お買い得なOffice Home and Student 2019 for Mac

Macで使うために購入するマイクロソフトOfficeのエディションを決める時、とても大きな要素があります。

それは、Windowsでも使うか否か、です。

もし、Windowsでは使わずMacだけで使えればいいのであれば、Office Home and Student 2019 for Macというお買い得なエディションを選択できます。

スポンサーリンク

アカデミック版との違い

学生か教職員の場合、お買い得なOfficeとしてアカデミック版という選択肢もあります。

Office Academic 2019 for Mac
マイクロソフト
34,800円16,704円
Prime Student会員限定で注文確定時に52%OFF
2台までのMacで利用可能

しかし、アカデミック版は商用利用ができません。

商用利用とは売り上げや給料が発生する作業に使うことです。

アカデミック版がお買い得価格なのはこの制約のためです。

学生の間は問題にならないと思いますが、卒業して就職した会社のExcelファイルを自宅で編集したい、となった場合はアカデミック版は使えません。

他のエディションとの比較

Office
Home and Student
2019 for Mac
Office
Home and Business
2019
Office
365 Solo
ライセンス 永続 サブスクリプション
バージョン 2019固定 常に最新
費用(1年目) 25,704円 37,584円 12,744円
費用(2年目) 25,488円
費用(3年目) 38,232円
費用(4年目) 50,976円
Mac
Windows 10
Windows 8.1 / 7
iOS / Android
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
インストール可能台数 Mac 2台 Mac/PC 2台 Mac/PC 無制限
(ログインは5台まで)
OneDrive 1TB
Office Home and Student 2019 for Mac
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint
2台までのMacで利用可能
Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能
Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

Office Home and Businessとの違い

Office Home and Student for 2019 MacはHome and Businessに比べて11,880円安くなっています。

Home and StudentはHome and Businessに比べて以下の制限があるためです。

  • Windowsでは使えない
  • Outlookがない

Outlookは企業で使われるExchange Serverのクライアントソフトです。

仕事以外の個人で使うようなソフトではないため、「Business」でなく「Student」と名のつくHome and Studentに含まれないのは当然といえば当然です。

Office 365 Soloとの違い

Office 365 Soloとは1年12,744円で最新のマイクロソフトOfficeが使える契約で、「サブスクリプション」と呼ばれます。

マイクロソフトOfficeのすべてのアプリを常に最新の状態(2019などのバージョンに関係なく)で使うことができます。

ただし、毎年利用料金を払い続ける必要があります。

コメント

  1. 漢字Talk より:

    Office 2019は、Home and Students においても商用利用が出来なかったような気がします。