Officeのダウンロード版とパッケージ版

Officeのパッケージ版

Office 2013までのマイクロソフトOfficeにはパッケージ版とダウンロード版がありました。

しかし、Office 2016からパッケージ版は廃止され、ダウンロード販売のみになっています。

かつての「パッケージ版」とは?

かつて、マイクロソフトOfficeでいう「パッケージ版」とはこういう「箱」を意味していました。

マイクロソフトOfficeのパッケージ版

ある時期まで、こういうパッケージ(箱)の中にDVD-ROMとプロダクトキーが印刷された紙が入っていました。

DVD-ROMからマイクロソフトOfficeをインストールし、プロダクトキーを入力すると使用可能になりました。

ある時期からこのOfficeの箱の中のDVD-ROMがなくなり、箱に入っているのは「プロダクトキー」が印刷された紙だけになりました。

Office本体は自分でインターネットからダウンロードして、インストール時にそのプロダクトキーを入力することでOfficeを認証しました。

たとえ、パッケージ版であってもインストールするための光学ドライブが不要になったわけです。

その代わり、インターネットに接続されていないとインストールできなくなりました。

在庫限り

かつてのパッケージ版はマイクロソフトからの出荷が終了し、在庫限りの状況です。

しかも、マイクロソフトOffceiはサポート期限が過ぎると事実上、使えなくなります。

マイクロソフトOfficeのサポート期限

マイクロソフトOfficeは2年〜3年おきに新しいバージョンが発売されます。

そして事実上、古いバージョンのOfficeを使いつづけることはできません。

各バージョンの発売年とサポート期限 マイクロソフトOfficeの...

何らかの事情でパッケージ版が必要なら以下のリンクから購入できますが在庫限りです。

かつての「ダウンロード版」とは?

「箱」という意味の「パッケージ版」に対して「ダウンロード版」がありました。

これはマイクロソフトストアやAmazonなどでプロダクトキーのみを購入する形です。

そしてマイクロソフトOffice本体はインターネットからダウンロードし、購入したプロダクトキーを入力すると使用可能になるわけです。

パッケージ版を購入するとDVD-ROMとプロダクトキーが入った「箱」が送られてきます。

もちろん箱が手元に届くまでOfficeを使うことはできません。

それに対してダウンロード版を購入するとプロダクトキーが発行され、「箱」は送られてきません。

Officeはネットからダウンロードして購入後すぐに使うことができました。

現在は購入不可

現在ではOffice 2013やOffice for Mac 2011のかつてのダウンロード版の購入はできなくなっています。

Office 2016でパッケージ版は廃止

パッケージ版、つまり「箱」はOffice 2016で廃止されました。

まあ、パッケージにDVDが入っているならまだしもプロダクトキーが書かれた紙だけが入っているのあれば誰もが箱なんか無駄だと感じていたのではないでしょうか。

Office2016の価格

永続ライセンスのマイクロソフトOfficeの最新版はOffice 2016です。

サブスクリプションのOfficeに比べてどんな場合に価格メリットがあるでしょうか。

通常はサブスクリプションがお得 Office 365...

パッケージ代わりに登場したPOSA版

パッケージ版が廃止された代わりに登場したのがPOSA版です。

大きく場所を取るパッケージに代わって店頭では以下の記事のようなマイクロソフトOfficeの「POSAカード」がおかれるようになりました。

POSAカードとマイクロソフトOffice

Office 2016やOffice 365 Soloはマイクロソフトストアなどインターネットでの販売の他に店頭で「POSAカード」として販売されています。

POSAカードとは? コンビニや家電量販店などで写真のようなカード...

コメント

  1. oonn より:

    Excel2010,2013,2016で使っているマクロが問題なく使えないと困る人はどうすればいいの?