永続ライセンスのOffice2021

Office 2021

永続ライセンスのメリット

Office 2021のメリットはズバリ「永続ライセンス(Office Perpetual)」であることです。

マイクロソフトOfficeには大きく3つのライセンス形態があります。

  • 永続ライセンス
  • サブスクリプション
  • プレインストール
永続ライセンス サブスクリプション プレインストール
製品名 Office XXXX(西暦4桁)Microsoft 365
料金 買い切り 毎年支払い PC価格に含まれる
使用期限 永久
(実際にはサポート終了まで)
1年間 PCが壊れるまで
(実際にはサポート終了まで)
新機能 追加されない 随時追加 追加されない

製品名に西暦4桁の数字がつくOffice 2021は永続ライセンスです。

永続ライセンスの最大のメリットはコストパフォーマンスです。

サブスクリプションは毎年利用料金の支払いが必要なため、永続ライセンスやプレインストール(PCに付属されるOffice)よりコストがかかります。

マイクロソフトOfficeを安く使いたいなら永続ライセンスかプレインストールなのです。

無償アップグレードはできない

Office 2019やOffice 2016からOffice 2021への無償アップグレードというのはありません。

また、サブスクリプションのMicrosoft 365には随時、新機能が追加されますが永続ライセンスのOffice 2021には追加されません。

ただ、毎年料金を払い続けるMicrosoft 365への新機能追加はある意味当然といえます。

また、いつの間にか新しい機能が増えることは、いつの間にか操作方法が少し変わることでもあります。

毎年料金を払い続けてもいいから新機能をいち早く使いたい、という人にはサブスクリプションのMicrosoft 365がいいんでしょうが……

スポンサーリンク

対応OS

Office 2021はWindowsとMacの以下のバージョンをサポートします。

  • Windows 11
  • Windows 10
  • macOS 12 (Monterey)
  • macOS 11 (Big Sur)
  • macOS 10.15 (Catalina)

サポート期限

Office 2021のメインストームサポート期限は2026年10月13日で延長サポートはありません。

Office 2019(Office 2021の1つ前のバージョン)までは5年間のメインストリームサポートと5年間の延長サポートがあり、トータルのサポート期間は10年間でした。

しかし、Office 2021のサポート期間はメインストリームサポートの5年のみです。

延長サポートがない分、従来の永続ライセンスよりサポート期間が短縮されています。

Office 2019のサポート終了が2025年10月14日ですからOffice 2019の(延長)サポート終了後、1年でOffice 2021がサポート終了を迎えることになります。

Office 2021のサポートスケジュール

32bit版も引き続きサポート

Office 2021と同日にリリースされたWindows 11は64bit OSのみのサポートとなり、32bit OSのサポートは切り捨てられました(32bitアプリはWindows 11でもサポートされています)。

(インテル版の)マイクロソフトOfficeにも64bit版と32bit版がありますが、Office 2021では32bit版も引き続きサポートされています。

インストーラーがPCに合致するほうを判断してインストールするため、通常はユーザーが意識することはありませんが、「Officeアドイン」を使っている会社にとっては大問題でです。

32bitで開発されたOfficeアドインは64bit版Officeでは使えないためです。

Office 2021で32bit版が引き続きサポートされることで、32bitのOfficeアドインを延命させられます(本来はアドインを64bitに移植するのがいいのでしょうが……)。

スポンサーリンク

新機能

Office 2021には主に以下のような機能が追加されています。

新機能
Word
Excel
PowerPoint
Outlook

WordやExcelの単体購入も可能

WordやExcelといったOffice 2021アプリは単体購入も可能ですが、複数のアプリを購入するなら後述のOfficeスイートのほうがお得です。

Office 2021アプリ Mac対応 Officeスイート
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Access
Publisher
Project
Visio

Access、Publisher、Project、VisioはWindows専用でMacには対応していません。

また、ProjectとVisioを含むOfficeスイートはありません。

OneNoteが含まれる

OneNoteとはマイクロソフトのデジタルノートアプリです。

Office 2016まではOneNote 2016としてOfficeスイートに含まれていたのですが、2016の次のバージョンであるOffice 2019には含まれていませんでした。

OneNote 2016は無料化され、さらにOneNote for Windows 10が登場するなど迷走を続けた挙げ句、Office 2021には再びOneNoteが含まれています。

スポンサーリンク

Officeスイートの価格

Officeスイートとは複数のOfficeアプリをセットにした製品です。

複数のOfficeアプリを組み合わせて使うのが一般的なため、Officeアプリ単体でなくOfficeスイートを購入するほうが多いかと思います。

Macだけで使うなら

Macでしか使わないならOffice Home & Student 2021 for Macがかなりお得です。

PowerPointも含まれていますし。

Office Home & Student 2021 for Mac
お得な永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint
2台までのMacで利用可能

ただし、Outlookは含まれないため、Outlookが必要ならOffice Home & Business 2021が必要になります。

Office Home & Business 2021
お得な永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

WindowsとMacの両方で使うなら

WindowsとMacの両方でマイクロソフトを使う場合はOffice Home & Business 2021がWindowsとMacの両方に対応しています。

Office Home & Business 2021
お得な永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

WindowsはPowerPoint、Access、Publisherの必要性で選択

Windowsの場合、PowerPointが不要ならOffice Personal 2021。

Office Personal 2021
お得な永続ライセンス
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能

PowerPointが必要ならOffice Home & Business 2021です。

Office Home & Business 2021
お得な永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

AccessかPublisherが必要ならOffice Professional 2021です。

Office Professional 2021
お得な永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher
2台までのWindows PCで利用可能
スポンサーリンク

アカデミック版

アカデミック版とは学生や教職員が購入できるOffice 2021です。

商用利用できないため、通常版に比べて安価に購入できます。

Office 2021搭載パソコン

Surface Pro 8
Office Home & Business 2021 / Windows 11 / 90日間無償テクニカルサポート / 60日間返品無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました