Office Online (オフィスオンライン)

紛らわしい名称

マイクロソフトOfficeにはブラウザ上で動作するWeb版(Office on the web)があります。

昔はWeb版のOfficeは「Office Online (オフィスオンライン)」と呼ばれていたのですが、2019年7月に以下のように名称変更されました。

新名称
(2019年7月〜)
旧名称
Office Office Online
Word Word Online
Excel Word Online
PowerPoint PowerPoint Online
OneNote OneNote Online

つまり、名称から「Online」が取れてしまったのです。

この変更によって例えば「Excel」と言った場合に次のどちらを指すのかわからなくなってしまいました。

  • Windows/Macで動作するExcel
  • ブラウザ上で動作するExcel(旧称: Excel Online)

そのため「Web版のOffice」などとも呼ばれていますが、紛らわしいので以降の説明ではブラウザ上で動作するOfficeはあえて旧称(Excel Onlineなど)を使用します。

無料利用の制限

Office Onlineは無料で使えます。

通常のOfficeと比べて機能制限(後述)があるとはいえ、マイクロソフト純正のOfficeが無料で使えるのです。

しかし、Office Onlineを無料で使う場合、以下の制限があります。

  • 商用利用できない
  • Officeスクリプトが使えない

商用利用できない

商用利用とは仕事で使うことです。

Office Onlineは無料利用では商用利用ができません。

商用利用するには以下の法人向けライセンスが必要です。

  • Microsoft 365 Business Basic (旧称 Office 365 Business Essentials)
  • Microsoft 365 Apps for business (旧称 Office 365 Business)
  • Microsoft 365 Business Standard (旧称 Office 365 Business Premium)
  • Microsoft 365 Business Premium (旧称 Microsoft 365 Business)
  • Microsoft 365 Apps for enterprise (旧称 Office 365 ProPlus)
  • Office 365 E3
  • Office 365 E5

Officeスクリプトが使えない

Office OnlineではVBA(マクロ)が使えません。

VBAはExcelやWordで自動処理をするための機能です。

そのVBAが使えない代わりにOffice OnlineのExcelでは「Officeスクリプト」(Office Scripts)が使用できます。

OfficeスクリプトはVBAと同様に自動処理をするための機能ですが、ベースとなっているプログラミング言語がブラウザ上で動作するJavaScriptになっています(VBAはVisual Basic for Applications)。

Office Onlineの無料利用ではこのOfficeスクリプトが使えません。

Officeスクリプトを使うためには前述の法人向けライセンスか以下の教育機関向けのライセンスが必要です。

  • Office 365 A3
  • Office 365 A5

ChromebookやLinuxでも使える

通常のフルブラウザで動作するため、通常のデスクトップ版が未対応のChroembook(Chrome OS)やLinuxでも使用可能です。

iPadやAndroidでは使えない

Office Onlineはいわゆるフルブラウザでしか動作しません。

iPadやAndroidのブラウザはモバイル版のため、Office Onlineは使えません。

機能の制約

Office Onlineは通常のOfficeに比べて機能的な制約があります。

  • ファイルの保存先はOneDriveのみ
  • インターネット接続が必須
  • 接続速度が遅いと動作がもたつく
  • マクロ(VBA)が使えない(代わりにOfficeスクリプトが使える)
  • ショートカットキーの一部が使えない

Word Online

  • 目次の作成
  • 差し込み印刷
  • ページ番号、行番号
  • 行間調整
  • 高度なテーブル編集
  • ルーラー・グリッドライン
  • Word用アドイン
  • 図表番号
  • 引用文献と資料文献の追加
  • 定型句、送付状、⽂献⽬録、⽬次、索引、数式、透かし
  • ⽂書パーツとテーマ
  • IRM(Information Rights Management)で保護されたドキュメントの編集

Excel Online

  • グラフの種類が少ない
  • CSVファイル
  • 図の編集

PowerPoint Online

  • リアルタイムでのプレビュー
  • オーディオの追加
スポンサーリンク

起動方法

Office Onelineにはいくつかの起動方法があります。

  • office.com
  • Officeアプリ
  • OneDrive
  • インストール

Office.com

Office.comとは以下のような機能を提供するサイトです。

  • Office Onlineの起動
  • 通常版オフィスのインストール
  • Officeのサポート情報の提供
  • Outlook.comなどマイクロソフトのサービスへの移動

以下のボタンをクリックするとブラウザでOffice.comが開かれます。

下図の赤で囲んだアイコンをクリックするとExcel Online、Word Online、PowerPoint Onlineが起動します。

ちなみに「Outlook」と「OneNote」のアイコンもOffice Onlineでは?

と思う方もいるのではないでしょうか。

「Outlook」アイコンをクリックしても「Outlook Online」のようなアプリが起動するわけではなく、Outlook.comへ移動します。

OneNoteはOffice 2016まではOfficeアプリの1つでしたが、Office 2019からOfficeには含まれなくなっています。

Officeアプリ

Officeアプリ(旧称My Office)はOffice.comのアプリ版といった感じです。

OfficeアプリはOffice.comと以下の点が異なります。

Officeアプリ Office.com
対応OS Windows 10のみ Windows
Mac
Linux
対応ファイル OneDriveのファイル
ローカルファイル
OneDriveのみ
対応Office 通常のOffice
Office Online
Office Online

Officeアプリは通常のOfficeがインストールされていれば、Office Onlineでなく通常版Officeを起動します。

そのため、OfficeアプリでOnlineと通常のOfficeを併用することはできないようです。

OneDrive

OneDriveとはマイクロソフトのオンラインストレージサービスです。

Office OnlineはOneDrive上のファイルしか扱えません。

ただし、Windows 10は標準でOneDrive上のファイルとローカルファイルを同期しています。

そのため、ローカルのOneDriveフォルダーにOfficeファイルを置けばOffice Onlineで扱えます。

OneDriveからOffice Onlineを起動するにはブラウザでOneDriveのサイトを開きます。

Office Onlineで新規ファイルを作成するには「新規」をクリックし、「Word文書」や「Excelブック」などを選択します。

また、OneDriveサイトで既存のOfficeファイルをクリックするとファイルに対応するOffice Onlineが起動します。

インストール

ブラウザ上で動作するOffice Onlineを「インストール」すると言うと不思議に思われかもしれません。

Office OnlineはPWA(Progressive Web Apps)に対応しており、ブラウザを使った「インストール」が可能です。

PWAとはブラウザアプリをローカルアプリケーションのように扱う仕組みです。

Windows標準ブラウザのEdgeはOffice Onlineのインストールに対応しています。

例えばExcel OnlineをインストールするにはChromium版EdgeでExcel Onlineを開き、右上の「…」メニューから「アプリ」-「このサイトをアプリとしてインストール」を選択します。

アプリ名を入力し、「インストール」ボタンをクリックします。

スタートメニューとデスクトップにExcel Onlineへのショートカットが作成されます。

それらのショートカットを起動するとOffice Onlineをまるで普通のアプリのように使えます(アプリのように見えるのは実際にはEdgeブラウザのウインドウです)。

コメント