Office 2019

Office 2019

Office 2019とはマイクロソフトOffice 2016の次バージョンです。

永続ライセンス

マイクロソフトOfficeには永続ライセンス、サブスクリプション、プレインストールの3つのライセンス形態があります。

永続ライセンス サブスクリプション プレインストール
使用可能PC 最大2台 無制限
(2018/10/1までは最大2台)
プレインストールされた
PCのみ
使用期限 永久 1年間 PCが壊れるまで
機能追加
製品例 Office 2019 Office 365 Solo プレインストール版
Office2019

Office 2019は永続ライセンスです。

新機能

Office 2019にOffice 2016から追加された新機能は以下です。

  • ペンの筆圧・傾き検知
  • Excelのグラフ、関数追加
  • PowerPointの効果追加

ただ、これらの機能は前述のサブスクリプションのOffice 365 Soloには既に含まれています。

契約期間中であればあれば新機能が随時追加されるのがサブスクリプションの強みです。

Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永...

発売日

2018年後半とされています。

既に9月ですが・・・

続報待ちですね。

Windows 10以降のOSが必要

Office 2019のシステム要件は以下のようになっています。

  • Windows 10 SAC
  • Windows 10 Enterprise LTSC
  • Windows Server 2019

つまり、Office 2019が使えるのはWindows 10以降のOSのみです。

Windows 8でWindows 7もサポートされないため、Office 2019を使うためにはWindows 10へ移行する必要があります。

Windows 10へのUpgrade
2017年4月11日にWindows Vistaの延長サポートが終了し、Vistaは事実上使えないWindowsとなりました。 サポート終了によりセキュリティパッチの提供がなくなるのですから遅かれ早かれウイルスの餌食にな

MSIは提供されない

Office 2019のクライアントアプリはClick-to-Runでのみ提供され、MSIのインストーラは提供されません。

ただし、Officeサーバー製品のMSIは引き続き提供されます。

Click-to-Runとは以下のような技術です。

  • ネットからダウンロードしながらインストールする
  • インストールの完了前にOfficeを使える
  • 最初のインストールから最新状態となり、自動的に最新状態に更新される

延長サポートは2年のみ

通常、マイクロソフトOfficeには最低5年間のメインストリームサポートと同じく最低5年間の延長サポートが提供されます(詳細は以下の記事をどうぞ)。

マイクロソフトOfficeのサポート期限

マイクロソフトOfficeは2年〜3年おきに新しいバージョンが発売されます。

そして事実上、古いバージョンのOfficeを使いつづけることはできません。

各バージョンの発売年とサポート期限 マイクロソフトOfficeの...

しかし、Office 2019はその例外で延長サポートは2年間となります。

これはOffice 2016の延長サポート終了である2025年10月14日に合わせるためとされています。

Office 2016から10%の値上げ

Office 2019の価格は現行の2016から10%程度の値上げになるとされています。

最終的な価格は9月に発表とのことですが、現行から単純に10%増しの価格を計算すると以下のようになりますね。

Office 2016
価格
Office 2019
予想価格
Office Professional 61,355円 67,491円
Office Home and Business 35,705円 39,276円
Office Personal 30,575円 33,633円

コマーシャルプレビュー

既にOffice 2019のコマーシャルプレビューが公開されています。

コマーシャルプレビューとは永続ライセンス版Officeの導入を予定している組織向けのテスト版です。

Office 2019 Commercial Preview プログラムに参加する方法

そもそもOffice 2019は必要なのか?

ただ、前述のようにOffice 2019の新機能は既にOffice 365 Soloで使えるため、単純に新機能を試すだけならそちらのほうが簡単です。

Office 365 Solo
マイクロソフト

そう言われると「そもそも永続ライセンスのOffice 2019を選択する意義ってあるの?」と思われるのではないでしょうか。

そう思われたなら以下の記事をどうぞ。

Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永...

コメント

  1. 匿名 より:

    永続ライセンスの使用期限、間違ってませんか?

  2. 管理人 より:

    永続ライセンスとプレインストール型の使用期限が逆になっていました。
    訂正致しました。

  3. 匿名 より:

    プレインストール型の次バージョンへのアップデートの部分×なのでしょうか?
    以前の記事では○になっていますが。
    https://office-word-excel.com/office-premium