パソコン(オフィス付き)

パソコンとマイクロソフトOfficeのコストを考えた場合、最もコストパフォーマンスがいいのはオフィス付きのパソコンを買って壊れるまで使うことです。

スポンサーリンク

オフィス付きとオフィス無しのパソコンはどちらが得なのか?

パソコンとマイクロソフトOfficeの両方を購入する場合、以下の選択肢があります。

  • Office 2019付きパソコン
  • オフィス無しパソコン + Office 2019
Office 2019付き
パソコン
オフィス無しパソコン
+ Office 2019
Office価格 パソコン価格に含まれる 32,784円〜
Officeライセンス プリインストール 永続
Officeの使用期限 パソコンが壊れるまで 無し
(現実にはサポート終了まで)
インストール可能台数 付属していた
パソコン以外では使用不可
最大2台

上の表からわかるのはオフィス付きパソコンがお得なのは1台のパソコンで使う場合ということです。

もし、2台のパソコンで使うならオフィス無しパソコンと別途Office 2019を購入した方が安くつきます。

Office Personal 2019
マイクロソフト
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能
Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能
Office Professional 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher
2台までのWindows PCで利用可能

オフィス付きパソコンのリファレンス

マイクロソフトOfficeやWindowsはマイクロソフト社によって開発され、各パソコンメーカーに提供されています。

そのマイクロソフトが自身で開発しているパソコンがSurfaceです。

Surfaceにはオフィス付きWindowsパソコンのリファレンス(お手本)的な性格があります。

  • Officeを余裕で動かせる性能
  • Office Home and Business 2019が付属
  • Windows標準以外の余計なソフトがインストールされていない

パソコンの中にはOfficeを快適に使えない性能のものも多くあります。

オフィス付きといっても価格を下げるためにOffice Personal(PowerPointが含まれないため少し安い)のもの多いです。

また、余計なソフト(体験版とか)がインストールされていて使いづらいものもあります。

マイクロソフト純正のSurfaceであればそういった心配はない、というわけです。

クラムシェル型

クラムシェル(貝殻)とは貝殻のように2つに折り畳むタイプのノートパソコンです。

ノートパソコンでは最も一般的で無難な形です。

2in1型

2in1とはタブレットとしてもノートパソコンとしても使えるタイプです。

Surfaceと聞くとこの2in1を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

モバイル向け

こちらも2in1ですが、スマホのような常時LTE接続が可能です。

たとえ外出先でもインターネット接続について考える必要がありません。

また、キーボード込みで785gという軽さを実現しているのがこちら。

Home and Business 2019搭載のお得なパソコン

オフィス付の安いパソコンはOffice Personalだったり、オフィスのバージョンが古かったりのがほとんどです。

そんな中、Office Home and Business 2019搭載のお得なノートパソコンがこちら。

Windows 10 HomeのSモードの状態で出荷されていますが、Sモードを解除して通常のWindows 10 Homeとして使うことが可能です。

マイクロソフトOfficeセット割キャンペーン

HPがマイクロソフトOfficeセット割キャンペーンを実施しています。

対象のPC本体とセットでOffice Personal 2019が無料、Office Home and Business 2019が8,000円で購入できます。 マイクロソフトOfficeセット割キャンペーン

コメント