Office 2019に備える

Office 2019

Office 2019とは2018年下半期にリリースされる予定のマイクロソフトOfficeです。

リリーススケジュール

  • 2018年の下半期にリリース
  • アプリとサーバーのプレビュー版は2018年の第2四半期に出荷開始

動作環境

Office 2019のアプリは以下の環境でサポートされます。

  • Windows 10 SAC
  • Windows 10 Enterprise LTSC
  • Windows Serverの次期LTSC版

Windows 8もWindows 7もサポートされません。

MSIは提供されない

Office 2019のクライアントアプリはClick-to-Runでのみ提供され、MSIのインストーラは提供されません。

ただし、Officeサーバー製品のMSIは引き続き提供されます。

延長サポートは2年のみ

通常、マイクロソフトOfficeには最低5年間のメインストリームサポートと同じく最低5年間の延長サポートが提供されます(詳細は以下の記事をどうぞ)。

Office2007の延長サポート期限は2017年10月10日(火)となっており、既にサポート期限を過ぎています。 延長サポー...

しかし、Office 2019はその例外で延長サポートは2年間となります。

これはOffice 2016の延長サポート終了である2025年10月14日に合わせるためとされています。

永続ライセンス

マイクロソフトOfficeには永続ライセンス、購読型、プレインストール型の3つのライセンス形態があります。

永続ライセンス購読型プレインストール型
製品Office 2019
Office 2016
Office 365 SoloOffice Premiumプラス
Office 365サービス
使用可能パソコン自由自由プレインストールされた
PCのみ
使用期限永久1年間PCが壊れるまで
次バージョンへの
アップデート
Mac
iOS / Android1年間のみ

2018年下半期にリリースされるOffice 2019は永続ライセンスです。

永続ライセンスがリリース後、いずれ購読型のOffice 365 Soloでも購読型のOffice 2019が使えるようになり、プレインストール型のOffice 2019のパソコンが出荷されることになると思います。

Office 2019に備えるなら購読型のOffice 365 Solo

購読型とは永続ライセンスのようにマイクロソフトOfficeの特定バージョンを「買い切る」のではなく、最新のマイクロソフトOfficeを使うための年間契約です。

現在、購読型のOffice 365 Soloで使えるマイクロソフトOfficeのバージョンは2016ですが、いずれOffice 2019が使えるようになってもバージョンアップ費用は発生しません。

「最新のマイクロソフトOfficeが使える契約」のためです。

また、Office 365 SoloにはiOSとAndroidでも使えるメリットがあります。

会社の事務所でExcelやWordを使っていると出先でもExcelやWordのファイルを編集する必要が出る場合があります。 そ...
Office Mobileとはタブレットやスマホなど画面サイズの小さい端末向けに最適化されたマイクロソフトOfficeです。 ...

そのため、今のタイミングでマイクロソフトOfficeの導入を検討しているのであれば購読型のOffice 365 Soloを選択して、Office 2019に備えるのがおすすめです。

コメント

  1. 匿名 より:

    永続ライセンスの使用期限、間違ってませんか?

  2. 管理人 より:

    永続ライセンスとプレインストール型の使用期限が逆になっていました。
    訂正致しました。

  3. 匿名 より:

    プレインストール型の次バージョンへのアップデートの部分×なのでしょうか?
    以前の記事では○になっていますが。
    https://office-word-excel.com/office-premium