Office 365 BusinessとOffice 365 Solo

サブスクリプション型のOffice 365には大きく個人向けのプランと法人向けのプランがあります。

個人向けのプランは現在、Office 365 Soloのみです。

それに対し、法人向けにはBusiness、ProPlus、Education、Education PLUS for Students、、、、と多様なプランが提供されています。

法人向けプランの中でもOffice 365 BusinessはOffice 365 Soloと機能・料金が拮抗してします。

そのため、個人事業主の場合、Office 365 BusinessかOffice 365 Soloで迷うことがあると思います。

スポンサーリンク

Office 365 BusinessとOffice 365 Soloの比較

Office 365 BusinessとSoloとの最も大きな違いは法人向けか、個人向けかという点です。

それだけ聞くと売り方だけの違いのように思えます。

実際、法人向けのBusinessは販売代理店、個人向けのSoloはマイクロソフトストアでの購入が多いと思います。

しかし、それ以外にも違いがあります。

Office 365
Solo
Office 365
Business
Office 365
Business
Premium
Office 365
Business
Essentials
年間料金(税込み) 12,744円 11,664円
/ ユーザー
17,627円
/ ユーザー
6,998円
/ ユーザー
対象ユーザー 個人 法人
利用人数 1人 1〜300人
インストール可能台数 無制限
(ログインは5台まで)
最大5台/ユーザー
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Publisher
Access
Office Online
商用利用権
オンラインストレージ OneDrive OneDrive for Business
Exchange
SharePoint
Teams
Skype無料通話 60分/月
Microsoftアカウント 既存 専用
Office 365 Solo
マイクロソフト
Office 365 Businessなど法人・個人事業主向けOffice

Office Onlineを商用利用できる

Office Onlineとはブラウザ上で無料で使えるマイクロソフトOfficeなのですが、通常は商用利用ができません。

しかし、Office 365 BusinessのライセンスがあればOffice Onlineを商用利用することができます。

いろいろなパソコンで仕事をするのであれば、インストール不要なOffice Onlineの商用利用できることが大きなメリットになる場合があります。

スポンサーリンク

既存のMicrosoftアカウトと紐付けできない

個人向けのSoloを契約すると現在のMicrosoftアカウントでOfficeがインストールでき、今まで使っていたOneDriveの容量が1TB増えます。

とても簡単で迷うところは何もありません。

しかし、法人向けのOffice 365は既存のMicrosoftアカウントに紐付けできません。

Businessを契約すると@xxx.onmicrosoft.com 形式のドメインが発行されます。

xxx の部分が法人を識別します。

そして従業員毎に yyy@xxx.onmicrosoft.com 形式のメールアドレスが発行されます。

yyyの部分が従業員を識別します。

このメールアドレスで法人向けOffice 365サイト(Office 365 Soloのサイトとは別です)にログインし、Officeをインストールします。

OneDrive for BusinessもMicrosoftでログインするOneDriveとは名前が似ているだけで全くの別ものであり、OneDriveからのデータ移行が必要なら自力でやるしかありません。

ユーザーインターフェイスも別物でOneDrive for BusinessよりOneDriveのほうが洗練されています。

スポンサーリンク

ExchageやSharePointを使うか

Office 365 Businessが法人向け、Office 365 Soloが個人向けとはなっているものの実際にはOffice 365のExchageサーバーやSharePointサーバーを使うか否かが、BusinessとSoloの選択のキーになるかと思います。

既にExchageサーバーやSharePointサーバーを運用している、またはそもそも使わないのであれば、以下の点でSoloのほうが有利です。

  • 既存のMicrosoftアカウントを使える
  • for BusinessでないOneDriveが使える
  • インストール台数に制限がない(ただし、同時にログインできるのは5台まで)
  • Skypeの無料通話がある
Office 365 Solo
マイクロソフト

コメント

  1. かわしー より:

    既にご存知かもしれませんが、AccessはすでにOffice 365 Businessで利用できるため更新されるとよいと思います。

    参考HP
    https://products.office.com/ja-jp/compare-all-microsoft-office-products?tab=2
    もしアクセスパスが変わってしまっていたなら以下でお願いします。
    https://products.office.com/ja-JP/
    -「一般法人向け」の画像リンクをクリック
    -「プランと価格を見る」の画像リンクをクリック
    Office 365 Businessの含まれる Office アプリケーションに「Access (PC のみ)」が追加されてます。