OneNoteとOneDriveの違い

OneNoteとOneDriveの違いについて聞かれることが多いです。

両方とも名前の先頭に「One」がついているので混乱している人が多いのだと思います。

OneNoteとOneDriveは名前が似ているだけでなく密接に関係しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OneNoteとは?

OneNoteとはマイクロソフトのデジタルノートアプリです。

OneDriveとは?

OneDriveとはマイクロソフトが提供するオンラインストレージサービスです。

オンラインストレージとはインターネット上にファイルを保存するサービスです。

WindowsにはこのOneDriveにアクセスするための機能が統合されています。

Microsoftアカウント作成で5GBのOneDrive

MicrosoftアカウントとはWindowsやマイクロソフトOfficeなどへのログインなどに使われるアカウントです。

そのMicrosoftアカウントを取得すると5GBのOneDriveが使える様になります。

しかし、OneNoteの保存先として使う場合、5GBでは不足です。

なぜならOneNoteはノートのサイズに制限がなく、動画などの大きなファイルもノートに添付することで、ノートとファイルを紐付けて管理するできるからです。

Office 365 Soloで1TBに

OneDriveの容量を増やすにはサブスクリプションOfficeであるOffice 365 Soloを契約します。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

契約すると驚くことにOneDriveの容量が1TB(1024GB)に増えます。

さらにExcelやWordといったすべてのマイクロソフトOfficeアプリも使えます。

しかもWindowsでもMacでも使うことができます。

ちょっとビックリするような話ですが、「Office 365 Solo」という名前からわかる通り、1TBのOneDriveのおまけがマイクロソフトOfficeなのではなく、1TBのほうがおまけのようです。

ただ、Office 365 Soloは1TBのオンラインストレージとしてだけ考えても納得できる価格です。

OneNoteとOneDriveの関係

OneNoteのノートがOneDriveに保存されることには大きなメリットがあります。

  • スマホでもパソコンでも使える
  • ノートがなくならない

スマホでもパソコンでも使える

OneNoteにはWindows版やMac版の他にiOS版とAndroid版があります。

Microsoft OneNote
Microsoft Corporation
Google Play で手に入れよう

パソコンでもスマホでも同じOneNoteのノートを参照したり見たりできるのです。

ノートがなくならない

前述の通り、Office 365 SoloがあればOneDriveの容量は1TBです。

OneNoteにはテキストだけでなく、通常のファイルや写真を含む大きなノートを保存出来ますが、それでも個人で1TBを使い切ることはほぼ不可能です。

もし、パソコンやスマホが壊れたり紛失したりして、その膨大なノートがなくなることはありません。

新しいパソコンやスマホでOneNoteを開けばOneDriveに保存されたノートが復元されるからです。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オフィス
オフィス

コメント

  1. 通りすがりの尋ね人 より:

    OneDriveの容量を1TBにした場合、iphoneの容量はもちろん1TBより少ないですので、iphoneのストレージ容量を超えたデータを保存する場合、iphoneでも問題なく開けるのでしょうか?

    • iPhoneユーザー より:

      iPhoneは必要な時だけOneDriveからファイルの実体を取得するので、まったく問題なく使えますよ。