ExcelとWordを使う費用・価格

表計算といえばExcel(エクセル)、ワープロといえばWord(ワード)。

まるでオフィスソフトの代名詞にもなっているのがマイクロソフトOfficeのExcelとWordです。

スポンサーリンク

価格でなく費用で考える

ExcelとWordを含むマイクロソフトOfficeは大きく2種類あります。

  • 永続ライセンス
  • サブスクリプション

永続ライセンスとは1回だけお金を払って買い切るタイプです。

Office Home and Business 2019など製品名に「Office」と西暦4桁のバージョンがつくのが永続ライセンスです。

永続ライセンスの最新バージョンは2019です。

サブスクリプションとは年間使用料を支払うことでマイクロソフトOfficeを使うサービスです。

製品名にMicrosoft 365がつくのがサブスクリプション製品で、一般ユーザー向けにはMicrosoft 365 Personalがあります。

永続ライセンスとサブスクリプションを比較する場合、価格でなく費用で考える必要があります。

2年以外には新しいバージョン

現在の永続ライセンスのバージョンはOffice 2019です。

永続ライセンスのOfficeは2〜3年おきに新しいバージョンが発売されます。

つまり永続ライセンスはその名前とは裏腹に一度購入すればいつまでも使えるものではなく、数年おきに買い替えが発生するするため、結局「価格」ではなく「費用」で考える必要があります。

このため、永続ライセンスのOfficeはいつまで使うか、によって費用がかわってきます。

Office 2019が発売されたのは2019年1月であるため、そろそろ新しいバージョンが発売されてもおかしくありません。

どんなに2年以内には新しいバージョンが発売されると思われます。

スポンサーリンク

費用の比較表

費用はすべて消費税込です。

Microsoft 365
Personal
Excel
Word
単体
Office
Personal
2019
Office
Home and
Student
2019 for Mac
Office
Home and
Business
2019
Office
Professional
2019
ライセンス サブスクリプション 永続
費用(1年目) 12,984円 32,568円 32,784円 26,184円 38,284円 65,784円
費用(2年目) 25,968円
費用(3年目) 38,952円
バージョン 最新版に
無料アップデート
2019固定
Windows 10 無制限
(ログインは
5台まで)
2台まで 2台まで
Windows 8.1 / 7
Windows Server
Mac 2台まで 2台まで
iPad / iPhone
Android
Excel
Word
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher
1TB OneDrive

今はMicrosoft 365 Personalがお得

Microsoft 365 Personalとは毎年料金を支払うことですべてのOfficeアプリの最新版が使えるサービスです。

2019より新しいバージョンが発売されてもMicrosoft 365 Personalであれば無料で最新バージョンにアップグレードできます。

Microsoft 365 Personalを2年使ってもExcelとWordの単体購入より安くつきます。

しかも、その間に最新バージョンが発売されれば無料でアップグレードできます。

これがOffice 2019発売直後などであれば話は違いますが今、ExcelとWordを最安で使えるのはMicrosoft 365 Personalです。

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能

コメント

  1. おが より:

    突然ですいません、

    価格比較は、5年まですべきと思います。

    2008 2011 2016と変わってきており、
    3年償還?~5年償還?まで想定していただきたい。

  2. ねこたまやき より:

    個人で使う分には、2016以前のバージョンでも十分です。サポートなんか入りません。
    唯一必要なのは、互換性の問題があるだけです。
    そして、手に入れるべき物は、ダウンロード版や正規の手順を踏まないバージョン等の物ではなくパッケージ版です。パッケージ以外の物では、ダウンロードする場所がなくなったりして再インストール等ができなくなるためです。
    できればパッケージ(箱)で形が残る形での入手をオススメします。

    • 匿名 より:

      2016以前のバージョンを使うにはどうすればいいですか

    • 喜多 笑 より:

      ワードを使う必要性に迫られ、自宅のパソコンにもワードを入れないと、と思いネット上をさまよい、辿り着きました。
      同感、そして納得。ありがとうございましたm(_ _)m。