iPadやiPhoneでOffice(ExcelやWord)を使う

出先でもExcelやWordのファイルを編集する必要がある場合があります。

そのために重いノートパソコンを持ち歩くのも1つの方法ではありますが、ノートパソコンより軽くて小さいiPadや普段使っているiPhoneでもマイクロソフトOffice (Office Mobile)を使うことができます。

無料でインストール

ExcelやWordはiPadやiPhoneの普通のアプリと同様にApp Storeからインストールできます。

以下のキーワードでApp Storeを検索するとマイクロソフトOfficeの各アプリが見つかります(ExcelやWordにはマイクロソフト以外が提供する互換アプリもあります)。

  • Microsoft Excel
  • Microsoft Word
  • Microsoft Powerpoint
  • Microsoft OneNote
  • Microsoft Outlook
  • Microsoft OneDrive

App StoreのマイクロソフトOffice

Office 2016のようにExcel、Word、PowerPoint・・・等が一度にインストールされるわけではなく、個々にインストールが必要です。

無料でOfficeファイルを編集する

インストールしただけではExcelやWordなどのOfficeファイルが閲覧できるだけです。

Officeファイルを編集するためにはMicrosoftアカウントでログインする必要があります。

Microsoftアカウントは以下のリンクから無料で取得できます。

Microsoft アカウントの新規登録

ただし、無料(後述のOffice 365を契約しない状態)での編集には以下の制限があります。

  • 商用利用できない
  • 一部の機能が制限される
  • iPad Proでは無料で編集できない

商用利用できない

商用利用とは仕事に使うことです。

つまり、Office 365の契約無しにiPadやiPhoneで会社のWordファイルやExcelファイルを編集することはできません。

一部の機能が制限される

Office 365の契約がない状態ではiPadとiPhoneで使えるOffice 365の追加機能が制限されています。

Word

  • セクション区切りを挿入する
  • ページ レイアウトで列を使用する
  • ページごとにヘッダーとフッターをカスタマイズする
  • ページの向きを変更する
  • 変更を記録して確認する
  • 図形にユーザー設定の色を追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 画像に影と反射のスタイルを追加する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • 表のセルをユーザー設定の色の影で強調表示する

Excel

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトをカスタマイズする
  • 図形にユーザー設定の色を追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 画像に影と反射のスタイルを追加する
  • グラフ要素を追加して修正する

PowerPoint

  • プレゼンテーション中に発表者ツールで発表者のノートを確認する
  • 図形にユーザー設定の色を追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 画像に影と反射のスタイルを追加する
  • グラフ要素を追加して修正する
  • 表のセルをユーザー設定の色の影で強調表示する

iPad Proでは無料で編集できない

マイクロソフトOfficeであるOffice Mobileは画面サイズが10.1インチ以下のデバイスではMicrosoftアカウントでログインすることで無料で基本的な編集機能を利用できる、ことになっています。

つまり、現行のiPad Proは無料では編集ができません(昔のiPad Pro 9.7インチモデルならできたのですが)。

機種 画面サイズ 発売日 無料編集
12.9インチiPad Pro 12.9インチ 2017年6月
10.5インチiPad Pro 10.5インチ
iPad 第6世代 9.7インチ 2018年3月
iPad 第5世代 9.7インチ 2017年3月
iPad mini 4 7.9インチ 2015年9月

すべての機能を利用する

Office 365 Soloを契約することで以下のすべてが利用できるようになります。

Office 365 Soloとは1年間マイクロソフトOfficeやOffice Mobileのフル機能が利用できる契約です。

Office 365 Solo

Office 365 soloとは

マイクロソフトOfficeが2013(Windows版)、2011(Mac版)だった頃から365 soloを使いはじめずいぶん経ちました。

ここでこのOffice 365とは何か?

あらためてまとめてみたいと思います。 ...

Office Premiumパソコンを持っていれば

Office Premiumとは2014年末頃から2018年春頃までに発売されたパソコンにプレインストールされていたOffice Home and Business PremiumやOffice Personal Premiumです。

Office Premiumにはパソコン購入から1年間無料でOffice Mobileのフル機能を使える権利(Office 365サービス)が含まれています。

パソコンに以下のロゴがあればこのOffice Premiumがプレインストールされています。

Office 365 サービス

もし、購入から1年以上経過していても以下のリンクからOffice 365サービスを延長することで、Office 365 Soloの半額程度の料金でOffice Mobileのフル機能を使うことができます。

Office 365サービス

Office Home and Business PremiumとOffice Personal Premium

Office Premiumとは2014年末頃からパソコン(PC)にプレインストールされていたマイクロソフトOfficeです。

しかし、2018年春頃からOffice Premiumではなく、プレインストール版Office 2...

iPhoneには折りたたみキーボード

iPhoneやWordやExcelのファイルを「編集」するようになると、気になることがあります。

iPhoneの画面の半分近くをソフトウエアキーボードが占有してしまうのです。

一つの対策として画面の大きいiPhone XやiPhone 8 Plusへの買い換えがあります。

買い替えは費用もかかかるうえ、店舗でのスマホの特典規制は厳しくなっていますがWebサイト経由での購入なら、時期によっては安く買える場合がありますので問い合わせてみてはいかがでしょうか。

おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

また、iPhone対応の物理キーボードはたくさん売られているので、それらを接続すればソフトウエアキーボードは表示されなくなります。

しかし、せっかく小さなiPhoneでWordやExcelが使えるに物理キーボードを持ち歩くのは気がすすまないと思います。

そこでおすすめは折りたためるキーボードです。

小さく折りたためるのはもちろん、通常のキーボードより重量も軽いためです。

特に議事録のためだけにノートパソコンを持ち歩いているなら一度、iPhone + 折りたたみキーボードを試してみてはいかがでしょうか。

iPadとキーボードを持ち歩く位なら・・・

iPhoneだと画面が狭いから画面の大きなiPadとキーボードを・・・・、

ちょっと待ってください。

普段持ち運んでいるiPhoneにキーボードならわかります。

しかし、新たにiPadとキーボードを持ち運んで機能限定版のOffice Mobileを使うくらいならSurface Goでフル機能のOfficeを使ったほうがいいのではないでしょうか。

https://bibouroku.net/surface-go

コメント

  1. 匿名 より:

    もっとわかりやすく!