パワーポイントとは?

PowerPoint

パワーポイント(PowerPoint)とはマイクロソフトのプレゼンテーションソフトです。

エクセル(Excel)やワード(Word)といったマイクロソフトOfficeのアプリの1つです。

プレゼンテーションソフトとは?

エクセルは表計算ソフト、ワードはワープロソフト。

これはわかると思います。

ではパワーポイントはプレゼンテーションソフトですが、プレゼンテーションソフトとは何でしょうか?

プレゼンテーションとは?

プレゼンテーション(presentation)はよく「プレゼン」などとも言われます。

資料を提示して相手に理解される、納得させることです。

プレゼンテーションソフトの特徴

プレゼンテーションの資料を作るためのソフトがパワーポイントのようなプレゼンテーションソフトです。

エクセルやワードの資料でプレゼンテーションするのはダメなのか?

・・・と思うかもしれません。

できなくはないですが、エクセルもワードもプレゼンテーションには向いていません。

特にワードは印刷を前提としたソフトなのでプロジェクターに映すプレゼン資料には向いていません(詳細は以下の記事をどうぞ)。

エクセル方眼紙とOfficeソフトの使い分け

「エクセル方眼紙」って言葉をご存知でしょうか?

本来、表計算ソフトであるはずのエクセル(Excel)の作表機能を方眼紙に見立てワープロ代わりに使ってビジネス文書を作成する方法です。

WordもPowerPointも使わず...

パワーポイントには以下のような特徴があります。

  • プレゼンテーションのためのスライドを作る
  • 見栄えのいい図を簡単に作れる
  • プレゼンテーション補助機能

プレゼンテーションのためのスライドを作る

「スライド」とは紙芝居のようなものです。

パワーポイントはプロジェクターに映す複数枚の「スライド」を作成します。

プレゼンテーション時にスライドを順番に表示しながら、相手に理解してもらう、または納得してもらうための話をするわけです。

見栄えのいい図を簡単に作れる

スライドの中身が小さな文字で書かれた文章だったり、びっしり数字が詰まった表だったりしたら、それはダメなプレゼン資料です(ワードやエクセルをプレゼンに使うと自動的にそうなってしまうことは多いですが)。

可能な限り図解するのがプレゼン資料の鉄則です。

そのため、パワーポイントではエクセルやワードより遥かに簡単に見栄えのいい図を描けるようになっています。

プレゼンテーション補助機能

パワーポイントにはプレゼンテーションの進行を助けるための便利な機能があります。

プレゼンテーションはほとんどの場合、ノートパソコンの外部映像出力にプロジェクターを接続して行われます。

パワーポイントはプロジェクターにはスライドのみを表示し、手元のノートパソコンの画面には経過時間や口頭で説明するメモなどのプレゼンテーター(プレゼンをする人)を補助する情報も表示します。

パワーポイントがパソコンに入っていない?

プレゼンテーションソフトとしてはAppleのKeynoteなどいろいろなものがありますが、やはり圧倒的に有名、かつ定番なのはマイクロソフトのパワーポイントです。

前述のようにパワーポイントはマイクロソフトOfficeのアプリの1つのため、エクセルやワードがインストールされているパソコンであればパワーポイントも当然インストールされていると思われるかもしれません。

しかし、インストールされているのがOffice Personalの場合、パワーポイントは含まれないのです。

Office
Personal
Office
Home and Business
Office
Professional
ワード
エクセル
アウトルック
ワンノート
パワーポイント
アクセス
パブリッシャー

パワーポイント購入の選択肢

パワーポイントの購入には3つの選択肢があります。

  • PowerPoint 2016 単体
  • Office Home and Business 2016
  • Office 365 Solo

PowerPoint 2016 単体

パワーポイント(PowerPoint)だけを単体で購入する方法です。

単体なのに15,984円(税込)もしますのであまりお得ではありません。

PowerPoint 2016
マイクロソフト
15,984円(税込)

また、バージョンが2016固定でありいつまでも使えるものではありません。

マイクロソフトOfficeのサポート期限

マイクロソフトOfficeは2年〜3年おきに新しいバージョンが発売されます。

そして事実上、古いバージョンのOfficeを使いつづけることはできません。

各バージョンの発売年とサポート期限 マイクロソフトOfficeの...

Office Home and Business 2016

Office Home and Business 2016には以下のソフトが含まれます。

  • パワーポイント
  • アウトルック
  • ワンノート(製品版)
  • エクセル
  • ワード

既にエクセルやワードを持っているのであれば当然無駄です。

Office Home and Business 2016
マイクロソフト
37,584円(税込)

Office 365 Solo

Office 365 Soloとは年間12,744円(税込)でパワーポイントを含む以下のマイクロソフトOfficeアプリが使えるという契約です。

  • パワーポイント
  • アウトルック
  • ワンノート(製品版)
  • アクセス
  • パブリッシャー
  • エクセル
  • ワード

さらに以下のメリットがあります。

  • インストール可能台数が無制限
  • OneDrive(Windows標準のオンラインストレージ)の容量が1TB(1024GB)になる。
  • iOS版やAndroid版のマイクロソフトOfficeのフル機能を使える。

iOS版やAndroid版のOfficeについては以下の記事をどうぞ。

Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとは2014年10月に発売されたサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは Office 365以外の1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永...

PowerPointの買い足しを考えているのであればOffice 365 Soloを検討してみてはいかがでしょうか。

Office 365 Solo
マイクロソフト

コメント