Office2016の価格

Office 2016

永続ライセンスのマイクロソフトOfficeの最新版はOffice 2016です。

サブスクリプションのOfficeに比べてどんな場合に価格メリットがあるでしょうか。

通常はサブスクリプションがお得

Office 365 Soloのようなサブスクリプションとは1年間、または1ヶ月間の使用料を支払ってマイクロソフトOfficeを使う契約のことです。

それに対してOffice 2016のような永続ライセンスとは1回だけお金を払ってマイクロソフトOfficeを買い切ることです。

通常、永続ライセンスのOffice 2016よりサブスクリプションのOffice 365 Soloのほうがお得です。

そのため、「普通の人」がOffice 2016の価格についてあれこれ悩む意味はほとんどなく、Office 365 Soloを契約したほうが幸せになれるかと思います。

特に以下に当てはまるならさらにお得です。

  • 3台以上のデバイス(Windows/Mac/iOS/Android)で使う
  • WindowsとMacの両方で使う
  • 大容量のオンラインストレージも必要
  • iOSで使う
  • Androidで使う
  • 特定バージョン(2016や2019など)に縛られず常に最新Officeを使いたい
  • Officeの代金を一括払いしたくない

Office 365 SoloにはOffice 2016のすべての機能はもちろん、2018年後半に発売予定のOffice 2019の機能も含まれています。

Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永...

Windows版のOffice 2016の価格

Windows版ではOffice 365 SoloよりOffice 2016のほうが安くなるケースがあるでしょうか。

表中で「費用(x年)」としているのは年払いのOffice 365 Soloと価格を比較するためです。

最長3年なのはマイクロソフトOfficeは2〜3年で新しいバージョンが発売されるためです。

Office
365 Solo
Office
Personal
Office Home
and Business
Office
Professional
Office
アカデミック版
ライセンス サブスクリプション 永続
価格(1年) 12,744円 30,575円 35,705円 61,355円 27,508円
価格(2年) 25,488円
価格(3年) 38,232円
バージョン 常に最新 2016固定
購入制限 無し Prime Student
会員のみ
インストール
可能台数
無制限
(2018/10/1までは2台)
最大2台までのPC
Excel
Word
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
OneDrive 1TB
Macで使う
iOS/Android
フル機能

学生なら永続ライセンスが得なのか?

上の表のまず目につくのはOffice 2016 アカデミック版の価格だと思います。

アカデミック版とは学生または教職員(実際にはPrime Student会員)だけが購入できる特別価格のOffice 2016です。

Prime Studentとは?

マイクロソフトOfficeは数万円が必要な高価なソフトです。

仕事でお金を稼ぐために使うのであれば数万円などまったく問題になりませんが、学生が勉強のために使うにはちょっと高いです。

Prime Student会員ならアカ...

PowerPointもAccessもPublisherも使えるアカデミック版の価格はサブスクリプションに比べても十分お得に見えると思います。

Office Professional 2016 アカデミック版
マイクロソフト
59,800円27,508円
Prime Student会員限定 | Windows

しかし、本当にそうでしょうか?

学生のOffice購入については長くなりますので、以下の記事をどうぞ。

Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?

Office 365 Soloを購入した時、興味本位でアカデミック版の価格を調べました。

私にはアカデミック版の購入資格はないのですが、もし学生だったらどれくらいの価格で買えるのかと気になったからです。

アカデミック版は...

ExcelとWordだけをWindowsだけで使うなら

ExcelとWordだけが使えればいい。

バージョンもこだわならないから2016のままでいい。

Windowsでしか使わない。

スマホやタブレットでは使わない。

そんなミニマリストの方はOffice Personal 2016にすれば3年で7,657円節約できます。

Office Personal 2016
マイクロソフト
32,184円(税込)
Office Personal 2016の価格

Office Personal 2016はWindows版では最も安価なOfficeスイートで、「家庭向け」のエディションとされています。

また、安価なPCに搭載(プリインストール)されているOfficeのほとんどがこのPer...

仕事でPowerPointも使うならサブスクリプションがいいのでは?

仕事などでPowerPointも使うならOffice Home and Business 2016が必要となります。

Office Home and Business 2016
マイクロソフト
37,584円(税込)

しかし、サブスクリプションとの差は3年でわずか2,527円しかありません。

価格以外のサブスクリプションのメリットも考えればOffice Home and Business 2016よりOffice 365 Soloのほうがいいのではないでしょうか。

Office 365 Solo
マイクロソフト

Office Professional 2016を選択するしかない会社

上の表を見る限り、サブスクリプションより遥かに高価なOffice Professional 2016を選ぶメリットはまったくないように見えます。

ただ、一般人にはデメリットとしか思えないことがメリットになる会社はあるようです。

  • 社員のOfficeのバージョンを2016固定にできる。
  • インターネットに接続しなくても使える。

そうした会社でAccessやPublisherが必要となればOffice Professional 2016なのでしょう。

Office Professional 2016
マイクロソフト
64,584円(税込)

Mac版のOffice 2016の価格

もしMacとWindowsの両方でOfficeを使うなら前述の通り、サブスクリプションが圧倒的にお得です。

では、MacだけでOfficeを使うならどうでしょうか。

Office
365 Solo
Office Home
and Student
for Mac
Office Home
and Business
for Mac
Office for Mac
アカデミック版
ライセンス サブスクリプション 永続
価格(1年)12,744円24,419円35,705円16,800円
価格(2年)25,488円24,419円35,705円16,800円
価格(3年)38,232円24,419円35,705円16,800円
購入制限 無し Prime Student
会員のみ
バージョン 常に最新 2016固定
商用利用
インストール
可能台数
無制限
(2018/10/1までは2台)
最大2台までのMac
Excel
Word
PowerPoint
OneNote
Outlook
OneDrive 1TB
Windowsで使う
iOS/Android
フル機能

Macのアカデミック版は1万円台ですが

思わず飛びつきそうな価格ですが学生のOffice購入については、前述のWindows版と同様、以下の記事をどうぞ。

Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?

Office 365 Soloを購入した時、興味本位でアカデミック版の価格を調べました。

私にはアカデミック版の購入資格はないのですが、もし学生だったらどれくらいの価格で買えるのかと気になったからです。

アカデミック版は...

学生以外で商用利用しない人

商用利用とは仕事に使うことです。

アカデミック版はWidows版も含めもちろん商用利用できませんが、Office for Macには学生でなくても購入できる商用利用不可能なエディションがあります(Windows版では該当するエディションは日本では売られていません)。

Office Home and Student 2016 for Macです。

商用利用ができない分、価格が安くなっています。

Office Home and Student 2016 for Macはサブスクリプションより3年で13,813円節約できます。

Office Home and Student 2016 for Mac
マイクロソフト
25,704円(税込)

仕事で使うなら2択

Office for Macを仕事に使うなら以下の2択です(正確には法人向けOffice 365もありますがこの記事では省きます)。

  • Office Home and Business 2016 for Mac
  • Office 365 Solo
Office Home and Business 2016 for Mac
マイクロソフト
37,584円(税込)

アカデミック版はもちろん、Office Home and Student 2016 for Macも商用利用ができないからです。

そして、Office 365 Soloを3年使ってもOffice Home and Business 2016 for Macよりわずか2,527円高いだけです。

Windows版と同じ話になりますが、価格以外のサブスクリプションのメリットも考えればOffice 365 Soloのほうがいいのではないでしょうか。

Office 365 Solo
マイクロソフト

コメント

  1. 匿名 より:

    うーーーーん

    いまどきexcelとか使ってるか?

    表計算必要ならexcelの必要ないし。ロータス123を買い取って作った50年物のソフトに何の価値が?

    データベース使わないのか?
    ACCESSじゃないぞ。

    すげー古い人?

  2. 匿名 より:

    言いがかりにしてももう少し勉強しましょう。
    Excelは123を買い取ったものじゃないし。買ったのはIBMだし。
    OpenOfficeやLibreOfficeは、無料ではあっても互換性に劣るのでトータルコストはExcelの勝ち。現役だし。

    Accessの中身はSQLServerですのでデータベースですよ?

  3. 匿名 より:

    Excelとデータベースって別物ですよね。
    特殊な仕事をされているのか知らないけど
    視野が狭い印象を受けました。
    色んな仕事があり、Excelはその使われ方に
    答えてきたというのが実状ですね。

  4. 匿名 より:

    Excelは表計算
    Accessはデータベース使われ方が違う