Officeの32bit版と64bit版

マイクロソフトOffice(のインテル版)には32bit版と64bit版があります。

スポンサーリンク

Windowsとの関係

Windowsにも32bit版と64bit版があり、マイクロソフトOfficeの32bit版と64bit版との関係は以下のようになっています。

Windows
64bit 32bit
Office 64bit ×
32bit

上の表からは64bit版Officeは32bit版Windowsでは使えない、32bit版Officeは32bit/64bitどちらのWindowsでも使えることがわかります。

Officeのインストーラーは特に指定しなければ64bit版Windowsなら64版Officeを、32bit版Windowsなら32bit版Officeをインストールします。

一見、何の問題もないような話です。

しかし、64bit版Windowsで32bit版Officeを使う選択肢はありなのです。

32bitより64bitが速いわけではない

64bit版Widows(インテル版)で32bit版Officeと64bit版Officeではどちらが速いでしょうか。

数字が大きい64bitのほうが速いと誤解している人が多そうですが、違います。

インテルCPUでは32bitアプリと64bitアプリの実行速度は基本的に同じです。

正確には32bitアプリのほうがメモリアクセスが少ない分だけ、64bitアプリよりわずかに速くなります。

ただ、Windowsのメモリが充分な状況ではその差は体感できません。

しかし、Windowsはメモリが足らなくなるとメモリの内容をストレージ(SSDやHDD)に保存することでメモリをやりくりします。

それが頻繁に起こるとWindowsが一気に遅くなります(「スラッシング」と呼ばれます)。

そして、64bitアプリは32bitアプリよりもサイズが大きいため、メモリが少ない状況ではスラッシングを起こしやすくなります。

つまり、64bit版Officeが32bit版より速いということはなく、メモリが少ない状況ではむしろ32bit版のほうが速いのです。

Office 2016までは32bit版が標準だった

そういう話であれば、64bit版Windowsでも32bit版Officeがインストールされるほうがいいのでは?

と思われるのではないでしょうか。

実際、Officeの開発元であるマイクロソフトもそう考えていたようです。

Officeに64bit版と32bit版の両方が提供されるようになったのはOffice 2010からですが、Office 2010もOffice 2013もOffice 2016も特に指定しなければ64bit版Windowsであっても32bit版Officeがインストールされていたからです。

標準で64bit版がインストールされるようになったのはOffice 2019からです。

64bit版Officeの意義

ではなぜ、64bit版Officeが標準になったのでしょうか。

32bit版アプリで扱えるメモリ空間には2GBの制約があるのですが、64bit版にはありません。

しかしですよ、WordやExcelのようなOfficeアプリにそこまで膨大なメモリが必要でしょうか。

ただ将来的に64bit版に一本化し、32bit版を辞めるなら(マイクロソフトの)開発負担の軽減という意義はあります。

ちなみに32bit版WindowsのOEM提供は既に終了しています(リテール販売はまだされています)。

問題はOfficeアドイン

Officeアドインとはユーザーやサードパーティが開発したマイクロソフトOfficeの拡張プログラムです。

アドインは昔は32bitとして開発されることが多かったのですが、64bitで開発されるアドインが増えてきています。

そして、32bit版アドインは32bit版Officeでしか使えず、64bit版アドインも64bit版Officeでしか使えません。

アドインはVBAのように非プログラマーが開発できるようなものではなく、専門技術が必要です。

そのため、32bitのアドイン資産を64bitに移行するのは難しい場合があります。

そうした場合は、アドインのために32bit版Officeを選択するしかありません。

64bit版Widowsにわざわざ32bit版Officeをインストールするのは気持ち悪いと感じるかもしれませんが、前述の通り全く問題ないどころかむしろ(メモリが少ない状況では)パフォーマンスがいい場合すらあります。

コメント