Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?

Office 365 Soloを購入した時、興味本位でアカデミック版の価格を調べました。

私にはアカデミック版の購入資格はないのですが、もし学生だったらどれくらいの価格で買えるのかと気になったからです。

アカデミック版はOfficeの最上位エディションであるProfessionalと同様にすべてのOfficeアプリが含まれているにもかかわらず、Professionalの半額以下で購入できます。

学割価格のアカデミック版は安い、そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

しかし、時代は変わっています。

アカデミック版とは?

マイクロソフトOfficeのアカデミック版とはOfficeスイートの最上位エディション(WindowではOffice Professional 2016、MacではOffice Home & Business 2016 for Mac)の学生・教職員向けエディションです。

学生・教職員向けと言ってもOfficeアプリが制限されているわけでなく、最上位エディションと同じアプリが使用できます。

商用利用できない

アカデミック版は商用利用ができません。

商用利用とは要するに仕事で使うことです。

学生向けなんだから当然だと思うかもしれませんが学生はいつか卒業します。

学生の時に購入したアカデミック版は卒業して学生ではなくなっても個人用途には使うことができます。

しかし、仕事のために使うことはできません。

会社のOfficeファイルを自宅のアカデミック版Officeで閲覧したり編集するとライセンス違反になってしまいます。

仕事で使うためには商用利用可能なOfficeを買い直す必要があります。

Office 365 Educationとの違い

学生、教職員向けのマイクロソフトOfficeとしてはアカデミック版の他にOffice 365 Educationがあります。

アカデミック版Officeは学生や教職員が購入しますが、Office 365 Educationは教育機関が購入します(詳細は以下の記事を参照ください)。

Office 365 Educationとは教育機関向けに提供されているマイクロソフトOfficeとクラウドサービスです。 教...

学生であることの証明が必要

アカデミック版のOfficeを購入できるのは学生か教職員だけです。

そのため、購入時には購入資格を証明する必要があります。

店頭で購入する場合

店頭でアカデミック版を購入する場合、実際には以下の記事のようなPOSAカードを購入します。

Office 2016やOffice 365 Soloはマイクロソフトストアなどインターネットでの販売の他に店頭で「POSAカード」...

POSAカードとはレジで支払いをすると有効になるカードです。

裏面のスクラッチシールをはがすとアカデミック版Officeのプロダクトキーが出てきます。

もちろんこんな小さいカードにDVD-ROM等が入っているわけはなく、ソフトウエア本体はネットからダウンロードします。

このPOSAカードの購入時には学生証や教職員証等の提示を求められるはずです。

ネットで購入する場合

AmazonのPrime Studentに会員登録します。

Prime StudentとはAmazonの学生向けサービスです。

マイクロソフトOfficeは数万円が必要な高価なソフトです。 仕事でお金を稼ぐために使うのであれば数万円などまったく問題になり...

Prime Studentの会員登録時に学校のメールアドレスや学生番号が要求されるため、Prime Student会員であれば学生であることを証明できるわけです。

年会費が1,900円(月換算159円)かかるもののアカデミック版Officeを購入するのであれば会費の元は当然とれます。

アカデミック版以外にも年会費以上の特典があり(詳細は以下をどうぞ)、登録から6ヶ月間は無料で試せます。

そのため、たとえアカデミック版Officeを購入しなくても学生であればPrime Studentはとりあえず試してみて損はありません。

Windows用のアカデミック版

以下の表はWindows用のOffice Professional 2016 アカデミック版とその基になったOffice Professional 2016、購読型のOffice 365 Soloとの比較です。

費用が1〜4年目とあるのは購読型(年間契約)のOffice 365 Soloと比較するためです。

Professional 2016
アカデミック版
Professional 2016 Office 365 Solo
費用(1年目) 27,508円 61,355円 12,744円
費用(2年目) 25,488円
費用(3年目) 38,232円
費用(4年目) 50,976円
購入制限 Prime Student会員のみ 無し 無し
商用利用
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Access
Publisher
次期Office対応
Mac対応
OneDrive 1TB

Mac用のアカデミック版

以下の表はOffice Mac Home Business 2016 アカデミック版とその基になったOffice Home & Business 2016 for Mac、購読型のOffice 365 Soloとの比較です。

Home Business 2016
アカデミック版
Home &
Business 2016
for Mac
Office 365 Solo
(1年更新)
費用(1年) 16,704円 35,705円 12,744円
費用(2年) 25,488円
費用(3年) 38,232円
費用(4年) 50,976円
購入制限 Prime Student会員のみ 無し 無し
商用利用
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Access
Publisher

(Windowsのみ)
次期Office対応
Windows対応
OneDrive 1TB

Windows版との違い

Mac版のOfficeにはAccessとPublisherが存在しません。

そのためか、MacのHome & Business 2016 for Macの価格はアカデミック版も通常版もWindowsのProfessional 2016よりだいぶ安くなっています。

Surface学生優待プログラム

マイクロソフトOfficeの開発元であるマイクロソフト社は自社でパソコンも開発しています。

Office Home & Businessが搭載されたSurfaceです。

そのSurfaceには学生向けの優待プログラムがあります。

マイクロソフトOfficeだけでなくパソコンも必要であれば、学生優待プログラムを利用してSurfaceを購入するのもお得な方法です。

世の中には学生であれば安く買える商品やサービスというものがあります。 いわゆる「学割」というやつです。 しかし、パソコン本体が学割価格で買えるという話はほとんど聞きません。 そんな中、マイクロソフトは「Surface学生...

アカデミック版を何年使うか?

アカデミック版は学校を卒業して学生でなくなっても使うことができます。

しかし、商用利用はできません。

就職しても仕事のOfficeファイルを自宅のアカデミック版で開くことはできないわけです。

卒業しても仕事しないとかOfficeを使わない仕事をするならそれでもいいのかもしれませんが、ほとんどの人は卒業したら実質使えません。

学生の時にアカデミック版を購入して卒業したら仕事使うために通常版を買い直す。。。

それで本当に割安と言えるのでしょうか。

上の比較表を見ると以下の条件に当てはまる人はアカデミック版よりOffice 365 Soloのほうがお得です。

  • 2年(Mac版の場合は1年)以内に卒業する。
  • 大容量のオンラインストレージが必要(Office 365 Soloでは1TBのOneDriveが使えます)。
  • 商用利用(アルバイトなど仕事で使う)する。
  • WidowsとMacの両方で使用する。

学生にこそ購読型Officeをおすすめ

価格面以外でも学生にこそ購読型のOffice 365 Soloをおすすめしたい理由があります。

サービスとしてのソフトウエアを体験できる

マイクロソフトOfficeは高価なソフトウエアです。

しかも数年おきに新しいバージョンが登場し、買い替えを迫られます。

古いバージョンはセキュリティアップデートの提供も終了し、使うことすら危険になります。

これはWindowsなどのOSも同じですね。

Office 2007やWindows Vistaは単に古いだけでなく、使っていると危険なのです。

Office2007の延長サポート期限は2017年10月10日(火)となっており、既にサポート期限を過ぎています。 延長サポー...
2017年4月17日でWindows Vistaの延長サポートは終了しています。 まだ、Windows Vistaが搭載されたパソコンを使っている場合、どのように対応すればいいでしょうか。 目次1 Windowsのサポー...

つまり、マイクロソフトOfficeもWindowsも数年おきに買い替えが必須です。

さらに今時、数万円払って購入しているソフトウエアがOffice以外にあるでしょうか?

そんな状況だからはマイクロソフトOfficeは数万円払って購入する「買い切りのソフトウエア」ではなく、年額いくらで利用するOffice 365 Soloにシフトしています。

最大2台までならWindowsでもMacでも使え、商用利用も可能です。

このOffice 365 Soloの登場でアカデミック版の価格メリットが揺らいでいます。

古い時代の買い切りソフトウエアでなく、新しいサービスとしてのソフトウエアを体験しておくほうがいいですよ。

Macでも使える

私はWindowsもMacも使っていますが、研究開発では「今は」WindowsよりMacのほうが遥かに使いやすと感じているためです。

個人的な意見ではありますが、今なら(昔は状況が違ってMacは話になりませんでしたが)学生のうちにMacを使っておくのは損にはならないと思っています。

購入資格さえあればアカデミック版のOfficeが一番得!

・・・と思いがちですが、Office 365 Soloという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. coolx2pure より:

    ためになる記事をありがとうございます。
    学生がOfficeを無料で使えるOffice 365 Educationについても調べてもらえればうれしいです。