Office2007のサポート期限の終了にどう対応するか?

Office 2007

Office2007の延長サポート期限は2017年10月10日(火)となっており、既にサポート期限を過ぎています。

延長サポート期限を過ぎたOffice2007を使い続けるとどうなるのでしょうか。

また、マイクロソフトOfficeのサポート期限切れにはどう対応したらいいでしょうか。

サポート期限とサポート期限後に起こること

マイクロソフトOfficeのサポート期限とサポート期限後に何が起こるかについては以下の記事をどうぞ。

マイクロソフトOfficeのサポート期限

マイクロソフトOfficeは2年〜3年おきに新しいバージョンが発売されます。

そして事実上、古いバージョンのOfficeを使いつづけることはできません。

各バージョンの発売年とサポート期限 マイクロソフトOfficeの...

Office 2007の延長サポートは2017年10月10日(火)で既に終了しています。

もしいまだにOffice 2007を使っているのであれば早急な対応が必要です。

選択肢は大きく次の2つがあります。

  • サブスクリプションへの移行
  • 現行バージョンの永続ライセンスへの移行

サブスクリプションへの移行

サブスクリプションとは1年間(または1ヶ月間)単位でお金を払ってマイクロソフトOfficeを使う契約です。

このサブスクリプションはOffice 2007発売当初は存在しませんでしたが、2014年にサブスクリプション製品であるOffice 365 Soloが登場し、マイクロソフトOfficeではサブスクリプションが一般的になりました。

Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永...

サブスクリプションのOffice 365 Soloは2007や2016といった特定バージョンに依存せず、常に最新のマイクロソフトOfficeが使えます。

そのため、この記事で問題にしているようなサポート期限切れの問題がそもそも発生しません。

だからといって永続ライセンスより料金がとても高いわけでもなく、すべてのOfficeアプリが使えるため通常はOffice 365 Soloへの移行がおすすめです。

Office 365 Solo
マイクロソフト

永続ライセンスの現行バージョンへの移行

なんらかの事情でサブスクリプションを選択できない場合は、永続ライセンス(Office 2007と同じ買い切りタイプ)の現行バージョンへ移行することになります。

永続ライセンスの現行バージョンは2016です。

Office2016の価格

永続ライセンスのマイクロソフトOfficeの最新版はOffice 2016です。

サブスクリプションのOfficeに比べてどんな場合に価格メリットがあるでしょうか。

通常はサブスクリプションがお得 Office 365...

ただし、2018年中に永続ライセンスの次バージョンであるOffice 2019が発売される予定です。

Office 2019

Office 2019とはマイクロソフトOfficeの永続ライセンスの最新バージョンです。

ただ、マイクロソフトOfficeの主流は永続ライセンスからサブスクリプションに移行しています。

Office 2019で新機能と...

永続ライセンスの問題の1つはまさにこれなわけですが・・・・。

ちなみにOffice 2019の新機能はOffice 365 Soloでは既に使用可能になっています。

サブスクリプションのOffice 365 Soloなら常に最新のOfficeが使えるように更新されるためです。

Office Personal 2007からの移行

Office Personal 2007に相当する永続ライセンスの現行バージョンはOffice Personal 2016です。

Office Personal 2007Office Professional 2016
ExcelExcel 2007Excel 2016
WordWord 2007 Word 2016
OutlookOutlook 2007Outlook 2016

製品名が同じ「Personal」なのでわかりやすいです。

Office Personal 2016
マイクロソフト
Office Personal 2016の価格

Office Personal 2016はWindows版では最も安価なOfficeスイートで、「家庭向け」のエディションとされています。

また、安価なPCに搭載(プリインストール)されているOfficeのほとんどがこのPer...

Office Standard 2007からの移行

Office 2016に「Standard」という名のつくエディションはありません。

Standard 2007に一番近い永続ライセンスの現行バージョンはOffice Home and Business 2016です。

Office Personal 2007 Office Home and Business 2016
ExcelExcel 2007Excel 2016
WordWord 2007Word 2016
OutlookOutlook 2007 Outlook 2016
PowerPoint PowerPoint PowerPoint 2016
OneNote有料版OneNote2016

Office Home and Business 2016にはOffice Personal 2007で使えたExcel、Word、Outlookがすべて含まれます。

また、Office Personal 2007には含まれなかった有料版のOneNoteが含まれます。

OneNoteには無料版がありますが以下の制限があります。

  • 商用利用は不可(仕事に使うことはできない)
  • ノートの保存先がOneDriveのみ(社内サーバーなどには保存できない)

つまり、無料版のOneNoteは個人で使う分にはいいのですが、仕事に使うことはできません。

Office Home and Business 2016には仕事で使える有料版のOneNoteが含まれているということです。

Office Home and Business 2016
マイクロソフト

Office Professional 2007からの移行

Office Professional 2007に相当する現行エディションは同じ「Professional」の名がつくOffice Professional 2016です。

Office Professional 2007Office Professional 2016
ExcelExcel 2007Excel 2016
WordWord 2007Word 2016
OutlookOutlook 2007Outlook 2016
PowerPointPowerPoint 2007 PowerPoint 2016
OneNote有料版OneNote 2016
AccessAccess 2007Access 2016
PublisherPublisher 2007Publisher 2016

含まれるOfficeアプリはOneNote以外、全く同じです。

OneNoteについてはOffice Home and Business 2016と同様です。

Office Professional 2016
マイクロソフト

コメント