Microsoft 365 Personalとは

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト 365 パーソナル)とはサブスクリプション型のマイクロソフトOfficeです。

以前はOffice 365 Soloと呼ばれていました。

サブスクリプションとは

Microsoft 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永続ライセンスと呼ばれます。

それに対してサブスクリプションとは1年間、または1ヶ月間単位で料金を払ってマイクロソフトOfficeを使う契約です。

マイクロソフトOffice以外のソフトウエアも永続ライセンスからサブスクリプションが主流になりつつあります。

その理由はソフトウエアの「買い替え問題」のためです。

Officeの買い替え問題を解決する

買い切り型のOfficeなら一度お金を払えばずっと使えると思いがちですが、現実には買い替えを迫られます。

マイクロソフトOfficeは2〜3年程度で新バージョンが発売され、旧バージョンのOfficeのサポートには期限があるためです。

Officeのサポート期限が終わると事実上、そのバージョンのOfficeは使えなくなります。

そのため、多くの人や会社はマイクロソフトOfficeは2〜3年おきにお金と手間をかけて新しいバージョンに入れ替えていました。

この問題を解決するのがサブスクリプション型のMicrosoft 365 Personalです。

スポンサーリンク

常に最新版のOfficeが使える

Microsoft 365 Personalには2019のような西暦を表す数字のバージョンはありません。

適当なタイミングで新機能が追加され、常に最新のすべてOfficeを使うことができます。

つまり、マイクロソフトOfficeのバージョンを気にする必要はありません。

Microsoft 365 Personalと永続ライセンス版Officeの比較

Microsoft 365
Personal
Office
Professional
2019
Office
Home and Business
2019
Office
Personal
2019
ライセンス サブスクリプション 永続
バージョン 常に最新 2019固定
1年間費用 12,984円 65,784円 38,284円 32,784円
2年間費用 25,968円
3年間費用 38,952円
4年間費用 51,936円
5年間費用 64,920円
6年間費用 77,904円
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
OneNote
Access
Publisher

(Windowsのみ)
Windows 10 無制限 2台まで
Mac 無制限 2台まで
Office Mobile
(iOS / Android)
フル機能 機能制限
OneDrive 1TB
Skype 毎月60分間

Office Professionalも6年で元が取れる

Microsoft 365 Personalはサブスクリプションのため、毎年利用料金がかかります。

6年使い続けると永続ライセンスで最も高価なOffice Professionalの価格を超えてしまいます。

Office Professional 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher
2台までのWindows PCで利用可能

Office Home and BusinessかOffice Personalはお得

Office Home and BusinessはAccessとPublisherが使えない、Office PersonalはさらにPowerPointが使えません。

その分、Office Professionalより価格が安くなっています。

そのため、後述の条件に当てはまらない人であればMicrosoft 365 Personalよりお得です。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能
Office Personal 2019
マイクロソフト
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能

随時新機能が追加される

Office 2019の新機能は既にMicrosoft 365 Personalに既に実装されています。

永続ライセンスのOfficeへの機能追加は新しいバージョンが発売されるまでできません。

それに対して、サブスクリプションのMicrosoft 365は2019などの年号のバージョンとは無関係のため随時、新機能が追加されます。

新機能を早く使いたければサブスクリプションのMicrosoft 365 Personalです。

スポンサーリンク

Office Mobileのフル機能が使える

Office MobileとはiOS(iPhone/iPad)とAndroid用のマイクロソフトOfficeです。

Office Mobileは無料で使うこともできますが、フル機能を使うためにはMicrosoft 365のライセンスが必要です。

毎月60分間のSkypeとは

上の表中の「Skype」とはマイクロソフトの電話サービスです。

Skypeは国際電話を格安でかけられるので有名です。

Microsoft 365 Personalには以下の国の携帯電話と固定電話にSkypeで60分間通話できる「おまけ」があります。

  • 日本
  • カナダ
  • グアム
  • シンガポール
  • タイ
  • 中国
  • プエルトリコ
  • 米国
  • 香港

上記以外の国でも固定電話であれば世界中に月60分間までの通話が出来ます。

特筆すべきは日本の携帯電話への通話が含まれていることです。

前述の通り、Skypeは格安ではありますが日本の携帯電話への通話はちょっと割高です。

しかし、Microsoft 365 PersonalのSkypeにはなぜか日本の携帯電話への通話が含まれています。

これを上手に使うと携帯電話の通話料を節約出来ます。

永続ライセンスよりMicrosoft 365 Personalのほうが得になる人

以下の条件に当てはまる人は永続ライセンス版よりMicrosoft 365 Personalのほうがお得です。

  • 大容量のオンラインストレージが必要
  • 常に最新のOfficeが必要
  • 3台以上のPC/Macにインストールする
  • iOSやAndroidでOffice Mobileのフル機能を使う
  • 国際電話をよくかける
  • 携帯電話の通話料を節約したい
Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能

コメント

  1. 奥西清一 より:

    オフィス365 と オフィスビジネスとの違いがよくわかりません。ウィンドウズ10を買いましたが、ライセンスカードでダウンロードしました。
    このPCが健在な限り、永久版と思って買いました。期限が365日ですか?

  2. 吉田豊太郎 より:

    仮にオフィス365を購入したとして、休止または、もうやめます、という場合の手続きの方法を教えてください。オフィス365に限らず、サブスクリプションで不安なのはそこです。

  3. 諏訪秀隆 より:

    パソコンの買い替えではどうなりますか