Office2019の価格

永続ライセンスのマイクロソフトOfficeの最新版はOffice 2019です。

永続ライセンスのOffice 2019はサブスクリプションのOfficeに比べてどんなメリットがあるでしょうか。

スポンサーリンク

価格の比較

以下の表中で「費用(x年)」としているのは年払いのOffice 365 Soloと価格を比較するためです。

Office
Personal
2019
Office
Home and
Student 2019
for Mac
Office Home
and Business
2019
Office
Professional
Office
365 Solo
ライセンス 永続 サブスクリプション
価格(1年) 32,184円 25,704円 35,584円 64,584円 12,744円
価格(2年) 25,488円
価格(3年) 38,232円
価格(4年) 50,976円
Windows 10
Windows 8.1 / 7
Windows Server
Mac
iOS / Android
バージョン 2019固定 常に最新
Excel
Word
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher

(Windowsのみ)
OneDrive 1TB
SkypeOut 60分

Office 365が必要なケース

Office 365とはサブスクリプションのOfficeです。

サブスクリプションとは年間使用料を支払ってマイクロソフトOfficeを使う契約のことです。

それに対してOffice 2019のような永続ライセンスとは1回だけお金を払ってマイクロソフトOfficeを買い切ることです。

以下のいずれかにあてはまる場合、永続ライセンスではなくサブスクリプションのOffice(一般向けはOffice 365 Solo)が必要です。

  • Windows 8.1 / 7、Windows Serverで使う
  • 3台以上にインストールする(ただし、ログインは5台まで)
  • 1TBのOneDriveが必要
  • iOS / Androidで使う
  • Access / Publisherを安く使いたい
  • 常に最新Officeを使いたい
Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

Office Professional 2019が必要な会社

上の表を見る限り、4年間のサブスクリプションより高くつくOffice Professional 2019を選ぶメリットはまったくないように見えます。

しかし、AccessかPublisherが必要で、かつ以下を希望する会社は結構あるようです。

  • 社員のOfficeのバージョンを2019に固定したい
  • インターネットに接続したくない
Office Professional 2019
マイクロソフト
Excel / Word / Outlook / PowerPoint / Access / Publisher
2台までのWindows PCで利用可能

Macだけで使うなら

Macでしか使わないならOffice Home and Student 2019 for Macがかなりお得です。

PowerPointも含まれていますし。

Office Home and Student 2019 for Mac
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint
2台までのMacで利用可能

ただし、Outlookは含まれないため、Outlookが必要ならOffice Home and Business 2019が必要になります。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

WindowsとMacの両方で使うなら

WindowsとMacの両方でマイクロソフトを使う場合、Office 2016まではWindows版の永続ライセンスとMac版の永続ライセンスを両方購入するか、サブスクリプションのOffice 365を契約する必要がありました。

しかし、2019では永続ライセンスのOffice Home and Business 2019がWindowsとMacの両方に対応しています。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

WindowsはPowerPointの有無で選択

Windowsの場合、PowerPointが不要ならOffice Personal 2019。

Office Personal 2019
マイクロソフト
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能

PowerPointが必要ならOffice Home and Business 2019です。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

コメント

  1. 匿名 より:

    うーーーーん

    いまどきexcelとか使ってるか?

    表計算必要ならexcelの必要ないし。ロータス123を買い取って作った50年物のソフトに何の価値が?

    データベース使わないのか?
    ACCESSじゃないぞ。

    すげー古い人?

  2. 匿名 より:

    言いがかりにしてももう少し勉強しましょう。
    Excelは123を買い取ったものじゃないし。買ったのはIBMだし。
    OpenOfficeやLibreOfficeは、無料ではあっても互換性に劣るのでトータルコストはExcelの勝ち。現役だし。

    Accessの中身はSQLServerですのでデータベースですよ?

  3. 匿名 より:

    Excelとデータベースって別物ですよね。
    特殊な仕事をされているのか知らないけど
    視野が狭い印象を受けました。
    色んな仕事があり、Excelはその使われ方に
    答えてきたというのが実状ですね。

  4. 匿名 より:

    Excelは表計算
    Accessはデータベース使われ方が違う

  5. 匿名 より:

    365 Soloを使っているが2016に切り替えようか迷っている。
    バージョンアップせずに3年以上使えないのかな?
    PCを買い換える予定もあるし、長い目で見ると結構いい勝負?

  6. 匿名 より:

    サブスクリプション版は将来的に値上げされる危険がある、ということを見落としていますね。
    アドビもそうですが、永続ライセンスを廃止してサブスクリプションを推進する最大の理由がそこにあります。

    競合ソフトが駆逐されたあとは、月額料金を値上げされてもユーザーは支払いを続けざるを得ません。
    永続ライセンスなら出費は一切増えませんが、サブスクリプション版は青天井に出費が増える恐れがあります。

    メーカーが、「あ、もうちょっとお金がほしいな」と思うだけで簡単に値上げでき、ユーザーは支払うしかないのです。
    そこには、需給に基づく価格調整などは存在しないのです。

  7. 匿名 より:

    やはり余程の理由がない限り、今までと同様の使用方法であれば永続版(マイクロソフトが面倒みなくなるまで)の方が安価で済むという
    ことですね。