iPadやiPhoneでOffice(ワードやエクセル)を使う

出先でもワード(Word)やエクセル(Excel)のファイルを編集する必要がある場合があります。

そのために重いノートパソコンを持ち歩くのも1つの方法ではありますが、普段使っているiPhoneやノートパソコンより軽くて小さいiPadでもマイクロソフトOffice(Office Mobile)を使うことができます。

スポンサーリンク

インストール

Excel、Word、PowerPointが1つのアプリになったiOS用のMicrosoft OfficeはiPadやiPhoneの普通のアプリと同様にApp Storeからインストールできます。 Microsft Office

OutlookはiOS用のMicrosoft Officeに含まれていないため、必要であれば以下からインストールします。 Microsoft Outlook

スポンサーリンク

Microsoftアカウントの準備

インストールしただけではExcelやWordなどのOfficeファイルが閲覧できるだけです。

Officeファイルを編集するためにはMicrosoftアカウントでログインする必要があります。

もし、アカウントを持っていなければ以下から無料で作成できます。 Microsoftアカウント

ちなみにMicrosoftアカウントはマインクラフトなどゲームであってもマイクロソフトのサービス(オンラインマルチプレイなど)を使うためには必須となっています。

スポンサーリンク

Microsoft 365

Microsoft 365とは利用料金を払っている間、すべてのマイクロソフトOfficeアプリ(Excel、Word、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher)と1TBのOneDriveを使える契約です。

以下のいずれかに該当する場合は、Microsoft 365のライセンスが必要です。

  • 商用利用する
  • フル機能を利用する
  • 10.1インチを超える端末で編集する

商用利用する

Microsoft 365の契約無しにOffice Mobileを商用利用することはできません。

商用利用とは以下のようなケースのことです。

  • 職種を問わない企業の業務(在宅勤務、持ち帰り仕事も商用利用にあたります)
  • 個人事業主の業務
  • 教育機関の業務(学生が個人所有のデバイスを利用して行う学業に関する活動のみ商用利用にはあたりません)
  • NPOの業務
  • 国、地方公共団体の業務

一般消費者向けOfficeおよび一般消費者向けOffice関連製品の商用利用権について

フル機能を利用する

非商用利用であればMicrosoftアカウントでログインすることでOfficeファイルを編集できますが、機能が制限されています。

フル機能を利用するのであればMicrosoft 365の契約が必要です。

10.1インチを超える端末で編集する

非商用利用でMicrosoftアカウントでログインしたとしても、画面サイズが10.1インチを超える端末ではOfficeファイルの編集はできません。

現行モデルのiPadで10.1インチ以下はiPad miniだけです。

画面サイズ ファイル編集
Microsoft 365
無し
Microsoft 365
有り
iPad Pro (12.9インチ) 12.9インチ
iPad Pro (11インチ) 11インチ
iPad Air 10.5インチ
iPad 10.2インチ
iPad mini 7.9インチ
(非商用利用のみ、
機能制限あり)

Microsoft 365

Microsoft 365のライセンスは個人向けがMicrosoft 365 Personal、

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能

法人向けがMicrosoft 365 Businessです。

2020年6月30日までにMicrosoft 365 Business Basicを年間契約すると最初の6ヶ月間は無料で使用できます Microsoft 365 Business Basic

Bluetoothキーボードとマウスがあると捗る

iPadやiPhoneの画面でOfficeファイルを閲覧するだけであれば何の問題もありません。

しかし、WordやExcelのファイルを「編集」するようになると、気になることがあります。

画面の半分近くをソフトウエアキーボードが占有してしまうのです。

iPhoneなら機種によって画面サイズが結構違うため、画面の大きなiPhoneに機種変更するのも1つの解決策です。

また、机で作業できるならBluetoothキーボードを使うのと便利です。

Bluetoothキーボードを接続するとソフトウエアキーボードは表示されなくなります。

もちろん、ソフトウエアキーボードよりBluetoothキーボードのほうが遥かに早く文字入力できます。

日本語ならソフトウエアキーボードのフリック入力である程度スムーズに入力できるのですが、アルファベットや記号(=、+、ー、等)の入力速度は物理キーボードとは比較になりません。

特にExcelでは関数や数式にアルファベットと記号を使うために大きな問題になります。

iPad ProならMagic Keyboard、

iPad AirかiPadならSmart Keyboardです。

トラックパッドのないSmart Keyboardでは持ち運びが考慮されたマウスもあればさらに捗ります。

iPhoneやiPad miniのキーボードとマウスについては以下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

iPadとキーボードを持ち歩く位なら・・・

iPhoneだと画面が狭いから画面の大きなiPadとキーボードを・・・・、

ちょっと待ってください。

普段持ち運んでいるiPhoneにキーボードならわかります。

しかし、新たにiPadとキーボードを持ち運んで機能限定版のOffice Mobileを使うくらいならSurface Go 2でフル機能の(通常の)Officeを使ったほうがいいのではないでしょうか。

Surface Go 2なら大きさも重さもiPadとほとんど変わりません。

コメント

  1. 匿名 より:

    もっとわかりやすく!

  2. 黒鱒 より:

    2018/11/13現在、iPad第6世代ではエクセル編集保存にはoffice365が必要のようです。
    iPad mini4やiPhone7plusでは編集保存できているのですが・・・。
    エクセルだけを考えるなら、iPad airから買い替えはしない方がよかったかも。