Office Home and Business PremiumとOffice Personal Premium

Office Premiumとは2014年末頃からパソコン(PC)にプレインストールされていたマイクロソフトOfficeです。

しかし、2018年春頃からOffice Premiumではなく、プレインストール版Office 2016に置き換わり、2018年12月からはさらにOffice 2019に置き換わりました。

スポンサーリンク

Office Premiumとプレインストール版Office 2016の違い

Office Premium プレインストール版
Office 2016
Officeバージョン 常に最新 2016固定
Office 365サービス 6,264円/年(税込)
(最初の1年は無料)
使用制限 プリインストールされたPCでしか使えない

Office Premiumは常に最新

プレインストール版のOffice 2016のバージョンはその名の通り2016固定です。

Office 2016がプレインストールされたパソコンで新しいバージョンが使いたければ、お金を出してサブスクリプションのMicrosoft 365 Personal(当時は旧称のOffice 365 Soloでした)を契約するか、永続ライセンスのOffice 2019を購入する必要があります。

それに対して、Office PremiumのOfficeは常に最新に更新されます。

Office PremiumはOffice 365サービスが使える

Office Premiumは以下のOffice 365サービスを使うことができます。

  • OneDriveの容量を1TBに増量
  • iOS / Android版Officeの商用利用権
  • 60分/月のSkype無料通話

同様のサービスはMicrosoft 365 Personalにも含まれています。

Microsoft 365 Personalが12,744(税込)/年なのに対し、Office 365サービスなら6,264円/年(税込)で使うことができるうえ、最初の1年間は無料です。

つまり、Microsoft 365 PersonalのOfficeアプリ部分のライセンスを買い切り(プレインストール)にしたのがOffice Premiumといった感じです。

Office Premium Microsoft 365 Personal
ライセンス Officeアプリ 買い切り サブスクリプション
Office 365サービス サブスクリプション
年間使用料(税込) Officeアプリ 無し 12,744/年
Office 365サービス 6,264円/年
(1年目無料)
Officeアプリの使用制限 プレインストールされたPC1台のみ PC/Mac 無制限
(ログインは5台まで)

パソコン1台でOffice 365サービスを使うのであれば、Microsoft 365 PersonalよりOffice Premiumのほうがお得だったのです。

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能

他のPCで使えない点は同じ

Office Premiumもプレインストール版Office 2016もプレインストールされたPCでのみ使用でき、別のPCにインストールすることはできませんでした。

もし、プレインストールされたPCが壊れてしまうとOfficeを使う権利はなくなりました。

スポンサーリンク

Office Premiumの何がダメだったのか?

Office Premiumなら常に最新のOfficeが使え、Office 365サービスも使える。

それならプレインストール版Office 2016より、Office Premiumのほうが明らかに優れていました。

しかし冒頭で述べたとおり、Office Premiumはプレインストール版Office 2016に置き換わってしまいました。

わかりづらい

その理由はおそらくOffice Premiumの「わかりづらさ」ではないでしょうか。

  1. Officeアプリは(Microsoft 365 Personalのように)毎年の料金を払っていないのに常に最新のOfficeに更新される。
  2. Office 365サービスは2年目以降、料金を払わないと使えなくなる。

1番目はユーザーにとって損はないので文句を言う人はいないでしょう。

しかし、2番目についてはよく理解しないままOffice 365サービスを使いはじめ、2年目からは有料だとわかった時に怒った人もいたかもしれません。

コメント