大企業向けのマイクロソフトOffice

大企業

法人向けのマイクロソフトOfficeには一般法人向け(ユーザー数300人以下)のMicrosoft 365 Businessと大企業向け(ユーザー数無制限)のOffice 365(一部Microsoft 365)があります。

スポンサーリンク

共通機能

ユーザー数無制限の大企業向けのOfficeには以下のようなライセンスがあります。

これらに共通して共通して提供される主な機能は以下です。

  • Web版Office
  • Office Mobile
  • OneDrive for Business

Web版Office

Web版のOffice(旧称:Office Online)とはブラウザ上で動作するマイクロソフトOffice(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)です。

無料でも使えますが商用利用(仕事に使うこと)はできません。

Microsoft 365かOffice 365のライセンスがあれば商用利用できます。

Office Mobile

Office Mobileとはタブレットやスマホ向けのマイクロソフトOfficeです。

無料でも使えますが以下のような制限があります。

  • 商用利用はできない
  • 画面サイズが10.1インチを超える端末では編集できず閲覧のみ
  • 一部の編集機能が使えない

Microsoft 365かOffice 365のライセンスによってこれらの制限は解除されます。

OneDrive for Business

OneDriveとはマイクロソフトのオンラインストレージサービスです。

OneDrive for Businessとは法人向けのOneDriveです。

法人向けのOneDrive for Businessと個人向けのOneDriveの最大の違いはアカウントです。

個人向けはマイクロソフトアカウントを使いますが、法人向けは会社が発行する法人アカウント(メールアドレス)を使います。

また、OneDrive for Businessは共有フォルダへのアクセス権限をユーザー毎に細かく管理できます。

ライセンスの比較

Office
365 E1
Microsoft 365
Apps for enterprice
Office
365 E3
Office
365 E5
ユーザー月相当料金
(年間契約、税別)
870円 1,300円 2,170円 3,810円
Windows/Mac版
Office
×
OneDrive
for Business
1TB 無制限
Exchange Online 50GB × 100GB
Teams ×
Power BI Pro ×
電話システム ×

Office 365 E1

Office 365 E1にはWindows/Macで動作するOfficeが含まれないライセンスです。

以下のような場合におすすめです。

  • Windows/Mac版Officeのライセンス(PCプリインストールのOfficeや永続ライセンスのOffice 2019等)を既に持っている。
  • マイクロソフトのクラウドサービス(OneDrive、Exchange、Teams等)を使いたい。
  • Web版OfficeやOffice Mobileを使いたい。
Office 365 E1

Microsoft 365 Apps for enterprice

Microsoft 365 Apps for enterpriceはExchange Onlineが含まれないライセンスです。

以下のような場合におすすめです。

  • クラウドのシステム(メール、スケジュール調整、オンラインストレージ、ビジネスチャットなど)は既に持っている
  • マイクロソフトOffice(Windows/Mac版、Web版、Office Mobile)を使いたい。
Microsoft 365 Apps for enterprice

Office 365 E3

マイクロソフトOfficeとビジネスに必須のクラウドサービスをセットにしたのがOffice 365 E3です。

マイクロソフト以外のクラウドサービス(オンラインストレージ、メール、スケジュール調整、ビジネスチャットなど)を使うのに比べて以下のメリットがあります。

  • マイクロソフトOfficeとクラウドサービスを同じ契約で管理できる。
  • マイクロソフトOfficeとクラウドサービスで操作性が統一されているため学習コストが低い。
Office 365 E3

Office 365 E5

Office 365 E5はOffice 365 E3のすべての機能に主に以下が追加されています。

  • 社内の電話システム
  • ビジネスインテリジェンス(BI)ツール

TeamsやSkype for Businessで会社の電話を使えるのは特にテレワーク(在宅勤務)では便利です。

Office 365 E5

コメント