Office Mobileとは?

Office Mobileとはタブレットやスマホなど画面サイズの小さい端末向けに最適化されたマイクロソフトOfficeです。

このOffice MobileとWindowsやMacで使うデスクトップ版のOfficeとの違いは何でしょうか?

スポンサーリンク

サポートOSの違い

Office Mobileはその名の通り、タブレットやスマホ向けのモバイルOSをサポートしています。

Office Mobile デスクトップ版Office
iOS (iPad / iPhone)
Android
Windows 10 Mobile
Windows 10
Windows 8
Windows 7
Mac OS

上の表を見ると多くの人が2つの疑問を抱くのではないでしょうか。

  • Windows 10 Mobileとは?
  • Windows 10でOffice Mobile?

Windows 10 Mobileとは?

Office MobileがサポートするWindows 10 Mobileとはスマホ版のWindows 10とも言えるOSです。

Windows 10 Mobileを搭載した端末はいくつか登場したものの、iOS(iPhone/iPad)とAndroidのようには普及しませんでした。

Windows 10でOffice Mobile?

ちょっとややこしいのがWindows 10ではOffice Mobileとデスクトップ版Officeの両方が利用可能な点です。

Windows 10のストアアプリからOffice Mobileをインストールできます。

ただし、デスクトップ版OfficeがインストールされているとストアアプリにOffice Mobileは表示されません。

つまり、Office Mobileはデスクトップ版Officeとは共存できません。

どんな意味があるのか

通常のマイクロソフトOfficeが使えるWindows 10でOffice Mobileが使えることにどんな意味があるのでしょうか。

たしかにスマホでもパソコンでも同じOffice Mobileが使えるのは技術的にはすごいとは思います。

しかしですよ、Windows 10から通常のOfficeをアンイストールしてまでOffice Mobileを使いたがる人っているのでしょうか。

Chrome OSでも使える

Chrome OSとはGoogleが開発しているOSです。

OS(オペレーティング・システム)とはWindows OSやMac OSと同様のコンピューターの基本ソフトです。

Chrome OSを搭載したパソコンとしてはChromebookが有名です。

マイクロソフトOfficeにはChrome OS版は存在しません。

しかし、Chrome OS上ではAndroidのアプリが動作します。

つまり、AndroidをサポートしているOffice MobileはChrome OS上で動作します。

ライセンスはOffice 365に含まれる

Office Mobileを使うためのライセンスはOffice 365に含まれます。

Office 365とはサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは年間(または月間)料金を支払ってOfficeを使う契約です。

サブスクリプションに対し、Office 2019など製品名に西暦4桁の数字がつく買い切りのOfficeは永続ライセンスと呼ばれます。

Office 365は教育機関向けなどいつかの種類がありますが、一般向けはOffice 365 Soloです。

Office 365はMicrosoftアカウントに紐付けられる

Office 365のライセンスはOffice MobileのExcelやWordにはMicrosoftアカウントでサインインすることで確認されます。

Office 365のライセンスはMicrosoftアカウントに紐づくためです。

そのため、会社や学校などでOffice 365契約と紐付いたMicrosoftアカウントがない場合は以下から紐づけを行えます。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

Office 365のライセンス無しで使える条件

Office 365のライセンスと紐付いていないMicrosoftアカウントでも以下のすべての条件に該当すればOffice Mobileの機能の一部を使うことができます。

  • 非商用利用
  • 10.1インチ以下の端末
  • 機能制限

非商用利用

Office 365の契約無しにOffice Mobileを商用利用することはできません。

商用利用とは仕事に使うことです。

例えばOffice 365の契約無しに会社のExcelファイル(会社ですから商用のファイルです)をOffice Mobileで編集することはライセンス違反です。

10.1インチ以下の端末

Office Mobileを使う端末の画面サイズが10.1インチを超える場合、Office文書の閲覧はできるのですが編集はできません。

つまり事実上、Office 365無しにOffice Mobileを非商用利用できるのは画面サイズが10.1インチ以下の端末ということになります。

機能制限

非商用利用で10.1以下の端末であってもOffice 365無しでは一部の編集機能が使えません。

インストール方法

iOS(iPhone/iPad)はこちら。

Androidはこちらです。

新型iPhone予約キャンペーン

9月19日(木)20時までの期間限定で現金キャッシュバック!!

対象機種

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
月額料金例
基本プラン 1,058円
データプラン50GB+ 7,020円
1年おトク割 -1,080円x12ヶ月
下取りプログラム -990円x24ヶ月 機種により異なる
ユニバーサルサービス料 3円
合計 6,011円~ + 機種代金

詳細は下のボタンをクリックし、「ご質問・ご要望」欄に「特別キャンペーンを希望」と入力して問い合わせください。 おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

オフィス
オフィス

コメント

  1. 匿名 より:

    「非商用利用しない」だと、否定の否定になってしまい、記事内容と意味が合わなくなります。
    「非商用利用」または「商用利用しない」とすべきでは?