Microsoft 365 Personal (Office365 Solo)は必要か

Microsoft 365 Personal

Microsoft 365 Personalとは

Microsoft 365 Personal(旧称はOffice 365 Solo)とは以下のセットです。

  • サブスクリプション型のマイクロソフトOffice
  • Office Mobileのフル機能
  • マイクロソフトのクラウドサービス

サブスクリプション

サブスクリプションとは1年間、または1ヶ月間単位で料金を払ってマイクロソフトOfficeとクラウドサービスを使う契約です。

対して、Microsoft 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永続ライセンスと呼ばれます。

Microsoft 365にはOffice 2021のような西暦を表す数字のバージョンはありません。

マイクロソフトOfficeの新機能は随時、Microsoft 365に追加されます。

それに対し、リリース済の永続ライセンスのOfficeに新機能が追加されることはありません。

ただし、サブスクリプションには永続ライセンスより高くつくというデメリットがあります。

ちなみにPhotoshopやAcrobat DCといったAdobe社のアプリはCreative Cloudと呼ばれるサブスクリプションで永続ライセンスはありません。

Office Mobileのフル機能

Office MobileとはiPhone、iPad、Android用のマイクロソフトOfficeです。

Office Mobileは無料で使うこともできますが、フル機能を使うためにはMicrosoft 365のライセンスが必要です。

マイクロソフトのクラウドサービス

Microsoft 365 Personalの契約中は以下のマイクロソフトのクラウドサービスが利用できます。

  • 1TBのOneDrive
  • 毎月60分間のSkype通話

1TBのOneDrive

OneDriveはWindows標準のクラウドストレージです。

無料で5GBの容量が使えますが、Microsoft 365 Personalの契約中はその容量が1TB(1024GB)に増量されます。

オンラインストレージをWindowsだけで使うのであればお得です。

ただ、Windows以外でもオンラインストレージを使うなら対応アプリが多く、容量2TBで以下の価格のDropboxがあります。

Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
公式価格よりお得

毎月60分間のSkype通話

Skypeとはマイクロソフトの電話サービスです。

Skypeは国際電話を格安でかけられるので有名です。

Microsoft 365 Personalには以下の国の携帯電話と固定電話にSkypeで60分間通話できる「おまけ」があります。

  • 日本
  • カナダ
  • グアム
  • シンガポール
  • タイ
  • 中国
  • プエルトリコ
  • 米国
  • 香港

上記以外の国でも固定電話であれば世界中に月60分間まで通話できます。

特筆すべきは日本の携帯電話への通話が含まれていることです。

前述の通り、Skypeは格安ではありますが日本の携帯電話への通話はちょっと割高です。

しかし、Microsoft 365 PersonalのSkypeにはなぜか日本の携帯電話への通話が含まれています。

これを上手に使うと携帯電話の通話料を節約できます。

Microsoft 365 Personalと永続ライセンス版Officeの比較

Microsoft 365
Personal
Office
Home & Business
2021
Office
Personal
2021
ライセンス サブスクリプション 永続
価格 1年 11,682円38,284円32,784円
2年 23,364円
3年 35,046円
4年 46,728円
新機能 随時追加 追加されない
Office
アプリ
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Access
Publisher

(Windowsのみ)
インストール
台数
Windows 無制限
(同時使用5台)
2台
Mac 2台
Office Mobile フル機能 機能制限
サービス OneDrive 1TB 5GB
Skype 毎月60分間

Microsoft 365 Personalが必要な人

以下の条件に当てはまる人はMicrosoft 365 Personalが必要です。

  • Officeの新機能がすぐに必要
  • Office Mobileのフル機能が必要

3年以上使うなら永続ライセンスがお得

上の表からわかる通り、Microsoft 365 Personalは3年以上使うと永続ライセンスのOfficeより高くつきます。

そのため、上記の「Microsoft 365 Personalが必要な人」の条件に当てはまらないのであれば、Microsoft 365 PersonalよりOffice Home & Business 2021かOffice Personal 2021の方がお得です。

Office Home & Business 2021
マイクロソフト
38,284円
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能
Office Personal 2021
マイクロソフト
32,784円
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能

Microsoft 365 Personalのお買い得セット

Microsoft 365 Personal、Androidタブレット、物理キーボードをセットにしたのが「Fire HD 10エッセンシャルセット」です。

驚かされるのはその価格で一番安いモデルはなんと24,980円です。

Microsoft 365 Personalが12,984円ですから、11,996円追加するだけでAndroidタブレットと物理キーボードがついてくることになります。

Microsoft 365 Personalは5台まで同時使用できますから、Fire HD 10エッセンシャルセットでPCやMacでもマイクロソフトOfficeが使えるようになリます。

コメント

  1. 奥西清一 より:

    オフィス365 と オフィスビジネスとの違いがよくわかりません。ウィンドウズ10を買いましたが、ライセンスカードでダウンロードしました。
    このPCが健在な限り、永久版と思って買いました。期限が365日ですか?

  2. 吉田豊太郎 より:

    仮にオフィス365を購入したとして、休止または、もうやめます、という場合の手続きの方法を教えてください。オフィス365に限らず、サブスクリプションで不安なのはそこです。

  3. 諏訪秀隆 より:

    パソコンの買い替えではどうなりますか