Microsoft 365 Business Basic / Standard / Premium

Microsoft 365 BusinessとはマイクロソフトOfficeと関連サービスの一般法人(ユーザー数300人以下)向けのサブスクリプション(年間、または月間利用料で使う契約)です。

スポンサーリンク

Microsoft 365 Businessのプラン

Microsoft 365 Businessには4つのプランがあります。

  • Microsoft 365 Business Basic (旧称 Office 365 Business Essentials)
  • Microsoft 365 Apps for business (旧称 Office 365 Business)
  • Microsoft 365 Business Standard (旧称 Office 365 Business Premium)
  • Microsoft 365 Business Premium (旧称 Microsoft 365 Business)
Microsoft 365
Business
Basic
Apps for
business
Business
Standard
Business
Premium
月相当料金
(年間契約・税別)
540円 900円 1,360円 2,180円
Windows /
Macアプリ
Excel
Word
Outlook
PowerPoint
×
Windows
アプリ
Access
Publisher
×
Office OnlineExcel
Word
PowerPoint
OneNote
Outlook ×
iOSアプリ
Androidアプリ
Excel
Word
PowerPoint
OneNote
Outlook ×
サービス OneDrive
Exchange
(メールボックス
50GB)
×
Teams
SharePoint
×
Intune
Azuru
Information
Protect
×
スポンサーリンク

Business Basic

Microsoft 365 Business Basicは月540円と最も廉価なプランです。

しかし、Microsoft 365 Business BasicではWindows版やMac版のマイクロソフトOfficeを使うことはできません

ではどんなOfficeなら使えるかというとOffice OnlineとiOS/Android版のOfficeです。

Office OnlineとはWeb版のオフィスで無料で使えるのですが商用利用には法人向けのMicrosoft 365が必要です。

iOS/Android版も同様に無料で使えますが商用利用するにはMicrosoft 365(法人向けでも個人向けでも可)が必要です。

Microsoft 365 Business Basicは既にWindows/Mac版のOfficeのライセンスを持っていて、追加で以下が欲しい場合におすすめです。

  • Office Onlineの商用利用権
  • iOS/Android版Officeの商用利用権
  • メールボックス50GB(独自ドメインのメールアドレスを使用可能)
  • Microsoft Teams

Apps for business

Microsoft 365 Apps for businessはBasicの次に廉価ですが、Windows/Mac版のマイクロソフトOfficeを使えます。

しかし、4つのプランの中で唯一、Exchange、Teams、SharePointを利用できません。

Office OnlineとiOS/AndroidのOutlookが商用利用できないのはApps for businessではOutlookのサーバーであるExchangeが利用できないためと思われます。

Microsoft 365 Apps for businessはメールのホスティングやスケジュール調整のソリューションは既に持っていて、追加で以下が欲しい場合に選択します。

  • Windows/Mac版のマイクロソフトOffice
  • Office Onlineの商用利用権
  • iOS/Android版Officeの商用利用権

ただ、Exchange、Teams、SharePointが不要ならそもそもMicrosoft 365 Business自体が不要かもしれません。

もし、Office Onlineの商用利用権も不要ならMicrosoft 365 Businessである必要はありません。

個人向けサブスクリプションのMicrosoft 365 Personalのほうが安くつきます。

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能

さらにiOS/Android版Officeの商用利用権も不要ならMicrosoft 365 (Personalも含む)である必要すらありません。

買い切りのOffice 2019のほうが(長期でみれば)お得です。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能
スポンサーリンク

Business Standard

Microsoft 365 Business Standardはその名の通りの標準的なプランです。

ややこしいことに旧称は「Office 365 Business Premium」でした。

Windows/Mac版のマイクロソフトOfficeもTeamsなどMicrosoftのサービスも使えるため、ビジネスに必要なIT環境がこれ1つでほとんどまかなえます(PCとはモバイル端末などのハードウエアは別途調達する必要がありますが)。

IT環境があまり整備されていなかった会社で新型コロナにより急遽テレワークが必要になった、ような場合はとりあえずBusiness Standardです。

Business Premium

Microsoft 365 Business PremiumはStandardのすべての機能に加え、以下が含まれます。

  • 高度なセキュリティ
  • デバイス管理

高度なセキュリティ

主に機密情報を守るためのセキュリティ機能です。

  • デバイス(PCやモバイル端末)の紛失・盗難時に遠隔操作で機密情報を消去する。
  • 機密情報を未承認の場所に保存できないようにする。
  • メール等を「転送不可」等のアクセス権で制御する。

デバイス管理

多数のPCやモバイル端末を管理するための便利な機能です。

  • Windows 10 PCにOfficeアプリを自動で展開する
  • セキュリティポリシーによるPC、iOS、Androdの機密情報保護

コメント

  1. かわしー より:

    既にご存知かもしれませんが、AccessはすでにOffice 365 Businessで利用できるため更新されるとよいと思います。

    参考HP
    https://products.office.com/ja-jp/compare-all-microsoft-office-products?tab=2
    もしアクセスパスが変わってしまっていたなら以下でお願いします。
    https://products.office.com/ja-JP/
    -「一般法人向け」の画像リンクをクリック
    -「プランと価格を見る」の画像リンクをクリック
    Office 365 Businessの含まれる Office アプリケーションに「Access (PC のみ)」が追加されてます。