Excelが快適に使えるiPhoneのキーボードのおすすめ

iPhoneにBluetoothキーボード(外付けの物理キーボード)を組み合わせると、iPhoneでのExcelなどマイクロソフトOfficeの編集がとても快適になります。

しかし、どんなBluetoohキーボードでも快適になるわけではありません。

ソフトウエアキーボードの問題

iPhone標準のソフトウエアキーボードでなく、わざわざBluetoothキーボードを使う理由は2つの問題あるからです。

  • 画面を占有する
  • 入力効率が悪い

画面を占有する

iPhoneでExcelファイルを閲覧するだけであれば何の問題もありません。

ところがExcelファイルを編集しようとすると途端に画面の半分近くをソフトウエアキーボードが占有してしまいます。

Bluetoothキーボードを使う最大の理由がこの画面占有問題です。

入力効率が悪い

ソフトウエアキーボードでも日本語ならフリック入力である程度スムーズに入力できます。

しかし、アルファベットや記号(=、+、ー、等)の入力速度は物理キーボードとは比較になりません。

特にExcelでは関数や数式にアルファベットと記号を使うために大きな問題になります。

キーボード選びのポイント

ポイントは2つあります。

  • 日本語配列が使える
  • 入力言語切替キーがある
  • ショートカットキーが使いやすい

日本語配列が使える

iOS(iPhone/iPad)での日本語配列キーボードの使用にはややこしい問題があります。

日本語配列と英語配列

日本で売られているBluetoothキーボードには大きく日本語配列(JIS)キーボード(写真上)と英語配列(US)キーボード(写真下)があります。

日本語配列と英語配列ではアルファベット(A〜Z)と数字の配列は同じなのですが記号の配列が大きく異なります。

日本語配列 英語配列
記号 ” SHIFT + 2SHIFT + ,
記号 & SHIFT + 6SHIFT + 7
記号 ‘ SHIFT + 7
記号 ( SHIFT + 8SHIFT + 9
記号 ) SHIFT + 9SHIFT + 0
記号 = SHIFT + =
記号 ^ ^SHIFT + 6
記号 ~ SHIFT + ^SHIFT + `
記号 ¥ ¥\
記号 | SHIFT + ¥\
記号 ` SHIFT + @`
記号 @ @SHIFT + 2
記号 + SHIFT + ;SHIFT + =
記号 : :SHIFT + ;
記号 * SHIFT + :SHIFT + 8

英語配列でもWordなどで日本語だけをローマ字入力するならなんとか使えるかもしれません。

しかし普段、会社や自宅で日本語配列を使っている人が、Excelで記号を多用する数式を英語配列でまともに入力するのは無理があります。

iOSは純正以外の日本語配列を認識しない

それだけ聞くと英語配列でなく日本語配列のBluetoothキーボードを単純に購入すればいいように思えます。

しかし、iOS(iPhone/iPad)にApple純正以外の日本語配列キーボードを接続しても英語配列として認識されます。

具体的に何が起こるかというと日本語キーボードの各キーに刻印どおりの記号入力ができず、英語配列での記号が入力されます。

例えばiOSに接続した日本語配列キーボード(純正以外)でSHIFT + 8で記号「(」を入力しようとします。

しかし、実際に入力されるのは「*」です。

これはキーボードが英語配列と認識されるためです。

また、日本語配列キーボードに刻印されているJISかなでの入力も純正以外ではできません。

ただ、こちらについてローマ字で日本語入力する人なら問題になりません。

エレコムのiOSモード

それではあまりにも使いづらいためか、エレコムのキーボードにはiOSで日本語配列通りの記号が入力できるiOSモードを持つ製品があります。

特に記号を多用するExcel用途ではそのiOSモードは必須です。

ただし、iOSモードが対応しているのは記号だけでJISかなには対応していません(前述の通りローマ字入力なら問題になりませんが)。

入力言語切替キーがある

入力言語切替とは英語入力と日本語入力を切り替えるために専用のキーです。

Excelでは式は英語入力、式以外は日本語入力となるため頻繁に入力言語の切替が発生します。

そのため、Ctrl+スペースによる言語切替は億劫なのです。

専用の入力切り替えキーがあるとExcelの入力がとても楽になります。

ショートカットキーが使いやすい

iOSにはBluetoothキーボードは接続できるのですが、マウスは接続できません(Androidならマウスも接続できるのですが)。

キーボードを打ちながらiPhoneの画面にタッチするのは効率的ではないため、できるだけキーボードショートカットを使うことになります。

キーボードによってはキーが省略されていてショートカットが難しかったり、逆にショートカットが簡単にできるように工夫されていたりします。

使いやすいのはもちろん後者です。

おすすすのキーボード

上記のポイントを踏まえたExcelが快適に使えるiPhoneにおすすめのキーボードはこちらです。

  • Magic Keyboard JIS
  • TK-FBP102BU
  • TK-FLP01BK
  • TK-DCP01BK

Magic Keyboard JIS

iOSに日本語配列として認識されるApple純正の日本語配列キーボードです。

もし、ローマ字入力ではなくJISかな入力するならこれしか選択肢はありません。

かなで日本語入力、英数で日本語入力に切り替わります。

マルチペアリング(複数機器との接続)はできないため、iPhone専用に使うことになります。

ショートカットは親指でcommandキーを押しながら別のキーを押すことで実行します。

モバイルキーボードではありませんが、サイズは大きくないため以下のようなケースに入れれば持ち運びも十分可能です。

TK-FBP102BU

持ち運びしやすいミニキーボードです。

iOSモードで日本語配列で記号を入力できます。

変換で日本語入力、Fn+変換で英語入力に切り替わります。

マルチペアリングに対応しているため、最大3台の端末でキーボードを共有できます。

TK-FLP01BK

持ち運びしやすい折りたたみ型です。

キーボードケースはiPhoneスタンドとしても使えます。

iOSモード、変換Fn+変換による入力言語切替、3台までのマルチペアリングなどはTK-FBP102BUと同様です。

キーボードの中央で折りたたむため、中央付近のBVYなどの位置がちょっと特殊で慣れるまでに時間がかかりました。

TK-DCP01BK

据え置き型のBluetoothキーボードです。

スマホ・タブレットをスタンドを兼ねており、キーボードの上にiPhoneをおくだけで電源が入ります。

モバイルにはまったく向きませんが、据え置きで使うなら打ちやすくおすすめです。

iOSモード、入力言語切替、マルチペンリングはTK-FBP102BU、TK-FLP01BKと同じです。

iOS用オフィスとOffice 365

iOS用のExcelなどマイクロソフトOfficeアプリはApp Storeからダウンロードするだけで、とりあえず使えます。

しかし、以下の場合はOffice 365が必要です。

  • 商用利用する(仕事に使う)。
  • フル機能を使う。
【1年版購入で3,000円キャッシュバック】Office 365 Solo
マイクロソフト
12,744円実質9,744円
12/25(火)購入までの期間限定
購入後2019/1/31(木)までに応募用紙を郵送すると3,000円をキャッシュバック
※1ヶ月版と無料試用はキャッシュバックの対象外
Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永...

コメント