Officeのアカデミック版は本当に「学割」価格なのか?

私にはアカデミック版の購入資格はないのですが、もし学生だったらどれくらいの価格で買えるのかと気になリます。

アカデミック版はOfficeの最上位エディションであるProfessionalと同様にすべてのOfficeアプリが含まれているにもかかわらず、Professionalよりかなり安く購入できます。

学割価格のアカデミック版は安い、そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

しかし、時代は変わっています。

アカデミック版とは?

マイクロソフトOfficeのアカデミック版とはOfficeスイートの最上位エディション(WindowではOffice Professional 2019、MacではOffice Home and Business 2019)の学生・教職員向けエディションです。

学生・教職員向けと言ってもOfficeアプリが制限されているわけでなく、最上位エディションと同じアプリが使用できます。

商用利用できない

アカデミック版は商用利用ができません。

商用利用とは要するに仕事で使うことです。

学生向けなんだから当然だと思うかもしれませんが学生はいつか卒業します。

学生の時に購入したアカデミック版は卒業して学生ではなくなっても個人用途には使うことができます。

しかし、仕事のために使うことはできません。

会社のOfficeファイルを自宅のアカデミック版Officeで閲覧したり編集するとライセンス違反になってしまいます。

仕事で使うためには商用利用可能なOfficeを買い直す必要があります。

Office 365 Educationとの違い

学生、教職員向けのマイクロソフトOfficeとしてはアカデミック版の他にOffice 365 Educationがあります。

アカデミック版Officeは学生や教職員が購入しますが、Office 365 Educationは教育機関が購入します。

学生であることの証明が必要

アカデミック版のOfficeを購入できるのは学生か教職員だけです。

そのため、購入時には購入資格を証明する必要があります。

店頭でアカデミック版を購入する場合、実際にはPOSAカードを購入します。

POSAカードとはレジで支払いをすると有効になるカードです。

裏面のスクラッチシールをはがすとアカデミック版Officeのプロダクトキーが出てきます。

もちろんこんな小さいカードにDVD-ROM等が入っているわけはなく、ソフトウエア本体はネットからダウンロードします。

このPOSAカードの購入時には学生証や教職員証等の提示を求められるはずです。

スポンサーリンク

Microsoft 365 Personalのほうがお得

Office
Professional
Academic
2019
Microsoft
365
Personal
Office
Professional
2019
Office
Home and
Business
2019
Office
Personal
2019
ライセンス アカデミック サブスクリプション 永続
価格(1年目) 学割価格 12,984円 65,784円 38,284円 32,784円
価格(2年目) 25,968円
商用利用
バージョン 2019固定 常に最新 2019固定
Mac対応 ×
Excel
Word
Outlook
PowerPoint
Access
Publisher
1TB OneDrive
iPhone / iPad
Android
× ×

たとえOffice Professional 2019の半額でも・・・

Office Professional 2019はこんな価格です。

マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher
2台までのWindows PCで利用可能

そのOffice Professional 2019の商用利用を禁止して学割価格にしたのがOffice Professional Academic 2019です。

しかし、たとえOffice Professional Academic 2019がOffice Professional 2019の半額で買えたとしてもサブスクリプション(毎年の支払いが必要なライセンス)のMicrosoft 365 Personalを2年使うより高くつきます。

3年以上使えばお得になるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、マイクロソフトOfficeは2~3年おきに新しいバージョンが発売されサポート期限が過ぎれば事実上使えなくなります。

Office 2019が発売されたのは2019年1月なので、今から2年後には新しいバージョンが発売されている可能性が高いです。

サブスクリプションのMicrosoft 365 Personalなら新しいバージョンに無償でアップグレードできます。

しかもMicrosoft 365 Personalにはアカデミックと永続ライセンスにない以下のメリットもあります。

  • 1TBのOneDrive(マイクロソフトのオンラインストレージ)が使える
  • iPad / iPhone / Androidでも使える

Office Home and Business 2019でもかなわない

Office Professional 2019からAccessとPublisherを削除して、WindowsとMacの両方で使えるライセンスにしたのがOffice Home and Business 2019です。

マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

Professionalに対してMacで使えるメリットはありますが、それはMicrosoft 365 Personalも同じです。

Office Home and Business 2019の価格は38,284円とやはりMicrosoft 365 Personalを2年使うより高くつきます。

Office Personal 2019ではプレゼンができない

WordとExcelさえあればレポート作成できる、新しいバージョンが発売されても2019で頑張る、節約のために32,784円のOffice Personal 2019にする!、という人もいるかもしれません。

マイクロソフト
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能

しかし、最近は学生でも「プレゼン」をします。

Office Personal 2019にはプレゼンソフトのPerwerPointが含まれません。

後からPowerPointだけ買い足すと高くつきます。

コメント

  1. coolx2pure より:

    ためになる記事をありがとうございます。
    学生がOfficeを無料で使えるOffice 365 Educationについても調べてもらえればうれしいです。

  2. 匿名 より:

    仕事でアカデミック版を使ってはいけないわけではないよ。
    そもそも商用利用なんて単語は法的には存在しない。

    それに、アカデミック版は購入時の制限でしかないしね。

    最新版を使えるメリットやマルチプラットフォームのメリットなんて感じないかな。
    アップデートされても大差ないし、
    正直2008でもいいと思うレベル。
    2003が動くなら2003でも満足できるわ。

    • 匿名 より:

      知り合いに教職員の方がいまして、アカデミックで購入予定です。
      商用目的で使用できないことを聞いていたので、今悩んでいたのですが、この記事をみてより詳しく聞きたいと思いました。
      アカデミックでOfficeを購入しても問題ないのでしょうか。

  3. 匿名 より:

    Totally agree

  4. 匿名 より:

    https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/commercial-use-office.aspx

    公式の情報ではOffice 365 製品およびOffice2019製品はすべて商用利用権が付属しております。
    とのことです。
    アカデミックが商用利用権が付属していないのは2016以前の話のようなので記事修正したほうがいいと思います。

  5. 匿名 より:

    Windows版はOSがWindows10であることが必須環境の製品もあるので、そこも言及したほうが情報が誠実ですね。

    ちょっと気になったのですが、アカデミック版を仕事で使ってはいけないのであれば、教職員が購入できる理由がわからなくなりませんか?

    それから知り合いに教職員がいるという方、ご自分が使いたいように読めるのですが・・・購入時に身分を証明するのは、使用者も教職員または学生であることを担保する目的があると思われます。
    もしご自分が教職員でも学生でもなく、知り合いの方に買ってもらって譲ってもらうおつもりなら、ライセンス違反の可能性があるので、発覚したときにご自身だけでなく知り合いの方もまずい立場になる可能性も。
    マイクロソフトがどう判断するかですが、少なくとも自分は勧められないです。