Officeをプロダクトキーでインストールする

プロダクトキー

購入したのはプロダクトキー

マイクロソフトOfficeを購入すると入手できるのは「XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX」の25文字の英数字とハイフン(-)で構成される「プロダクトキー」です。

ネットでOfficeを購入するとこのプロダクトキーがオンラインで発行されます。

Office搭載パソコンを購入するとプロダクトキーが印刷された紙が同封されています。

OfficeのPOSAカードにはプロダクトキーが記載されています。

また、かつてOfficeは店頭でパッケージ(箱)に入れられて売られていました。

パッケージの中身はOfficeのプログラムが入ったDVD-ROMとプロダクトキーが印刷された紙でした。

やがてパッケージからDVD-ROMが消え(プログラムはネットからダウンロードする)、プロダクトキーの紙だけとなり、現在ではパッケージは販売されていません。

このようにマイクロソフトOfficeの購入とはプロダクトキーを入手することです。

Officeのプログラムを購入するわけではありません。プログラムは別途、インターネットからダウンロードします。

インストール方法

パソコンにOfficeをインストールするにはブラウザでhttps://setup.office.comを開き、「サインイン」をクリックしてOfficeのプロダクトキーと紐付けるMicrosoftアカウントでサインインします。

再インストールの場合は以前にOfficeのプロダクトキーと紐付けたMicrosoftアカウントでサインインです。

プロダクトキーとMicrosoftアカウントの関係についてはいくつか注意点がありますので後述します。

https://setup.office.com

購入したプロダクトキーを入力します。

プロダクトキーの入力

再インストールの場合、「このプロダクトキーは既に使用されています。」と表示されるので、「Microsoftアカウントからインストールする」をクリックします。

このプロダクトキーは既に使用されています。Microsoftアカウントからインストールする

サービスとサブスクリプションのページに「購入済みの製品」として先程、プロダクトキーを入力したOffice製品が表示されるので、「インストール」をクリックするとインストーラーのダウンロードが始まります。

ダウンロード終了後、「ファイルを開く」をクリックすると「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので、「はい」をクリックするとOfficeのインストールが始まります。

デフォルトは「いいえ」になっているため、ここでリターンキーを押すとOfficeはインストールされないので注意が必要です。

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

プロダクトキーとMicrosoftアカウント

OfficeのプロダクトキーとMicrosoftアカウントの関係ではいくつか注意すべき点があります。

  • 個人ライセンスはMicrosoftアカウントと紐付く
  • Microsoftアカウントの変更はできない
  • WindowsのMicrosoftアカウントとは別

個人ライセンスはMicrosoftアカウントと紐付く

マイクロソフトOfficeには個人ライセンスの製品と法人ライセンスの製品があります。

製品 アカウント
個人
ライセンス
Office 2021
Office Academic 2021
Microsoft 365 Family
Microsoft 365 Personal
プリインストール版Office
Microsoft
アカウント
法人
ライセンス
Microsoft 365 Business
Office 365
Office 365 Education
職場または学校
アカウント

法人ライセンスは管理者によって各ユーザーの「職場または学校アカウント」に紐付けされます。

職場または学校アカウントとは組織の管理者が発行する電子メールアドレスです。

法人ライセンスも職場または学校アカウントも管理者によって管理されるため、各ユーザーが自分で管理するのはパスワードだけです。

例えば、入社や入学すると電子メールアドレスとOfficeが使用可能になり、退社や卒業すると使えなくなります。

それに対し、個人ライセンスはMicrosoftアカウントに紐付けるため、自分でライセンスとMicrosoftアカウントをしっかり管理する必要があります。

Microsoftアカウントの変更はできない

Officeのライセンス(プロダクトキー)に紐付けたMicrosoftアカウントは変更できません。

例えば、知人に頼まれてOffice搭載パソコンをセットアップ中にOfficeのライセンスを誤って自分のMicrosoftアカウントと紐付けてしまうともうどうにもなりません。

後から知人のMicrosoftアカウントに変更することはできないのです。

Microsoftアカウントとの紐付けは慎重に行う必要があります。

WindowsのMicrosoftアカウントとは別

Officeライセンスを紐付けるMicrosoftアカウントとWindowsにログインするMicrosoftアカウントは別であっても問題ありません。

仕事用や個人用など1人で複数のMicrosoftアカウントを持っている場合、アカウント毎にOfficeライセンスを購入する必要もありません。

複数人でのライセンス共有

PCを複数人で使用する場合、インストールされているOfficeを使えるか否かは製品によって異なります。

製品 複数人での使用
プリインストール版Office
Office 2021
(1台にインストール)
Office 2021
(2台にインストール)
Office Academic 2021
Microsoft 365 Personal

永続ライセンスのOffice 2021は2台までのPCにインストールできます。

1台だけで使うなら複数人で使えますが、2台で使う場合は複数人では使えません。

Microsoft 365 Personalのインストール台数は無制限(同時使用は5台まで)ですが、契約者しか使えません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました