Office 365 Soloとは

Office 365 Solo

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは

Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永続ライセンスと呼ばれます。

それに対してサブスクリプションとは1年間、または1ヶ月間単位で料金を払ってマイクロソフトOfficeを使う契約です。

マイクロソフトOffice以外のソフトウエアも永続ライセンスからサブスクリプションが主流になりつつあります。

その理由はソフトウエアの「買い替え問題」のためです。

Officeの買い替え問題を解決する

買い切り型のOfficeなら一度お金を払えばずっと使えると思いがちですが、現実には買い替えを迫られます。

マイクロソフトOfficeは2〜3年程度で新バージョンが発売され、旧バージョンのOfficeのサポートには期限があるためです。

Officeのサポート期限が終わると事実上、そのバージョンのOfficeは使えなくなります。

そのため、多くの人や会社はマイクロソフトOfficeは2〜3年おきにお金と手間をかけて新しいバージョンに入れ替えていました。

この問題を解決したのがサブスクリプション型のOffice 365 Soloです。

常に最新版のOfficeが使える

Office 365 Soloには2016や2019のような西暦を表す数字のバージョンはありません。

適当なタイミングで新機能が追加され、常に最新のすべてOfficeを使うことができます。

つまり、マイクロソフトOfficeのバージョンを気にする必要はありません。

Office 365 Soloと永続ライセンス版Officeの比較

Office 365 Solo Office
Professional
2016
Office
Home and Business
2016
Office
Personal
2016
ライセンス サブスクリプション 永続
バージョン 常に最新 2016固定
1年間費用 12,744円 61,355円 35,705円 30,575円
2年間費用 25,488円
3年間費用 38,232円
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
OneNote
Access
Publisher
Mac対応
インストール制限 無し 最大2台のPC
OneDrive
1TB
Office Mobile
フル機能
Skype 毎月60分間

Office Professionalの存在意義って何だろう?

上の表を見れば誰もがそう思うのではないでしょうか?

Office 365 Soloを3年使ってもOffice Professionalの61,355円より遥かに安くつきます。

実際にはマイクロソフトOfficeは2〜3年で新しいバージョンが発売されますから、同じバージョンを3年使い続ける可能性は低いにもかかわらずです。

これでもOffice Professionalを選ぶのは、何らかの理由で費用を先払いしたい人なのでしょうか・・・?

Office Professional 2016
マイクロソフト

Office Home and BusinessかOffice Personalなら安くすむ可能性あり

Office Home and BusinessはAccessとPublisherが使えない、Office PersonalはさらにPowerPointが使えません。

その分、Office Professionalより価格が安くなっています。

そのため、後述の条件に当てはまらない人であればOffice 365 Soloより安くすむ可能性があります。

Office Home and Business 2016
マイクロソフト
Office Personal 2016
マイクロソフト

Office 2019を待つ意味はない

2018年後半に永続ライセンスのOffice 2016の次バージョンであるOffice 2019の発売が予定されています。

Office 2019の新機能は既にOffice 365 Soloに既に実装されています。

永続ライセンスのOffice 2016への機能追加は新しいバージョンであるOffice 2019のタイミングでしかできません。

しかし、サブスクリプションのOfiice 365 Soloは2016や2019といった年号のバージョンとは無関係のため随時、新機能が追加されるためです。

つまり、どうしても永続ライセンスがいいのであればOffice 2019を待つ意味はありますが、そうでなければ待つ意味はありません。

新機能を早く使いたければサブスクリプションのOffice 365 Soloが正解です。

パソコンでもスマホでも使える

永続ライセンスのOfficeにはWindows版とMac版があります。

Windows版を購入するとWindowsでは使えます(最大2台まで)が、Macでは使えません。

逆にMac版を購入してもMacでは使えます(最大2台まで)が、Windowsでは使えません。

また、iOS(iPhone/iPad)版やAndroid版の永続ライセンスは存在しません。

それに対してOffice 365 Soloは1つの契約でWindowsでもMacでも使うことが出来ます。

インストールできる台数も無制限です。

さらにiOSやAndroidでOffice Mobileを使うことも出来ます。

毎月60分間のSkypeとは

上の表中の「Skype」とはマイクロソフトの電話サービスです。

Skypeは国際電話を格安でかけられるので有名です。

Office 365 Soloには以下の国の携帯電話と固定電話にSkypeで60分間通話できる「おまけ」があります。

  • 日本
  • カナダ
  • グアム
  • シンガポール
  • タイ
  • 中国
  • プエルトリコ
  • 米国
  • 香港

上記以外の国でも固定電話であれば世界中に月60分間までの通話が出来ます。

特筆すべきは日本の携帯電話への通話が含まれていることです。

前述の通り、Skypeは格安ではありますが日本の携帯電話への通話はちょっと割高です。

しかし、Office 365 SoloのSkypeにはなぜか日本の携帯電話への通話が含まれています。

これを上手に使うと携帯電話の通話料を節約出来ます。

永続ライセンスよりOffice 365 Soloのほうが得になる人

以下の条件に当てはまる人は永続ライセンス版よりOffice 365 Soloのほうがお得です。

  • 大容量のオンラインストレージが必要
  • 仕事等の理由で最新のOfficeが必要
  • MacとWindowsの両方でOfficeを使う
  • 3台以上のPC/Macにインストールする
  • iOSやAndroidでOffice Mobileのフル機能を使う
  • 国際電話をよくかける
  • 携帯電話の通話料を節約したい
【1年版購入で3,000円キャッシュバック】Office 365 Solo
マイクロソフト
12,744円実質9,744円
12/25(火)購入までの期間限定
購入後2019/1/31(木)までに応募用紙を郵送すると3,000円をキャッシュバック
※1ヶ月版と無料試用はキャッシュバックの対象外

コメント

  1. 奥西清一 より:

    オフィス365 と オフィスビジネスとの違いがよくわかりません。ウィンドウズ10を買いましたが、ライセンスカードでダウンロードしました。
    このPCが健在な限り、永久版と思って買いました。期限が365日ですか?