パワーポイントを無料で使えないか?

マイクロソフトOfficeがプリインストールされているPCはよく売られています。

ただ、プリインストールされているエディションで多いのはOffice Personalです。

おそらくOffice Personalの価格が安いからだと思いますが、このOffice Personalにはパワーポイントが含まれていません。

最近はパワーポイントで作られる資料が増えているようです。

それで仕事のパワーポイントのファイルを家に持ち帰ったが、家のPCにはパワーポイントが入っていない。 パワーポイントは購入すれば1万以上しますから、なんとか無料で使えないか?

……という話です。

商用利用でなければ……

商用利用とは仕事に使うことです。

商用利用でなければ……、というのはつまり仕事ではダメだということです。

この時点でアウトの人がほとんどかもしれませんが、商用利用でなければ2つの方法があります。

  • Office Online
  • Office Mobile

Office Online

Office Onlineとはブラウザで動作するマイクロソフトOfficeです。

パワーポイントも含まれています。

無料で使えるのですが、基本的に商用利用はできません。

Office Mobile

Office Mobileとは主にスマホやタブレットで使われるマイクロソフトOfficeです。

パワーポイントも含まれています。

実はこのOffice MobileはWindows 10でも使うことができます。

無料で使える条件はOffice Onlineより複雑です。

ファイル表示のみ

Officeファイル(パワーポイントも含みます)を表示するだけであれば、無料で使える条件は「非商用利用」だけです。

つまり、パワーポイントで編集せずプレゼンするだけなら、商用利用でなければOKということです。

ただまあ、プレゼンって普通は商用だとは思いますが……

ファイル編集も

Officeファイル(パワーポイントも含みます)を表示するだけでなく編集も必要であれば、無料で使える条件は以下の2つになります。

  • 非商用利用
  • 画面サイズが10.1インチ以下

画面サイズが10.1インチ以下のパソコンなどほとんどありません。

スマホやiPad miniのような10.1インチ以下のタブレットであればこの条件を満たせますので、無料でパワーポイントのファイルを編集することができます。

マイクロソフトOffice互換ソフトなら編集もできますが……

パワーポイントに限らず、この手の話になると必ず出てくるのがマイクロソフトOfficeの互換ソフトです。

無料のApache Open OfficeやLibreOfficeのImpressなどです。

私も時折、Office互換ソフトを探す旅に出ています。

しかし、「マイクロソフトOfficeと同じ表示」というのは一般人が考えるよりも難しいことらしく、レイアウトが単純ならいいのですが複雑なレイアウトでは表示が崩れる、マイクロソフトのパワーポイントと表示が違う、といった問題に悩まされ互換ソフトを探す旅は終わりを迎えます。

マイクロソフトのパワーポイントと完全に同じ表示が不要であれば、互換ソフトは選択肢の1つだと思います。

スポンサーリンク

パワーポイントはいくら?

商用で使いたい、やはり互換ソフトでは問題がある、などでパワーポイントを購入すると以下のような価格です。

パワーポイントを含むOfficeスイート(エクセルやワードなどのOfficeアプリをセットにした製品)にはOffice Home and Business 2021があります。

コメント