Teams(チームス)とは

Microsoft Teams

Teams(チームス)とはマイクロソフト社の共同作業ツールです。

Microsoft Teamsとも呼ばれます。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのテレワークツールとしても注目されています。

オールインワンでマイクロソフトOfficeと連携

Teamsと似たようなツールは他にもあります。

  • Slack
  • Chatwork
  • Zoom
  • Webex

それらと比べたTeamsの特徴は「オールインワン」です。

Teamsには共同作業に必要なツールのハブとしての機能がすべて含まれています。

  • チャット
  • ビデオ会議
  • 通話
  • スケジュール調整
  • ファイル共有
  • マイクロソフトOffice

そのため、複数種類のツールの操作を覚える必要がありません。

特に便利なのはなんと言ってもExcelやWordといったマイクロソフトOfficeとの連携です。

TeamsとマイクロソフトOfficeは同じマイクロソフト社が開発しているため、さすがに親和性は抜群です。

また、契約を一本化できるメリットもあります。

後述のライセンスを購入することで、TeamsもマイクロソフトOfficeも同じ契約で管理できます。

ライセンス

Teamsのライセンスは以下のMicrosoft 365 Business、またはOffice 365に含まれています。

Microsoft 365 Business Office 365
Basic Standard Premium E1 E3 E5
月相当料金
(年間契約・税別)
540円 1,360円 2,180円 870円 2,170円 3,810円
最大ユーザー数 300人 無制限
Windows /
Mac アプリ
Excel
Word
Outlook
PowerPoint
× ×
Windows
アプリ
Access
Publisher
× ×
サービス メールボックス 50GB 100GB
Intune × ×
Power BI ×
電話システム ×

Microsoft 365 Business

ユーザー数が300人以下であればMicrosoft 365 Businessを選択します。

Microsoft 365 Business Basicの詳細

Office 365

300人以上で使用する場合はOffice 365を選択します。

マイクロソフトOfficeが不要であればE1、 Office 365 E1の詳細

マイクロソフトOfficeも必要ならE3、 Office 365 E3の詳細

さらに高度なセキュリティや電話システムも必要ならE5です。 Office 365 E5の詳細

Meeting Owl Pro

会社の会議室など同じ場所に複数が集まってTeamsの会議に参加する場合、遠方の相手にとっては誰が話しているのかわからないという問題があります。

Teamsを使うなら、そもそも会議室などに集まらず各社員の自宅や自席から会議に参加すればいいとは思いますが、そこはまあいろいろ事情があるのでしょう(笑)。

その問題を解決できるのが、Teams対応のMeeting Owl Proです。

Meeting Owl ProはTeamsとするための360度カメラと

その問題を解決できるのが、Teams対応のMeeting Owl Proです。

Meeting Owl ProはAI(人工知能)が発言者を特定し、自動で発言者にカメラをフォーカスします。

コメント