OneNoteとEvernote

EVERNOTEにアップしよう

OneNoteはよくEvernoteと比べられます。

両者とも無料で使うことも有料で使うことに出来ます。

無料の場合と有料の場合、それぞれについてOneNoteとEverNoteを比べてみます。

比較対象のOneNote

現状、OneNoteには無印のOneNoteとOneNote 2016の2種類があります。

OneNote 2016は既にサポート終了が決まっているため、この記事では無印のOneNoteを比較対象としています。

OneNoteとEvernoteの違い(無料・有料共通)

OneNote Evernote
ノートの整理方法 階層管理 タグ管理
アップロード制限 OneDriveの容量 月間アップロード制限
ノートの表現力 作図、作表も可能 リッチテキストエディタ程度
操作性 マイクロソフトOfficeと同じ 独自

OneNoteには月間アップロード容量の概念がない

Evernoteでは月間アップロード容量の縛りがあります。

月間アップロード容量をオーバーすると次の月までノートを同期することができなくなってしまいます。

OneNoteにはこの概念がなく、保存(アップロード)できるノートの総サイズはノートを保存するOneDrive(オンラインストレージ)の容量に依存します。

ノートの整理方法の違い

OneNoteではノートを階層管理します。

OneNoteは複数の「ノートブック」を持ち、「ノートブック」の中に複数の「セクション」があります。

そして「セクション」は複数の「ページ」を持っています。

パソコンの階層フォルダのような感じです。

Outlookのような一昔前のメールアプリもメールを階層で管理します。

OneNoteでノートを扱う時はこの「ページ」はどの「ノートブック」のどの「セクション」にあるのがいいのが、常に階層構造を意識する必要があります。

この階層構造のノートは勉強したことを整理しながらまとめるような時に有用です。

EvernoteにはOneNoteのような階層の概念はありません。

ノートは「タグ」をつけて整理、またはそもそもノートを整理せず、なんでもかんでもEvernoteに放り込んでおいて、全文検索で探しだす、という使い方をします。

これはGmailでのメールの扱いに似ています。

デジタルノートとしてOneNoteよりEvernoteのほうが人気があるのはこのノートの整理方法の違いが大きいように思います。

ノートの表現力の違い

最近はA4 1枚程度の簡単な文書はEvernoteで作成して印刷するようになりました。

つまり、Evernoteを簡易ワープロとしても使っています。

Wordで作るよりも簡単て後で検索するのが楽で、何よりWordファイルを管理する手間がないためです。

ただ、Evernoteはワープロソフトではないためノートの表現力には限界があり、リッチテキストエディタ程度の表現しかできません。

それに対してOneNoteは表現力の高いノートを作成できます。

ExcelやWordユーザーならOneNoteはすぐに使える

OneNoteはマイクロソフトOffice(ExcelやWordなど)と同じマイクロソフトの製品です。

操作性はマイクロソフトOfficeと統一されているため、ExcelやWordのユーザーであればOneNoteはすぐに使いこなせます。

OneNoteとEvernoteの違い(無料で使う場合)

OneNote Evernote
同期可能台数 無制限 2台
ノートサイズ上限 なし 25MBまで
アップロード制限 5GB 60MB/月

これをみるとEvernoteを無料で使うのは難しそうですね。

  • Evernoteは無料では2台までしか使えない
  • Evernoteは無料ではファイルに使えない

Evernoteは2台までしか使えない

Evernoteは無料では同期できる端末が2台までに制限されています。

例えば自宅のPC、スマホ、会社のPCの3端末で無料で使おうとすると、Evertenoteにログインした時に以下のメッセージが表示されます。

端末数の上限に達しました。Evernoteベーシックでは、最大で2台の端末からノートにアクセスできます。すべての端末でアクセスできるようにアップグレードするか、「アクセスを取り消す」をクリックして以下のうち1台からログアウトしてください。なお、Evernote Web(ブラウザ版)は端末としてカウントされません。

このメッセージの選択肢は2つですがどちらも幸せにはなれません。

アップグレードする

アップグレードとはEvernoteの有料プランする、と意味です。

アクセスを取り消す

その端末でEvernoteアプリを使うのを辞めるということです。

WindowsかMacであれば通常のアプリでなくWeb版(ブラウザ版)のEvernoteを使うこともできます。

ログインして使ってみるとわかる通り、とてもアプリ版にはかなわない使い勝手です。

また、Web版はスマホやタブレットでは使えません。

Evernoteは無料ではファイル整理に使えない

OneNoteもEvernoteもノートにファイルを添付することでファイル整理に使うことができます。

ノートでファイルと一緒にファイルについてのメモ書きなどを記入することで、ファイルをすぐに見つけ出せるメリットがあります。

しかし、Evernoteを無料で使うとノートサイズの上限がわずか25MBのため、当然25MB以上のサイズのファイルは添付できません。

もし25MB以下のファイルであってもすぐに60MBの月間アップロード制限に引っかかってしまいます。

つまり、Evernoteは無料では事実上、ファイル管理には使えません。

OneNoteとEvernoteの違い(有料で使う場合)

OneNote
+ Office 365 Solo
EVERNOTEプレミアム
ノートサイズ上限 無制限 200MB
アップロード制限 1TB (1024GB) 10GB/月
料金(税込) 12,744円/年 5,203円/年
マイクロソフトOffice Office 365 Soloに含まれる
オンラインストレージ OneDrive 1TB

OneNoteを有料で使うとは?

OneNote自体は無料です。

しかし、ノートデータの保存先であるOneDriveの容量は無料では5GBの容量しかありません。

OneDriveの容量はOffice 365 Soloを契約することでを1TB(1024GB)に増量されます。

そして増えた容量はOneNoteのデータ保存以外にも通常のオンラインストレージとしてもつ使うことができます。

ちなみにDropboxの1TBの料金は以下のようになっています。

【12/25(火)まで18%OFF】Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
12,000円9,800円

それだけでなくマイクロソフトOfficeのすべてのアプリ(ExcelやWord)をWindowsでもMacでもスマホでも使うことができるようになります。

そのOffice 365 Soloの料金は以下です。

【1年版購入で3,000円キャッシュバック】Office 365 Solo
マイクロソフト
12,744円実質9,744円
12/25(火)購入までの期間限定
購入後2019/1/31(木)までに応募用紙を郵送すると3,000円をキャッシュバック
※1ヶ月版と無料試用はキャッシュバックの対象外

EVERNOTEプレミアムパック

Evernoteの公式サイトでは有料プランであるEVERNOTEプレミアムの料金は5,200円/年となっています。

しかし、EVERNOTEプレミアムパックという商品があります。

EVERNOTEプレミアムパックとは既存のEvernoteアカウントを1年間プレミアム会員にできる暗証番号が含まれたパッケージです。

Evernote公式ではなくEVERNOTEプレミアムパックを使うことで上の表の料金でEVERNOTEプレミアムを使えます。

OneNoteを有料で使うよりは安くつきますが、200MBを超えるファイルは添付できず、月のアップロード量上限もあるため、Evernoteでは大きなファイルを管理するのは難しいです。

もちろん、マイクロソフトOfficeもオンラインストレージも使えません。

EvernoteからOneNoteへ移行する

EvernoteからOneNoteへ移行したい。

でも既にEvernoteに大量のデータをため込んでしまっていて・・・。

そんな人のためにEvernoteのデータをOneNoteに移動するツールが用意されています。

マイクロソフトのツールですが、WindowsだけでなくMacでも動作します。

コメント