Office for Mac 2011

Office for Mac 2011

2019年10月にリリースされたmacOS 10.15 Catalina以降、Office for Mac 2011は使えなくっています。

すでにサポートが終了しているOffice for Mac 2011

2017年10月10日でOffice for Mac 2011のメインストリームサポートはすでに終了しています。

また、Office for Mac 2011に延長サポートはありませんでした。

ただ、サポート終了後も起動しなくなるわけではなく、リスクはあるものの使うことはできていました。

スポンサーリンク

32ビットアプリのサポート終了

macOSは2012年のMac OS X 10.8 Mountain Lionですでに64ビットのみとなっています。

しかし、32ビットのアプリはmacOS 10.14 Mojaveまでサポートが続けられてきました。

macOSの64ビット化後も長年32ビットアプリのサポートが続けられてきたのは既存の32ビットアプリのためだと思われます。

その32ビットアプリのサポートがCatalinaで遂に終了しました。

今まで使えてきた多くの32ビットアプリはすべてCatalina以降のmacOSでは起動できなくなっています。

そしてそれら32ビットアプリにはOffice for Mac 2011も含まれるのです。

サポート終了後もOffice for Mac 2011を使い続けていた人はmacOSをCatalinaやBig Surにすると使えなくなります。

Office 2021への移行

現在のマイクロソフトOfficeはOffice 2021です。

Office
Home & Student
2021 for Mac
Office
Home & Business
2021
価格 26,184円38,284円
Windows対応 ×
Excel
Word
PowerPoint
Outlook
Office Home & Student 2021 for Mac
永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint
2台までのMacで利用可能
Office Home & Business 2021
永続ライセンス
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました