Office 2021

発売日

永続ライセンスのOffice 2021は2021年10月5日に発売予定です。

10月5日には同時にWindows 11も発売されます。

スポンサーリンク

Office 2021のメリット

Office 2021のメリットはズバリ「永続ライセンス(Office Perpetual)」であることです。

マイクロソフトOfficeには大きく永続ライセンスとサブスクリプションがあります。

永続ライセンス サブスクリプション
製品名 Office XXXX(西暦4桁)Microsoft 365
料金 買い切り 毎年支払い
使用期限 永久
(実際にはサポート終了まで)
1年間
新機能 追加されない 随時追加
ネット接続 不要 必須

永続ライセンスの最大のメリットはコストパフォーマンスです。

サブスクリプションは毎年利用料金の支払いが必要なため、永続ライセンスよりコストがかかります。

マイクロソフトOfficeを安く使いたいなら永続ライセンスなのです。

そのため、Office 2021が未発売だからと言ってサブスクリプションのMicrosoft 365を契約すると結局高くつくことになります。

延長サポートがない

Office 2021のサポート期間はメインストリームサポートの5年のみです。

延長サポートがない分、従来の永続ライセンスよりサポート期間が短縮されています。

そのため、2026年後半にはサポートが終了してしまいます。

現行バージョンであるOffice 2019のサポート終了が2025年10月14日ですから、使える期間の差はわずか1年しかありません。

そのため、Office 2021の発売前にマイクロソフトOfficeが必要で、かつ毎年支払いが必要なMicrosoft 365を避けたいのであればOffice 2019がおすすめです。

マイクロソフト
38,284円
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

32bit版も引き続きサポート

インテル(Windowsの主力CPU)版のマイクロソフトOfficeにはさらに64bit版と32bit版があります。

インストーラーがPCに合致するほうを判断してインストールするため、通常はユーザーが意識することはありませんが、「Officeアドイン」を使っている会社にとっては大問題でです。

32bitで開発されたOfficeアドインは64bit版Officeでは使えないためです。

Office 2021で32bit版が引き続きサポートされることで、32bitのOfficeアドインを延命させられます(本来はアドインを64bitに移植するのがいいのでしょうが……)。

スポンサーリンク

OneNoteが含まれる

OneNoteとはマイクロソフトのデジタルノートアプリです。

Office 2016まではOneNote 2016としてOfficeスイートに含まれていたのですが、Office 2019の発売時には含まれませんでした。

OneNote 2016は無料化され、さらにOneNote for Windows 10が登場するなど迷走を続けた挙げ句、Office 2021には再びOneNoteが含まれることになりました。

新機能

Office 2021には主に以下のような機能が追加されています。

Excel

 

Word

 

PowerPoint

 

Outlook

 

コメント