Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?

私にはアカデミック版の購入資格はないのですが、もし学生だったらどれくらいの価格で買えるのかと気になリます。

アカデミック版はOfficeの最上位エディションであるProfessionalと同様にすべてのOfficeアプリが含まれているにもかかわらず、Professionalの半額以下で購入できます。

学割価格のアカデミック版は安い、そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

しかし、時代は変わっています。

アカデミック版とは?

マイクロソフトOfficeのアカデミック版とはOfficeスイートの最上位エディション(WindowではOffice Professional 2019、MacではOffice Home and Business 2019)の学生・教職員向けエディションです。

学生・教職員向けと言ってもOfficeアプリが制限されているわけでなく、最上位エディションと同じアプリが使用できます。

商用利用できない

アカデミック版は商用利用ができません。

商用利用とは要するに仕事で使うことです。

学生向けなんだから当然だと思うかもしれませんが学生はいつか卒業します。

学生の時に購入したアカデミック版は卒業して学生ではなくなっても個人用途には使うことができます。

しかし、仕事のために使うことはできません。

会社のOfficeファイルを自宅のアカデミック版Officeで閲覧したり編集するとライセンス違反になってしまいます。

仕事で使うためには商用利用可能なOfficeを買い直す必要があります。

Office 365 Educationとの違い

学生、教職員向けのマイクロソフトOfficeとしてはアカデミック版の他にOffice 365 Educationがあります。

アカデミック版Officeは学生や教職員が購入しますが、Office 365 Educationは教育機関が購入します。

学生であることの証明が必要

アカデミック版のOfficeを購入できるのは学生か教職員だけです。

そのため、購入時には購入資格を証明する必要があります。

店頭で購入する場合

店頭でアカデミック版を購入する場合、実際にはPOSAカードを購入します。

POSAカードとはレジで支払いをすると有効になるカードです。

裏面のスクラッチシールをはがすとアカデミック版Officeのプロダクトキーが出てきます。

もちろんこんな小さいカードにDVD-ROM等が入っているわけはなく、ソフトウエア本体はネットからダウンロードします。

このPOSAカードの購入時には学生証や教職員証等の提示を求められるはずです。

ネットで購入する場合

AmazonのPrime Studentに会員登録します。

Prime StudentとはAmazonの学生向けサービスです。

Prime Studentの会員登録時に学校のメールアドレスや学生番号が要求されるため、Prime Student会員であれば学生であることを証明できるわけです。

年会費が2,450円(月換算205円)かかるもののアカデミック版Officeを購入するのであれば会費の元は当然とれます。

アカデミック版Office以外にも会費のモトは余裕で取れると思われる特典があります。

そのため、たとえアカデミック版Officeを購入しなくても学生であればPrime Studentはおすすめです。

Prime Student
プライム特典を半額で利用できる学生のためのプログラム
6ヶ月無料体験

しかし、おすすめなのはPrime Studentだけであって、Prime Student会員だけが購入できるアカデミック版Officeがおすすめということではありません。

Windows用のアカデミック版

以下の表はWindows用のアカデミック版であるOffice Professional Academic 2019とその基になったOffice Professional 2019、サブスクリプションのOffice 365 Soloとの比較です。

費用が1〜4年目とあるのは年間契約であるOffice 365 Soloと比較するためです。

Office
Professional
Academic 2019
Office
Professional 2019
Office
365 Solo
ライセンス 永続 サブスクリプション
費用(1年目)30,024円 64,584円 12,744円
費用(2年目) 25,488円
費用(3年目)38,232円
費用(4年目)50,976円
購入制限 Prime Student会員のみ 無し
商用利用
Windows 10 2台まで 無制限
Windows 8.1 / 7
Windows Server
無制限
Mac 無制限
iOS / Android 無制限
バージョン 2019固定 常に最新
OneDrive 1TB
Office Professional Academic 2019
マイクロソフト
59,800円28,704円
Prime Student会員限定で注文確定時に52%OFF
2台までのWindowsで利用可能

Office Professional 2019
マイクロソフト
Excel / Word / Outlook / PowerPoint / Access / Publisher
2台までのWindows PCで利用可能

上の表からは商用利用しないのであればアカデミック版がOffice Professional 2019より圧倒的にお得であることはすぐにわかります。

しかし、サブスクリプションのOffice 365 Soloが相手ならどうでしょう?

Mac用のアカデミック版

その前に一応、Macでの比較もしておきましょう。

Office Academic 2019 for Macの比較対象はOffice Home and Business 2019です。

理由はOffice Professional 2019はMac非対応(AccessとPublisherのMac版が存在しない)のためです。

Office Academic
2019 for Mac
Office
Home and
Business 2019
Office 365 Solo
ライセンス 永続 サブスクリプション
費用(1年) 18,144円 37,584円 12,744円
費用(2年) 25,488円
費用(3年) 38,232円
費用(4年) 50,976円
購入制限 Prime Student会員のみ 無し
商用利用
Mac 2台まで 無制限
Windows 10 2台まで 無制限
Windows 8.1 / 7
Windows Server
無制限
iOS/Android対応
バージョン 2019固定 常に最新
OneDrive 1TB
Office Academic 2019 for Mac
マイクロソフト
34,800円16,704円
Prime Student会員限定で注文確定時に52%OFF
2台までのMacで利用可能

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

時代に合わなくなってきたアカデミック版

昔は学生がマイクロソフトOfficeが必要と言えば文句なしにアカデミック版でした。

  • 在学中にOfficeがバージョンアップされても買い替えにお金がかかるので古いバージョンを使い続ける。
  • 学校と自宅の机でOfficeが使えればよい。
  • 学生がアルバイトなどでOfficeを使うなんてありえない。
  • OfficeのファイルはUSBメモリなどでやり取りする。
  • Macなんて使わない。
  • スマホやタブレットでOfficeを使うなんて考えられない。

そんな牧歌的な時代には通常版の半額で買えるアカデミック版は大変魅力的でした。

しかし、時代は変わっています。

アカデミック版よりサブスクリプションがおすすめの理由

ソフトウエアの購入方法は従来の「買い切り」から「サブスクリプション」が主流になりつつあります。

サブスクリプションとは1年間や1ヶ月間などの期間料金を支払ってソフトウエアを使う契約です。

アカデミック版を含むOffice 2019は買い切り、Office 365 Soloはサブスクリプションです。

世の中がサブスクリプションに移行している理由については以下の記事をどうぞ。

学生だから世の中の流れなんて関係ないよ、と思う人もいるかと思います。

たしかに上の比較表の通り、アカデミック版なら金銭的にはお得にOfficeが使えます。

しかし、サブスクリプションのOffice 365 Soloには学生にとっても以下のメリットがあります。

  • 商用利用できる
  • WindowsでもMacでもスマホでもタブレットでも使える
  • 常に最新版Officeが使える
  • OneDriveが1TB使える

常に最新版Officeが使える

永続ライセンスであるアカデミック版の機能は固定であり、新機能が追加されることはありません。

マイクロソフトOffceiは2〜3年おきにバージョンアップされるため、在学中に新しいバージョンが登場するでしょう。

新しいバージョンを使いたければ買い換える必要があります。

それに対し、サブスクリプションのOffice 365 Soloには随時新機能が追加されるため、常に最新のOfficeを使うことができます。

WindowsでもMacでもスマホでもタブレットでも使える

アカデミック版は最大2台のWindows 10、またはMacにしかインストールできません。

サブスクリプションにはインストール台数の制限がありません。

WindowsでもMacでもiOSでもAndroidでも使うことができます。

学校と自宅の机のパソコンに縛られることなく、いつでもどこでもOfficeを使う、または使えるようになる、というのは重要なことかもしれません。

商用利用できる

学生は学業に専念すべき・・・、

そんな時代は終わったのではないでしょうか。

在学中に起業する、勉強した専門知識でお金を稼ぐ。

アカデミック版と違い、Office 365 Soloならそんな商用利用でも使うことができます。

学校を卒業して就職してもアカデミック版以外のOfficeに買い換える必要はありません。

OneDriveが1TB使える

Officeファイルや勉強の資料などはオンラインストレージで一元管理するのがいいと思います。

オンラインストレージの定番といえばDropboxです。

【16%OFF】Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
メーカー公式価格より11,200円お得
4月30日(火)までの期間限定特価

DropboxとOffice 365 Soloの年間料金はほぼ同じです。

Dropboxは1TBのストレージだけ、Office 365 SoloならマイクロソフトOfficeに1TBのストレージ(OnrDrive)がついてきます。

マイクロソフトOfficeを使わない人にはどうでもいい話ですが、この記事を読んでいる人であれば迷う余地はないかと思います。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

スポンサーリンク
オフィス
オフィス

コメント

  1. coolx2pure より:

    ためになる記事をありがとうございます。
    学生がOfficeを無料で使えるOffice 365 Educationについても調べてもらえればうれしいです。

  2. 匿名 より:

    仕事でアカデミック版を使ってはいけないわけではないよ。
    そもそも商用利用なんて単語は法的には存在しない。

    それに、アカデミック版は購入時の制限でしかないしね。

    最新版を使えるメリットやマルチプラットフォームのメリットなんて感じないかな。
    アップデートされても大差ないし、
    正直2008でもいいと思うレベル。
    2003が動くなら2003でも満足できるわ。