてはいけない重要な用事のリストを追跡できます。自宅やオフィスで、または外出先にいても、すべてのデバイスで...
‎Microsoft Outlook
‎「最強の iPhone 用メール アプリ」- The Verge

iOS 版 Outlook は、何百万人ものユーザーのあらゆるメール、予定表、ファイルを 1 か所にまとめることができる便利なアプリです。新しくデザインされた iOS 版 Outlook では、高機能な受信トレイからさまざまな操作ができます。

重要...

Microsoftアカウントの準備

インストールしただけではExcelやWordなどのOfficeファイルが閲覧できるだけです。

Officeファイルを編集するためにはMicrosoftアカウントでログインする必要があります。

もし、アカウントを持っていなければ以下から無料で作成できます。

Office 365の紐づけ

Office 365とは利用料金を払っている間、すべてのマイクロソフトOfficeアプリ(Excel、Word、PowerPoint、OneNote、Outlook、Access、Publisher)と1TBのOneDriveを使える契約です。

以下のいずれかに該当する場合は、Office Mobile(iPhone/iPadのOffice)で使うMicrosoftアカウントをOffice 365と紐付ける必要があります。

  • 商用利用する
  • フル機能を利用する
  • 10.1インチを超える端末で編集する

商用利用する

商用利用とは仕事に使うことです。

Office 365の契約無しにOffice Mobileを仕事で使うことはできません。

フル機能を利用する

非商用利用であればMicrosoftアカウントでログインすることでOfficeファイルを編集できますが、機能が制限されています。

フル機能を利用するのであればOffice 365の契約が必要です。

10.1インチを超える端末で編集する

非商用利用でMicrosoftアカウントでログインしたとしても、画面サイズが10.1インチを超える端末ではOfficeファイルの編集はできません。

つまり、現行のiPad ProはOffice 365の契約無しでは編集ができません(昔のiPad Pro 9.7インチモデルならできたのですが)。

発売日 画面サイズ ファイル編集
Office
365 無し
Office
365 有り
12.9インチiPad Pro 2018年11月 12.9インチ
11インチiPad Pro 11インチ
iPad (第6世代) 2018年3月 9.7インチ
(非商用利用のみ、
機能制限あり)
iPad mini 4 2015年9月 7.9インチ

ちなみにiPadはふるさと納税の返礼品にもなっています。

紐づけ

MicrosoftアカウントとOffice 365とは紐づけは以下から行えます。

Office 365 Solo
マイクロソフト

Office 365製品であるOffice 365 Soloの詳細については以下の記事をどうぞ。

Office Premiumパソコンを持っている場合

Office Premiumとは2014年末頃から2018年春頃までに発売されたパソコンにプレインストールされていたOffice Home and Business PremiumやOffice Personal Premiumです。

Office Premiumパソコンは購入から1年間、Office 365サービスが無料で使えます。

そしてOffice 365サービスにはOffice 365 Soloと同等のMobileのフル機能を使える権利が含まれています。

パソコンに以下のロゴがあればOffice Premiumパソコンです。

Office 365 サービス

もし、購入から1年以上経過していてもOffice 365サービスを延長することで、Office 365 Soloの半額程度の料金でOffice Mobileのフル機能を使うことができます。

Office 365 サービス
マイクロソフト

Bluetoothキーボード選びには注意

iPhoneやiPadでWordやExcelのファイルを「編集」するようになると、気になることがあります。

画面の半分近くをソフトウエアキーボードが占有してしまうのです。

解決策はBluetoothキーボードを使うことです。

Bluetoothキーボードを接続するとソフトウエアキーボードは表示されなくなります。

しかし、特にExcelの編集をする場合、Bluetoothキーボード選びには注意が必要です。

これについては長くなりますので以下の記事をどうぞ。

iPadとキーボードを持ち歩く位なら・・・

iPhoneだと画面が狭いから画面の大きなiPadとキーボードを・・・・、

ちょっと待ってください。

普段持ち運んでいるiPhoneにキーボードならわかります。

しかし、新たにiPadとキーボードを持ち運んで機能限定版のOffice Mobileを使うくらいならSurface Goでフル機能の(通常の)Officeを使ったほうがいいのではないでしょうか。

Surface Goなら大きさも重さもiPadとほとんど変わりません。

コメント

  1. 匿名 より:

    もっとわかりやすく!

  2. 黒鱒 より:

    2018/11/13現在、iPad第6世代ではエクセル編集保存にはoffice365が必要のようです。
    iPad mini4やiPhone7plusでは編集保存できているのですが・・・。
    エクセルだけを考えるなら、iPad airから買い替えはしない方がよかったかも。