iPadやiPhoneでOffice(ExcelやWord)を使う

出先でもExcelやWordのファイルを編集する必要がある場合があります。

そのために重いノートパソコンを持ち歩くのも1つの方法ではありますが、普段使っているiPhoneやノートパソコンより軽くて小さいiPadでもマイクロソフトOffice (Office Mobile)を使うことができます。

インストール

ExcelやWordはiPadやiPhoneの普通のアプリと同様にApp Storeからインストールできます。

デスクトップ版のOfficeスイート(Excel、Wordなど複数のOfficeアプリがセットになった製品)のようにOfficeアプリが一度にインストールする方法はないようで、必要なアプリを個々にインストールする必要があります。

以下の「App Storeからダウンロード」ボタンから無料でインストールできます(「Google Playで手に入れよう」ボタンはAndroid用です)。

Microsoft Excel
Microsoft Corporation
Google Play で手に入れよう
Microsoft Word
Microsoft Corporation
Google Play で手に入れよう
Microsoft PowerPoint
Microsoft Corporation
Google Play で手に入れよう
Microsoft Outlook
Microsoft Corporation
Google Play で手に入れよう

個別にインストールする必要はなくなる?

「Office mobile app」が2020年前半にリリースされると発表されています。

Office mobile appとはモバイル版のExcel、Word、PowerPointを1つに統合したアプリです(詳細は以下の動画をどうぞ)。

Introducing the Office mobile app

Office mobile appがリリースされれば、Excel、Word、PowerPointについては個別にインストールする必要がなくなるかもしれません。

ただ、OutlookはOffice mobile appに統合されていません。

Microsoftアカウントの準備

インストールしただけではExcelやWordなどのOfficeファイルが閲覧できるだけです。

Officeファイルを編集するためにはMicrosoftアカウントでログインする必要があります。

もし、アカウントを持っていなければ以下から無料で作成できます。 Microsoftアカウント

ちなみにMicrosoftアカウントはマインクラフトなどゲームであってもマイクロソフトのサービス(オンラインマルチプレイなど)を使うためには必須となっています。

Office 365の紐づけ

Office 365とは利用料金を払っている間、すべてのマイクロソフトOfficeアプリ(Excel、Word、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher)と1TBのOneDriveを使える契約です。

以下のいずれかに該当する場合は、Office Mobile(iPhone/iPadのOffice)で使うMicrosoftアカウントをOffice 365と紐付ける必要があります。

  • 商用利用する
  • フル機能を利用する
  • 10.1インチを超える端末で編集する

商用利用する

商用利用とは仕事に使うことです。

Office 365の契約無しにOffice Mobileを仕事で使うことはできません。

フル機能を利用する

非商用利用であればMicrosoftアカウントでログインすることでOfficeファイルを編集できますが、機能が制限されています。

フル機能を利用するのであればOffice 365の契約が必要です。

10.1インチを超える端末で編集する

非商用利用でMicrosoftアカウントでログインしたとしても、画面サイズが10.1インチを超える端末ではOfficeファイルの編集はできません。

現行モデルのiPadで10.1インチ以下はiPad miniだけです。

発売日 画面サイズ ファイル編集
Office 365
無し
Office 365
有り
12.9インチiPad Pro 2018年11月 12.9インチ
11インチiPad Pro 11インチ
iPad Air 2019年3月 10.5インチ
iPad 2019年9月 10.2インチ
iPad mini 2019年3月 7.9インチ
(非商用利用のみ、
機能制限あり)

紐づけ

MicrosoftアカウントとOffice 365との紐づけは以下から行えます。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

Office 365製品であるOffice 365 Soloの詳細については以下の記事をどうぞ。

Office Premiumパソコンを持っている場合

Office Premiumとは2014年末頃から2018年春頃までに発売されたパソコンにプレインストールされていたOffice Home and Business PremiumやOffice Personal Premiumです。

Office Premiumパソコンは購入から1年間、Office 365サービスが無料で使えます。

そしてOffice 365サービスにはOffice 365 Soloと同等のMobileのフル機能を使える権利が含まれています。

パソコンに以下のロゴがあればOffice Premiumパソコンです。

Office 365 サービス

もし、購入から1年以上経過していてもOffice 365サービスを延長することで、Office 365 Soloの半額程度の料金でOffice Mobileのフル機能を使うことができます。

Office 365 サービス
マイクロソフト

物理キーボードとマウスがあると捗る

iPhoneでOfficeの画面で閲覧するだけであれば何の問題もありません。

しかし、iPhoneやiPadでWordやExcelのファイルを「編集」するようになると、気になることがあります。

画面の半分近くをソフトウエアキーボードが占有してしまうのです。

解決策は物理キーボードを使うことです。

物理キーボードを接続するとソフトウエアキーボードは表示されなくなります。

もちろん、ソフトウエアキーボードより物理キーボードのほうが遥かに早く文字入力できます。

日本語ならソフトウエアキーボードのフリック入力である程度スムーズに入力できるのですが、アルファベットや記号(=、+、ー、等)の入力速度は物理キーボードとは比較になりません。

特にExcelでは関数や数式にアルファベットと記号を使うために大きな問題になります。

また、マウスもあればさらに捗ります。

iPadとキーボードを持ち歩く位なら・・・

iPhoneだと画面が狭いから画面の大きなiPadとキーボードを・・・・、

ちょっと待ってください。

普段持ち運んでいるiPhoneにキーボードならわかります。

しかし、新たにiPadとキーボードを持ち運んで機能限定版のOffice Mobileを使うくらいならSurface Goでフル機能の(通常の)Officeを使ったほうがいいのではないでしょうか。

Surface Goなら大きさも重さもiPadとほとんど変わりません。

コメント

  1. 匿名 より:

    もっとわかりやすく!

  2. 黒鱒 より:

    2018/11/13現在、iPad第6世代ではエクセル編集保存にはoffice365が必要のようです。
    iPad mini4やiPhone7plusでは編集保存できているのですが・・・。
    エクセルだけを考えるなら、iPad airから買い替えはしない方がよかったかも。